お墓参り

故郷を離れて、50年になろうとしています。

大阪に 奈良にと、関西で過ごした年数の方が数倍も長いのに、

子供時代を過ごした故郷は、とてつもなく大きな存在で、

何年離れていても、どんなにご無沙汰していても、

私が帰ると、山も、川も、空も、空気も、何もかもが暖かく迎えてくれます。

★~「両親のお墓参りをしたい」~★

と常々言っていた主人の願いを叶えるために、久しぶりに故郷の地を踏みました。

長距離の車移動に少し心配がありましたが、最近は随分と体力もついてきたし、

息子たちも付き添ってくれるので、時々休憩を入れながら行けば

大丈夫だろうと思い、決行することにしました。

一週間前からずっと雨の予報、いつもはコロコロと変わる天気予報も、

この時ばかりは一向にかわらず、「仕方ないね」とあきらめていたのに、

前日になって雨マークが消え、出発の時はどんよりと曇っていたのに、

故郷に近づくとだんだんと青空が広がってきました。

いつもは反対のことが多く、関西から山陰に向かうと

晴れから曇りにと変化することが多いのにね、ラッキーでした。

       ★~★~★

病気で倒れてから、時間はかかったけど、ここまで回復したことへのお礼と

これから先も見守ってほしいと、墓前でお祈りしました。

近くにある、私の実家のお墓参りも済ませてホテルへ。

二人の息子に付き添ってもらって温泉にも入ったし、

食事制限も、水分制限も、この時はちょっと忘れて(笑)

ビールを飲み、おいしいお食事をいただきました。

あ、でもこのホテル、しいたけ会館「対翠閣」の名物、

「きのこ懐石」をお願いしたので、カロリーは低かったと思いますよ。

肉厚の「椎茸のステーキ」が最高においしかったです。

今回は、私がハンドルを握ることはなかったし、カメラも持っていたのに、

ブログのことは、すっかり頭から離れていて、写真を撮り損ねてしまいました。

唯一、おみやげを買いにいった賀露港での一枚だけです。

CIMG7684

ここの海水浴場で、浮き輪につかまってはしゃいでいた

二人の息子の姿が、ほんの数年前のように鮮明に思い出されました。

あれからもう30年もたってしまったのですね。

広告
カテゴリー: ふるさと パーマリンク

お墓参り への12件のフィードバック

  1. wakasahs15th より:

    こんばんは(●^o^●)
    故郷があることはいいですね~~~。
    懐かしい風景が迎えてくれます。
    どちらのご両親もきっと喜んでおられたと思います。
    この日ばかりは食事制限も許しておらえますよ(^^♪

    • cosmos より:

      年を取ればとるほど、故郷を思う気持ちは強くなってきます。
      主人は、食べ過ぎないように自分で気を付けていたようですが、
      やっぱり1キロ体重が増えていたようです。

  2. kerocatcyan より:

    こんばんは。
    ステキな里帰りが出来ましたね(^_-)-☆
    ご主人もどちらのご両親もお喜びなされたことでしょうね。
    ふるさとは何年経っても故郷なんですよね(*^^)

    • cosmos より:

      退院した時から、元気になったら行こうね、と言ってましたので、
      念願が叶って満足したようですよ。
      故郷は、ずっと心の支えです。

  3. medaka4841 より:

    おはようございます。賀露海岸 行ったことあります。幼稚園から高校までずっと一緒だった友人が鳥大に行き、賀露海岸の近くだったのです。海まで水着で歩いていきました。ラッキョウ畑と梨畑が広がっていました。女3人の姦しいおしゃべりを砂だけが聞いていました。
    長時間ドライブに耐えられるように回復されて本当にようございました!玉ねぎの薄皮剥ぐように良くなられますよ!支えてこられたコスモスさん 本当にお疲れ~~!その後 お三味線如何ですか?ご主人様も一緒に貝殻節お歌いになさったら良い訓練になりますよ~背筋伸びるから。と 余計な話でしたね。今年は燈花会行こうと思います。

  4. cosmos より:

    そうそう、すぐ近くに鳥大があります。
    賀露海岸は、子供の頃よく泳ぎにいったところですが、
    今は海水浴場がすっかり埋め立てられて、
    漁師さんのための賀露港になってしまって、昔の面影はありません。貝殻節は、この賀露でホタテ漁をしていた漁師さんたちによって唄われていた民謡なんですよ。
    カワイヤノー ソコダガノー というお囃子が、この地で育った私には何の抵抗もなく体に染み込んできます。
    方言と民謡の魅力ですね。

    お蔭さまで、ずいぶん元気になってきました。
    medakaさんに、お疲れ~~! って言われると、
    うれしくて「疲れたよ~~!」って甘えたくなってしまいます。

    お三味線は私の生きがいで、元気の元ですからね、頑張っていますよ。
    来月には、大阪のサンケイホールでコンクールの伴奏があります。

  5. fujim より:

    コスモスさんが山陰の人だろうことは分かっていましたが、ご主人もご一緒だったのですね!! そうですか(~~。
    お天気をも味方につけ、持ってるカメラのことなど思い出しもしない様な充実した故郷を過ごせてよかったですね(^^v
    今からまだまだ一枚一枚思い出が作れますね(~~。

    たった一枚の賀露港での写真とヘッドの切りとり写真だけでも、コスモスさんのセンスの良さに、大いに擽られます。

    • cosmos より:

      そうなんですよ、夫とは同じ町内で、小中高まで同じ学校で、
      友達のお兄ちゃんです・・・ (*´ー`*)
      充実したというより、いろんなことが気になって、
      カメラのことを思い出す暇がなかった・という方が
      あたってるかな~。
      何事もなく旅が終われて、ホッとしています。

      平井鳥取県知事が、「スタバはないけど、日本一のスナバはある」と
      言われたことで出来た「すなば珈琲」や、
      鳥取城北高校の前を通ったら、「祝優勝 照ノ富士関」の垂れ幕を
      見かけたり、ブログネタになりそうな所がいっぱいあったのにね、
      今になって撮っておけばよかった、と思ってます。
      今度故郷に帰るときは、カメラに熱中できたり、
      友達にもゆっくり会えたらいいな~、と思っています。

  6. saganhama より:

    (‘-‘*)オハヨ♪ございます。
    ご主人同郷の方だったんですか! ご家族の絆が有るからこその帰省、素晴らしい事だと思います。たった1枚の写真から(1枚だだからこそかな?)その事が伝わってきました。
    ご主人の事を思われてコスモスさんは気が休まらなかったかも知れませんが、それも振り返れば良き思い出として心に刻まれた事と思います。お疲れ様でした。私の友人の一人も透析をしてますが彼の話で旅に出ると言う事がいかに大変かと言う事を聞いてるので。。。ご主人の頑張りにも拍手ですよ。

    先日、我が町の市役所のロビーでで津軽三味線の街角コンサートがあったので聞きに行ってきました。小山内清弦と言う津軽出身の方とその生徒さんの演奏と歌を聴かせてもらいましたが、生音の良さを再認識しました。プログラムは津軽三味線曲弾き合奏、じょんがら口節、ワイハ節、鰺ヶ沢甚句でした。相方が市の広報見ていて津軽三味線が聴けるよと言うので行った次第です(⌒∇⌒)

    • cosmos より:

      hamaさん、有難うございます。
      今回の帰省で少し自信がついたようで、「また行きたいな~」と言ってます。
      体力だけでなく、気持ちの上で前向きになれたようで、
      思い切って帰省してよかったと思っています。

      津軽三味線のコンサートにいかれたのですね。
      マイクを通さない生の音はいいでしょう!
      そして津軽三味線は、それぞれにみんな音色が違うのも魅力です。
      ワイハ節も鰺ヶ沢甚句も大好きな曲です。

  7. KEN16 より:

    ふるさとに旦那さんとお帰りだったのですね!ふるさとを離れて30年ですか・・・!10年は短いですが、でも30年は長い・・・本当に1世代ですね・・・!友人も少なくなって、また兄妹も少なくなってKENも年寄りの仲間になってしまいました。少しは”ふるさと”は変わってましたか?いつでもお互いに帰る”ふるさと”があり良かったですね・・・!またまたユックリお帰りください。

    • cosmos より:

      KENさん、こんにちは。
      両親はいませんが、故郷はいつ帰っても暖かく迎えてくれます。
      せっかく帰ったのに、友達に会えなかったのは残念でしたが、
      そのうち私も単独行動が出来るようになったら、
      ゆっくり友達とおしゃべりしたいと思っています。

      鳥取自動車道が出来て、随分変わりましたね。
      作用から鳥取まで、智頭、用瀬と昔ながらの景色を楽しみながら、
      時には車を降りて写真を撮ったりしながら帰っていましたが、
      今はトンネルばっかりで、一気に鳥取まで行ってしまいます。
      私のように、時間を気にしないでのんびり帰りたい者にとっては、
      便利にはなったけど、情緒がなくなって淋しいです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中