民謡大賞

「秋田船方節」で平成27年度産経民謡大賞、内閣総理大臣賞を受賞された、

大阪豊寿会の、大黒恵子さんの受賞記念パーティーに出席させていただきました。

CIMG7990

大黒さんは、京都テルサホールで行われた、民謡民舞西日本地区大会でも

総合優勝され、三重県の尾鷲節、岡山県の下津井節、滋賀県の淡海節、

青森県民謡コンクール等々、数々の民謡コンクールで優勝され、

津軽三味線のコンクールでも、毎年入賞されてる、関西の民謡歌手です。

フィナーレに、受賞曲「秋田船方節」を唄われましたが、

張りのある声はもちろんのこと、唄の隅々まで行き届いた節回し、

言葉の一つ一つを、とっても大切に唄われてる、素晴らしい唄でした。

CIMG7985

師匠と名取さん達による「民謡ショー」もあり、

唄と、迫力のある津軽三味線の演奏を堪能し、おいしいお食事もいただき、

満たされた一日になりました。
         無題
さあ! 私も、津軽三味線と民謡を頑張りましょう。

広告
カテゴリー: 津軽三味線と民謡 パーマリンク

民謡大賞 への12件のフィードバック

  1. wakasahs15th より:

    こんにちは(^^♪
    大黒さんは若い方なんですね~~~。民謡をやられる方は年配の方が
    多いように思いますが、若い人が増えるのは素晴らしいです(^^♪

    • cosmos より:

      そうですね~、民謡コンクールに行くとお年寄りがいっぱいですが、
      若い方で、唄や津軽三味線を頑張ってる人もいっぱいいます。
      もっともっと増えればいいのですが・・

  2. medaka4841 より:

    J-pop聞いてるより民謡の方が聞きやすいです!NHKFMの民謡の時間「今日はどんな歌が聞けるかな」と思い聞いています。以前ならスイッチ切ってたんですが。関西の歌手はあまり聞けなくて残念です。いつか大黒さんが歌ってくれると良いな。
     だんだん寒くなってきたのでくれぐれもご自愛を。乾燥してると糸で指切るって聞きましたよ。

    • cosmos より:

      日本人の心には、民謡が違和感なく入ってくるのでしょうかね~。
      若い頃は、民謡なんてうっとうしく感じてたのに、津軽三味線に魅せられてからは民謡もいいな~と思うようになって、今はどっぷり浸かっています。
      乾燥すると、撥が手に収まりにくくて、
      ハァ~ と息を吹きかけてから持ったりします。

  3. saganhama より:

    こんばんは(^^)
    民謡の世界でも若い力は確実に躍動してる事をテルサヘ行った時に感じましたよ。なので若い力が今以上に増えることを願ってます。
    大黒さんの歌声聞いたのかどうか記憶にないです(残念)。最後までいなかったので結果は知りませんでしたが、大黒さんが総合優勝されたんですね。若い方の活躍は周りも元気が貰えるのではないでしょうか。

    こちらも本日から気温が下がって暖房機を使い始めました。我慢せず適度に暖房を使って寒さを乗り切りましょう。

    • cosmos より:

      どこの会にも、若い人や子供はいますが、やはり少ないですね。
      民謡協会、もっともっと頑張ってほしいです。
      大黒さんは最後の方だったと思いますので、hamaさんは聞かれてないと思います。
      ほんとに寒くなりましたね~、
      昨日の朝、奈良は7℃でした、大阪と3℃も違うんですよ。
      盆地は冷えます。

  4. fujim より:

    大黒恵子さんの張りのある歌声と三味線も聞いてみました。 
    生で聴くともっと迫力が伝わり素晴らしかったことでしょう。
    さあ! 私も、津軽三味線と民謡を頑張りましょう・・・ と言えるcosmosさんいいなぁ、、私は楽器も弾けないし歌も歌えない。 ナンでもいいから楽器の一つぐらいやっとけばよかった~~。
    と言いながらどうも風邪?カナァ、、、唄い過ぎたわけでもないのに^^;喉が痛い・・・ 
    急に冷え込んできたようです。 無理しないでいたわって過ごしましょう。

  5. cosmos より:

    絵が描けるし、俳句はサラサラと出てくるし、文章がうまいし、写真もうまいし、私からみると、いいなぁ、、と思うことばかりのfuさんですよ。
    え!風邪ですか~、早く寝るのが一番、ひどくならないうちに早く治してくださいね。

  6. Puuwai より:

    充実した一日でしたね。こういう日が一番楽しいですね。
    コスモスさんは歌も三味線も一流だから、本当に偉い。

    若い時は5時間も練習されていたのですね。(下のコメでみました)凄い努力家ですね。
    私は1時間も練習すると飽きて他のことしたり、お茶を飲んだり、何となくやめてしまいます。
    これじゃ、いつまでも楽譜から放れられない筈だと反省しました。
    1月の発表会まで、もう一頑張りしなくては、、、、自戒

  7. cosmos より:

    puuwaiさん、おはようございます。
    今の私にとっては、民謡と津軽三味線にどっぷり浸かることが
    一番幸せな時間です。
    師匠や名取さん達の津軽三味線の演奏を聞いて、
    「あんな風に弾けたらどんなに楽しいだろう」といつも思います。
    自分の努力が足りないのを棚に上げて、羨ましい気持ちばっかりです。
    一流だなんて、とんでもないです。
    音がもれたり(撥をたたいてるのに糸に当たらない)焦って早くなったり、
    リズムが安定しなかったり、問題が山積みです。
    若い時は、と言っても50代ですが(50代を若いという今が悲しい!)
    ただただ弾くことが楽しくて、夢中で弾いていましたが、
    今では、津軽三味線を一時間も弾くと、
    指先が痛くなる前に手の筋がひきつって、弾けなくなってしまいます。
    年と共に津軽三味線は難しくなってきます。
    そろそろ民謡三味線に切り替えていかなくては いけないですね。

    1月の発表会、楽しんでくださいね。
    私の発表会は3月ですが、先生の「津軽小原節」を伴奏することになりました。
    津軽三味線だけ違う先生に習ってるので、流派によって微妙に違う唄い方に、
    なかなか合わせられなくて四苦八苦しています。

  8. kerocatcyan より:

    こんばんは。
    西日本大会の時にもこの方が優勝されたのですね。
    お若い方だったのですね。 そういえば、他の若い方たちの上手な節回しに驚きと感激を持って聞き入った事思い出しました~。民謡と言う日本の原点の音楽を絶やさないためには次の世代に繋いでいくことが大切ですものね。若い人たちにもがっばって欲しいものですね。 

    ところで、家主へのコメにありましたが・・・元山ガール‼ そう・・そうだったのですよね^^
    お会いした時すっかり忘れてましたが・・・・・私も一時、ほんの数年ですが、山ガールやっていたんですよね~~(笑) 以前、家主がブログで何度か記していたかも!??ですね。 前回の城山湖からの日光白根山の画像があったと思うのですが・・・私登ってま~す。

  9. cosmos より:

    こんばんは。
    お返事が遅くなってすみません。
    さすが元山ガール、日光白根山に登られたんですね。
    結構 険しい山なんでしょう?
    私は南北のアルプスや、北海道の利尻岳、東北の岩手山、早池峰山など登ったのに、関東方面の山は全く登ってないんですよ。
    どの山も登るのが ただただ しんどいのに、頂上に立てた達成感や、自然に包まれた心地よさが忘れられなくて、毎年高山を目指していました。
    あの頃は元気でしたね、とっても懐かしいです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中