鎮まる心

やっと暖かくなって、桜も満開になったというのに
今日は気温も低く、時折 突風とともに大粒の雨が落ちてくる。
桜の花びらが、重く垂れこんだ雲の間を舞い、まるで雪がちらついているようです。
これで散ってしまうのでは、今年の桜はあまりに あっけないですね。

CIMG6827 (3)

               ★~唐招提寺~★

二度目の休日。 幸い、お天気もよかったし、最近歩いていなかったので、
運動不足解消のため、軽登山靴をはき、リュックを背負ってでかけました。
近鉄西ノ京駅で電車をおり、目の前の薬師寺を通り過ぎて、唐招提寺に向かいました。
今は、ちょっと華やかな薬師寺より、しっとりと落ち着いた
唐招提寺に行きたい気分でした。
    (何度もブログに載せた唐招提寺ですが・・・)

CIMG6774

南大門をくぐり、玉砂利を踏みしめて進むと、
奈良時代に建立された国宝 「金堂」 が迫ってきます。
「豊かな量感と、簡素な美しさを兼ね備えた天平様式」と しおりに書かれてる通り、
この建物を見てるだけでも心が落ち着いてきます。
金堂の中には、高さ3メートルの盧舎那仏と、両側に薬師如来、
十一面千手観世音菩薩が祭られています。
手を合わせ、じっと仏様のお顔を見上げていると、なぜか涙があふれてきました。
穏やかなお顔で 「大丈夫、見守っているよ」 と言ってもらってるようで、
周りに誰もいないのをいいことに、一人で泣いてしまいました。

CIMG6836
     金堂の中の仏様 (パンフレットより)

右側にある、少し小さめの経蔵は、唐招提寺が創建される前からあった
米倉を改造したもので、日本で最古の校倉(あぜくら)だそうです。
桜は満開でしたが、花のつきが悪いのか、木の種類がソメイヨシノではないのか、
花の数は少ないものの、この桜の奥ゆかしさが、落ち着いた唐招提寺によく似合っていました。

CIMG6778

CIMG6775

この土塀がある景色も好きです。

CIMG6786

CIMG6783

鑑真和上御廟の苔は、いつも手入れが行き届いていて、
緑の もこもこがとっても きれいです。

CIMG6790

CIMG6803

        ★~境内で見た椿いろいろ~★
    のりこぼし椿みたい?      3センチ程の小さな椿
CIMG6793 (2) CIMG6796 (2)
CIMG6800 (3) CIMG6815 (2)  

CIMG6813 (2)

                                 CIMG6809

境内をゆっくり歩いたり、礼堂の縁側に腰かけて春の柔らかい日差しを受けながら
古い建物や、時折通る人をぼんやり見つめたりして時間を過ごしました。
2時間近くいたように思います。
出口で、お寺の方に 「ゆっくりしていただけましたか?」 と
声をかけていただいたのが、とってもうれしかったです。
今度は、瓊花(けいか)の花が咲く頃にまた来たいな~。

★~秋篠川~★

唐招提寺を後にして、少し歩くと秋篠川につきあたります。
川沿いにはハイキングコースと、向こう側にはサイクリングロードが整備されています。
タンポポの間にすわりこんでお弁当を食べて一服です。

CIMG6820

秋篠川沿いの桜は満開。
時折自転車に乗った人とすれ違う程度で、歩いてるのは私一人。
満開の桜を独り占めしてるようでした。

CIMG6824

CIMG6825

CIMG6826

近鉄西大寺駅まで歩き、平地ばかりでしたが久々の一万歩超えでした。
身も心もスッキリ、力がわいてきました。

広告
カテゴリー: 神社、仏閣 パーマリンク

鎮まる心 への11件のフィードバック

  1. saganhama より:

    こんにちは(^^)
    季節は違いますが、懐かしい風景のアップ有難うございます。この辺りは観光地なのに心鎮まる風情が有りますよね。唐招提寺は穏やかな空気感があって好きですよ。苔と土壁に悠久の時を感じます。
    校倉造と言えば正倉院しか知らなかったのですが、唐招提寺の経蔵見た時に他にもあるんだと言う事を知りました。日本で最古なんですね!!!
    私が訪ねた時見た、CIMG6820の写真、秋篠川の橋の下の堰の処覚えてます。川の土手に桜並木って定番ですが、桜が最も合う風景だと思ってます。
    落ち着いた風情の唐招提寺と春爛漫の秋篠川、懐かしく見させて貰いました(^o^)。

    • cosmos より:

      saganhamaさん、こんにちは。
      早速に有難うございます。
      hamaさんが歩かれた同じ道を逆に歩きました。
      唐招提寺に行くときは、いつも車なので、この道を歩いたのは実は初めてなんですよ。
      今度は、西大寺から往復歩いてみようかな、と思っています。
      春はいいですね、何もかも明るくて、暖かくて。。。

  2. Pu'uwai より:

    コスモスさんのさくらは静かな桜ですね。
    白い桜なのか、曇天でさくら色がとんでしまったのか、、、、
    きっと、この花色がコスモスさんに寄り添ってくれたのでしょう。
    鎮まるこころの一日でしたね。

    椿は 左が 岩根絞り  胡蝶侘助  
        左が 春の台   黑椿    
    のように見えますがJAZZYさんならご存知だと思います。

    • cosmos より:

      Pu’uwaiさん、こんばんは。
      桜の色、言われてみればちょっとピンクが薄くて、白いかな~、
      お天気が良かったから、陽が当たって白っぽく写ってるのかも知れないですが、でもあんまり違和感はなかったですね。私のカメラは、紫色が青く写ってしまいますので、あんまり当てにならないです。
      私は花の名前は全くわかりません、「椿」 でひとくくりです。

  3. jazzy より:

    コスモスさま
    こんばんわ。
    ツバキ、きれいですね。
    左上は「月の輪」?、右上は「乙姫」?、左下が「春の台」?、右下が「獅子頭」?みたいです。
    我が家もボツボツと咲いていますが、改装工事でベランダには毎年のような華やかさがないので少し淋しいです。
    唐招提寺は僕も一番好きなお寺です。境内に入ったら、本当に清浄な雰囲気に包まれて、心が静まりますね。
    ここ1年、特に悲しいお別れが続いたり、仕事の組織運営のこととか苦しくてブルーな気持ちになりがちでした。そこからギターを通して、打田さん、天満さんという素晴らしいギタリストとの出会いがあり、立ち直ってきました。楽器って人と人を巡り合わせてくれる媒体にもなりますね。
    唐招提寺も、有休を取って良く訪ねました。義父の遺品であった、「原色 日本の美術」をいただき、唐招提寺の写真もたくさん掲載されていて、今も時々ページをめくっています。

    • cosmos より:

      おはようございます。
      jazzyさんも唐招提寺が好きだと言われてましたよね。
      しっとりと落ち着いた、気持ちの休まるお寺で、何度いっても飽きないです。
      私も、今年に入って大切な友達を2人も亡くしました。
      一人は胃癌が発覚してから半年という短い命でしたし、もう一人はご主人とお喋りしてる時にうずくまったままの、突然死でした。私にとっては、つらいことばかりが起きた半年でした。
      楽器を演奏してるときは、何もかも忘れられますが、今は前のように積極的に三味線を手に取る気持ちが失われていて、間があくと指がスムーズに動かなくて、悪循環です。
      でも続けます、jazzyさんが言われるように、私も三味線を通してすばらしい師匠や友達に巡り合えたし、私の三味線を聞いてくださるたくさんのホームの方たちにも出会いましたので。

      花の名前は、聞いてもなかなか覚えられません。
      同じ花でもいろんな種類があって、難しいですね、ましてや写真だけでは。

  4. jazzy より:

    P’uwaiさんがAns.されてますね。品種は難しいです。僕も参考までに・・・。

  5. fujim より:

    コスモスさん こんにちは~
    登山靴はいてリュック背負って自分の足で唐招提寺まで・・・というのが何ともうらやましいです(^^。 途中電車に乗ったとしてもです。  ポンと入口で下ろされて、わぁ~ここ!? と感激はしてもまるで違いますよね。
    2年ちょっと前に行ったときは、コスモスさんの記事を見て(予習して^^?)行ったので、唐招提寺はよく覚えています。  日本最古の校倉やこの土塀、目の当たりにしたときの感情が蘇ります。

    以前、コンサートで演奏される音色を聴きながら、涙があふれてきました。 何もかもがすっぽりなにかに包んでもらってると感じるようなあの感じが、仏様の御顔を見上げて感じた時と、同じでしょうか。 ほかの人には分かってもらえない、きっと自分にしか分からない満ち足りた気持・・・ のような気がしてるのに、ほかの人にもそんな瞬間があるなんて・・・、^^素晴らしいことですよねぇ~~。

    桜はどこで咲いても、その場所や時間に相応しい風情がありますね。 片田舎のこちらでも見る間に満開となり、今日は散り敷いて道路をピンクに染めていました。

    • cosmos より:

      fujimさん、おはようございます。
      え! あれからもう2年にもなるんですか~!
      時がたつのは早いですね~、びっくりです。
      唐招提寺には、行きたい時に何時でも行けるのがうれしいです。

      私は特別に信心深いわけでもないのですが、仏様のお顔を見上げてあんな気持ちになったのは初めての経験でした。おそらく今置かれてる自分の境遇がそういう気持ちにさせたのだと思います。
      コンサートで聞いた音色に包まれたときも同じなのでしょうね。

  6. abend より:

    こんばんは。
    桜の頃も良いですよね。
    私もこの苔むす庭 覚えてます。
    良いところですよね。
    静かに行けるって良いな~

    • cosmos より:

      abendさん
      お返事もしないで大変失礼しました。
      奈良のこと、abendさんは詳しいですね。
      主だった所にはほとんど行かれたんじゃないですか?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中