津軽三味線ライブ

      raive180s- 

師匠内田實先生と池上涼子さんのライブが大阪心斎橋であり、
民謡教室の友達を二人誘って 出かけてきました。
地下鉄心斎橋駅を地上にあがると、ちょうど大きな交差点にでました。
え~と・・御堂筋は縦~? 横~?・・
奈良の田舎から出てくると、大阪は大都会、ましてや夜だから分かりにくい。
やっと御堂筋を見定めて北にむかって。。。あとはネットで調べたとおり。。。
意外とすんなり  居酒屋ichigo ichie  が見つかりました。
池上さんの赤と黒のドレスに合わされたのでしょうね、
赤い蝶ネクタイの先生が迎えてくださいました。

LIVE 013s-

大阪豊寿会の方々もたくさん来られていて、津軽三味線のコンクール以来
久しぶりにお会いできてうれしかったです。

 LIVE 011s-s-

先生の津軽三味線は、迫力があるのに柔らかくて、間の取り方が絶妙で味があり、
聞いてる人の体の奥底まで響いてくる。
これが津軽三味線の醍醐味なんだろうな~と思いました。
津軽三味線を始めた人なら誰もが最初に習う、青森県民謡 「十三の砂山」 を
二重奏で演奏されましたが、 なんと音のきれいなこと!
ほんの少しでもいい、先生の音に近づきたいという想いで
今日は家でお稽古をする前に 「十三の砂山」 を弾いてみました。
うまくなるには、コツコツと地道なお稽古しかないですね。

とりあえずは、3月にある民謡教室の発表会で弾く 「津軽よされ節」 の伴奏と
今習ってる 「津軽三下がり」 をがんばろう~っと★★★

広告
カテゴリー: 津軽三味線と民謡 パーマリンク

津軽三味線ライブ への10件のフィードバック

  1. medaka4841 より:

    おお!大阪までお出かけですか。私にはそこまでの気力がない。でも3月の半ば過ぎに元町で知り合いのコンサートなので久しぶりに出かけます。夜は周りが違って見えるからウロウロしちゃうよね。
    お三味線気合が入ってますね。そうだ 3月に小野市で吉田兄弟が演奏するようです。私はほかの野暮用とかぶって残念いけません。お近くだったら良かったのにね。十三の砂山 聞いたことありますよ。
    とさのすなやまなーやーえー  米ならよかろに
     なんか切ない歌詞でしたね。

    • cosmos より:

      心斎橋まで一時間もかからないんですけどね、最近は大阪まで出かけることがあまりなくなりました。
      お三味線、気合が入ってますよ(笑)
      コツコツとお稽古をすれば、出来なかったところが確実に弾けるようになりますからね、毎日毎日やめられなくなっています。
      もう10何年か前になりますが、お稽古を始めた頃に吉田兄弟の演奏会に行ったことがありました。
      あの撥さばきには圧倒されましたが、最近は吉田兄弟風の弾き方をする人が多くて、竹山さん風の哀愁のこもった弾き方をする人が少なくなりましたね。

      nedakaさんはいろんなことをよくご存知ですね。
      とさの砂山は、津軽の曲には珍しく技巧や小節が少なくて、素直な旋律にせつなさのこもった、とってもいい曲です。
      砂山の砂が米だったらいいのにな・・ただで(無料)で船に積ますのにのにな・・砂にうもれて港がすたれてしまった十三の人たちの悲しみを唄った唄なんだそうです。

  2. abend より:

    こんばんは。
    こういうライブ聞きたいです。
    良いでしょうね^^

    • cosmos より:

      abendさん、こんばんは。
      そうなんですよ、大きなホールで聞く演奏と違って、
      演奏者の息遣いが聞こえてくるほどの近さですからね、
      音色を聞くのもさることながら、指の運び方から撥のたたき方までじっくり観察できるので、こういうライブの方が私には有難いです。

  3. saganhama より:

    (^O^)/ おはよーございます!!
    演奏者が間近にいるライブっていいですね。奏者の心が伝わってくるような雰囲気ではなかったでしょうか?
    いずれにしても、一生懸命になれる事があるって言うのは良いことだと思いますよ。昨年の暮れ辺りから、目標がなくて何だかなぁ~~の私にはコスモスさんの前向きの姿勢を見習わなければと思う次第です。。。

    PCの調子は良くなったようですね。使用頻度にもよりますが、最低でも6か月に一度はHDDのディスクチェックとデフラグの実行はされた方が良いと思います。時間が掛かるので三味線のお稽古を始める前にPC立ち上げて、HDDのお掃除をスタートしてほっとけば良いと思いますので。。。
    IEのお掃除は月一ぐらいの頻度で。。。。

    • cosmos より:

      hamaさん、こんばんは。
      先生のすぐ横の席でしたからね、じっくりと見せていただきました。
      私にはこれしかないんですけどね、夢中になれることがあるのは幸せなことです。

      PCの調子はよくなりましたが、やっぱり動きは遅いです。
      6ヶ月に一度ですか~? 私は1年に一回くらいしかやってなかったので、ぜんぜん足りないですね。 IEのお掃除が月一回? じゃあそろそろまたやらなくちゃね。
      有難うございます、また教えてくださいね。

  4. fujim より:

    こんにちはー
    生の演奏、ライブはやはりいいですよねぇ。
    ここのライブの記事を読みながら突然、東北旅行の途中で聴いたちょっとしたライブを思い出しました。
    そうだ、その時に演奏された人のCDを買ったんだった! と探してみたけどCDは見つからない><・・・ PCには取込んでるので、久しぶりに流して聞きました。
    ライブを録音したもので、津軽弁でのしゃべりも入ってるのですが、「・・・普通は二上りんとこ、三下がりで どうのこうの・・・」 と言われても、その違いはさっぱり分からないんですけどね(^^)。
    いつかコスモスさんの演奏を聴かせてもらいたいものです。
    テレビ出演があったらぜひ知らせてくださいよ~~!

    • cosmos より:

      fujimさん、こんばんは。
      ライブはいいです、やみつきになりそうですよ。
      津軽弁に限らず、方言はみなそうですが、その土地ではぐくまれた音楽はそこの方言がよく似合いますね。
      二上がりんとこ、三下がりで・・・長調の曲を短調でみたいな感じかな~。
      テレビ出演?  ありえましぇ~ん、ですよ。

  5. jazzy より:

    コスモスさま
    こんばんわ。
    大きなホールも良いけど、ライブハウスの方が演奏者の息づかいや汗など、ダイレクトに伝わってきてすてきですよね。僕もライブハウスの方が好きです。
    三味線の詳しいことはわかりませんが津軽三味線の荒々しさの中にも哀愁を漂うような曲調、すてきですね。トラッドには日本海の豪雪の中、冬の暗さなど様々な苦悩の歴史の中、受け継がれてきたのでしょうね。僕はあまり日本民謡は聴かないのでわかりませんが、世界のトラッドはみんな暗い歴史や苦闘などがたくさん受け継がれています。最近はそういうことも思いながら練習するようになってきました。
    機会があればコスモスさんの演奏もぜひ聴いてみたいです。

    • cosmos より:

      jazzyさん、こんばんは。
      先生のすぐ横の席でしたからね、じっくりと見せていただきました。
      目の前であれだけの人に見つめられてるのに、ミスもなくあれだけの演奏ができるなんて、さすがプロですね。 私なんて、先生の前で弾くだけで汗をいっぱいかきながら、力ばっかり入って、家で弾けてたところもまともに弾けません。
      民謡は庶民の生活の中から生まれた唄で、時代によって少しずつ変化しながら歌い継がれてきてるので、昔の人の暮らしを知ることで深みのある唄がうたえるのかな~と思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中