津軽三味線と民謡

関西も梅雨があけ、今朝は真っ青な青空が広がっています。

6月の終わり、日本民謡三津博会の発表会が天理でありました。
ゲスト出演される予定だった、民謡教室の先生の都合がつかないため、
先輩と二人で出演させていただきました。
三味線では上がらないけど、唄となると とっても緊張します。
秋田長持ち唄を唄わせていただきました。
発表会の様子を撮ってみましたが、どこの会もよく似た感じですね。

CIMG7763

そして、7月に入ると民謡教室の「ゆかた会」
お客様をお迎えしない、内々だけの「おさらい会」なので、
気楽に楽しめましたが、会員が60人いるので一日がかりでした。

CIMG7766

三味線部は全員が「弾き語り」
伴奏を弾きながら自分で唄うのは、以外と難しいんです。
お稽古を始めて間もない方も、一生懸命でとてもいい表情をされていました。

s

  こんなことって あり~!

私はちょっと難しかったけど、「安来節」に挑戦しました。
長い前奏がうまくいき、ほっとして唄に入ったのですが、
どうしたことか、唄い始めた途端に喉に違和感が・・・
喉がいがらっぽくて、咳が出そうになるのを必死でこらえて唄いましたが、
最後には声がかすれて、何ともみすぼらしい「安来節」となってしまいました。
気の毒そうに見てる人の顔が目に入りました。
先輩には、「うまく唄えるようになってたのに、残念だったね~」と・・

あなどってはいけません、「内々のおさらい会だから」とか、
「ちょっとだけ唄えるようになったから」とか、お稽古が足りませんでした。
人前で演奏したり、唄ったりするには、やはり前もってかなりの
お稽古をしなければなりません。大反省の「おさらい会」でした。

唄の伴奏は、12曲弾かせていただきましたが、
一番難しかったのが「岡崎五万石」です。
ゆっくりとしたお座敷唄は、一つ1つの音をきれいに出すことと、
唄い手さんに合わせてうまく間をとるのがとっても難しいです。
どちらかといえば、私は速い津軽の曲の方が得意です。

津軽タント節  南部よしゃれ節  岡崎五万石  りんご節
米節      新相馬節     淡海節    隠岐祝い音頭
こきりこ節   どんぱん節    やん衆音頭  真室川音頭 

             

       ★~★~★

なら百年会館で行われた「和の輪」文化発表会に津軽三味線合奏で
出演させていただきました。

CIMG7784

曲目は 津軽六段  津軽タント節  津軽甚句 の3曲でした。

4年前に出場した時は、和服のファッションショウにも引っ張り出され、
恥ずかしかったけど、今ではいい思い出として残っています。
今回は津軽三味線合奏だけで、ファッションショウは辞退させていただきました。
合奏は大きく乱れることもなく、民謡教室の合奏としては上出来でした。
2011年「和の輪文化発表会」 4年前の記事です。

7月の終わりには、一年で一番大切なコンクール、「サンケイ民謡コンクール」が
大阪サンケイホールであります。
予選を通過した10人の内、三味線伴奏曲の8人分を伴奏します。
あと一週間、後悔しないようにお稽古頑張ります。

広告
カテゴリー: 津軽三味線と民謡 パーマリンク

津軽三味線と民謡 への8件のフィードバック

  1. wakasahs15th より:

    お早うございます(^^♪
    凄いご活躍なんですね~~~。
    サンケイ民謡コンクールでも頑張って下さい。

    • cosmos より:

      早速のコメント有難うございます。
      ただただ趣味を満喫してるだけで、活躍はしてないですよ。
      失敗しないように、お稽古がんばります。

  2. fujim より:

    発表会で唄うとか弾くとかの緊張感!! そんな刺激をときどき受けるのはいいことですよね。
    もうそんな機会のない私はうーん・・・年を感じる(^^し、しっかりそれを体験されてるcosmosさんには、おおいに若さを感じます。 時々cosmosさんの話を聞いて気分を分けてもらいましょう!^^!
    先輩に「うまく唄えるようになってたのに・・・」と残念がられるってことで、cosmosさんのうまさが分かります。
    津軽三味線は、以前(2007年、もう大昔だ@@!)の東北旅行で生演奏を聴いてCDを買って帰ってます!!
    「ベンベンベンベンと叩く合間に、べんトゥントゥンべんトゥントゥンと、”トゥントゥン”という軽くはじく音が耳に・・・ ベンに比べてトゥントゥンがとても物悲しい音に聞こえ・・・」などと(^^あはは 一所懸命説明してますが、どんなに気に入っても貧弱な言葉で音を表現するのは難しい・・・(><;; 
    「右手のバチの動きに比べ、その2倍も3倍も多くの音が出てる・・・」などとそのときのコメントで三味線談義があったんだった(^^*
    cosmosさん、そろそろCDが出ませんか~~? 聴いてみたいです。

    • cosmos より:

      fujimさん、おはようございます。
      舞台で唄ったり弾いたりの緊張感は半端じゃないです。
      昔は、舞台の袖で順番待ちをしている時から、
      心臓の音がドックンドックンと、全身に響き渡っていました。
      唄は声を出すのが精一杯だし、三味線は気が付いたら終わってました。
      最近は慣れてきたのか、少しはましになったけど、
      唄も三味線も6~7割の実力が出せたら良い方です。

      昨日のお稽古で先生に言われました。
      「本番で唄えないってことは、練習不足よ」と。
         ・・・はい、その通りです、よくわかってます・・・
      すべてお見通しです。

      ベンベンの合間にトゥントゥン・・よ~くわかりますよ。
      撥をたたく位置も、太鼓の真ん中をたたいたり(後撥)太鼓の上の方、木枠の近くをたたいたり(前撥)することで、音の強弱や味を出すのですが、これがまた難しくて、なかなかいい音が出てくれません。

      CD?? そんなん夢のまた夢ですよ。
      年齢的に、これからレベルアップするのは難しいので、せめて今まで習った曲を忘れないように、弾き続けるしかないかな~と思っています。

  3. medaka4841 より:

    毎日 暑いですねぇ。 その後お変わりございませんか。
    この頃 暑すぎて 頭融けてます。 猫も一緒に伸びています。
    この20日ほど 降ってないので そこらじゅうが白茶けています。
     暑さの折 ご自愛なされませ。

    • cosmos より:

      medakaさん、
      長い間失礼してしまい、申し訳ありませんでした。
      パソコンの調子が悪く、忙しさもあって、ずっとしまい込んだままでした。
      やっと使えるようになりましたので、またボツボツと始めます。
      なら燈花会に来られたんですね、お会いしたかったです。
      次の機会にはぜひご連絡くださいね。

  4. saganhama より:

    こんにちは(^^)
    暑い日が続いてますが如何お過ごしですか? 私の方はエアコンを適度に使って乗り切ってます。孫たちのお泊りがあったりで賑やかな我が家になりましたが、今は年寄りだけの静かな日々に戻ってます。
    今日は久しぶりに猛暑日ではないと言うことで35℃以下の過ごしやすさにホッとしています。

    演奏をするには大変な努力が必要ですが、本番で上手くいった時の達成感は良いもんでしょうね。人前に出るというのは健康のためにも良いようですから、これからも程よく頑張ってください。涼しくなったら(10月頃かなあ~?)関西方面へ出かけようかと思ってます。発表会などの予定がありましたら連絡いただければと思ってます(‘-‘*)ヨロシク♪

    まだまだ暑い日が続くようですのでご自愛ください。

    • cosmos より:

      hamaさん、
      長い間申し訳ありませんでした。
      先週の日曜日、大阪豊寿会の発表会に出演させていただき、
      津軽三下りと津軽じょんから節を、そして賛助出演された民謡教室の先生が
      唄われた津軽あいや節の伴奏もさせていただきました。
      何とか無事に終わって、今ホッと一息ついているところです。
      関西方面に来られるんですね、
      10月の終わりには、日本民謡協会の西日本大会がありますが、会場は京都です。
      これから過ごしやすくなって、旅にはもってこいの季節ですね。
      どうか、お気をつけて旅を楽しんでください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中