高原のススキ

宇陀郡曽爾村にある曽爾高原(そにこうげん)は、奈良県と三重県の県境にあり
高原全体にススキが群生していて、普段は静かな高原も
この時期になると、ススキを見に来る人や、
ここを拠点に山に登っていくハイカーでにぎわいます。

 曽爾高原1

ススキの時期になると、毎年のように訪れているので、
このブログに載せるのも3~4回目になるのかな。
今年は少し遅れてるのか、それとも少ないのか、まだ開いてない穂も多く見られて
いつもより少し淋しい感じがしました。
下の方に茶色く見えてるのは「お亀池」
以前は水がありましたが、土砂が流れ込み今は湿原になっています。

曽爾高原3

山の上の方で、小学生の集団が 「ヤッホー」 と大声をはりあげています。
とっさに、二人が 「ヤッホー」 とお返ししました。
ちょっと待ってよ~! 子供達は 「こだま」 を聞こうとしてるんじゃないの~、
おばちゃんの声が返ってきたら、だいなしやん!

曽爾高原2

秋晴れの日差しを受けて、ススキの穂が光っています。
一つずつ絵筆で描いたようで、とってもきれいでした。

曽爾高原4

曽爾高原5 

高原の上、亀山峠までは20分ほどで登れます。
そこから隣の倶留尊山(くろそやま)1038mまで登りたかったけど、
今回は、「え~!登れな~い」 という一番若い人が一人混じっていたので
亀山峠でお弁当を食べて降りてきました。

曽爾高原6

緑の笹の中に、一際目立つ真っ赤なマムシ草の実

曽爾高原8

曽爾高原からの下りは、マイナスイオンがいっぱいのこの道。
写真を見るだけでも清々しい気分になりませんか?

曽爾高原9

雨にたたられることの多いこのグループ、久々のヒットでした。
申し分のない秋晴れが一日中続き、
早い時間に下りてこられたので、温泉「お亀の湯」で汗を流して帰ってきました。

広告
カテゴリー: 山歩き パーマリンク

高原のススキ への14件のフィードバック

  1. jazzy より:

    コスモスさま
    ちょうどススキが銀色に輝く季節ですね。
    僕も日曜日辺りに倶留尊へ久しぶりに行こうかと思ってました。
    この山の手前にある屏風岩とか20代の頃クライミングに夢中になっていた場所でした。
    今も、登られているのかわからないですけれど名張に通い続けた楽しい思い出の場所です。
    この辺りの山々はゆったりとしたなだらかな稜線がやわらかくて和みますね。
    今年は土曜日の祝日が多いから土曜日出勤が少なくて助かります。
    京都は観光客で今、まさにすごい電車のラッシュで通勤でへばってしまいますから。

    • cosmos より:

      屏風岩、見てきましたよ。
      秋が深まると、この辺りは紅葉がきれいなところですね。
      久しぶりに倶留尊に登りたかったのですが、叶いませんでした。
      曽爾高原のとなり、倶留尊の反対側にある古光山に登られたこと、ありますか?
      千メートルに満たない山ですが、登山道がとっても急で、横の木にしがみついたり、ロープにつかまって滑り降りたり、最近は登ってないけど、まるでアスレチックのように楽しい山でした。

  2. saganhama より:

    こんばんわ(^^)
    今年も曽爾高原へ行かれましたね。毎年コスモスさんの記事を見る度に
    行ってみたいと思うのですが、中々実現できないでいます(^_^;)
    箱根にすすきで有名な仙石原があるので、代わりに其処へ行ってみよう
    かと思ってます。
    今はブログは止められましたが、のらさんが此処の写真を多くアップさ
    れてた記憶があります。
    何時もながらコスモスさんのショットにはハッとさせられてます。構図
    が良いですねぇ~~( ゚Д゚ノノ☆パチパチパチパチ
    ヘッダーの画像も良いなぁ~~。

    手入れが行き届いた杉林の登山道。確かに清々しい空気感が伝わってき
    ます。

    • cosmos より:

      hamaさん、こんばんは。
      曽爾高原には毎年行ってますので、同じような写真ばかりです。
      のらさんは奈良の写真をたくさん撮られてましたね。
      お元気にされてるのでしょうか。
      ヘッダーの写真、いいでしょう?
      今年の法起寺のコスモスはきれいに咲いていました。
      お天気も良かったので、いい写真が撮れましたが、いつも同じパターンなのでブログに載せるのはやめました。

      • saganhama より:

        こんばんわ(^^)
        同じパターンの写真でも良いですから、時間の余裕がある時にでもアップしていただくと有難いです。
        季節毎に同様の記事がアップされると季節が感じられるし、簡単には行けない大和路の生の情報が得られるので楽しみにしてますので。。。

      • cosmos より:

        hamaさん、こんばんは。
        「前とおんなじやん」って思われるだろうな~とやめましたが、
        そうですね、同じコスモスでも去年とは違う花なんですよね。
        hamaさんのように言っていただくと、うれしいです。
        ブログが7年目ともなると、なかなか目新しい場所を探すのが難しくなりますね。

  3. fujim より:

    コスモスさん こんにちはー
    秋はススキ、高原のススキですよねぇ・・・・
    高原というだけあって、 秋吉台に似てるなぁと思いながら見せてもらってました。
    秋吉台の方が、もう少し起伏が少ないかなぁ。
    マムシ草の上の写真なんか、以前私が撮った写真じゃない?
    というほど雰囲気が秋吉台そのままです。

    行けばいいなぁ、と思うばかりで、なかなかみこしが上がらない><;;

    子供の声がおばちゃんの声で返ってきたら大笑いですね^^あははは

    • cosmos より:

      fujimさん、こんばんは。
      曽爾高原は山の斜面の一角だけです。
      それに比べると秋吉台はずっとずっと広いですが、ススキが群生してたり、マムシグサがあったり、雰囲気は似てるのでしょうね。
      こういう自然の中に入っていくと、生き返るような気がします。
      出来る限り出かけていきたいな~、と思ってます。

  4. abend より:

    こんばんは。
    秋らしくて素敵な風景ですね~^^
    ほんとどれを見ても素敵。楽しませて頂きました。

    • cosmos より:

      abendさん、こんばんは。
      ちょっと足をのばせば、すばらしい所がいっぱいありますね。
      曽爾高原は、秋になると行きたくなるところです。

  5. Pu'uwai より:

    コスモスさん わいわい俳句会の天賞 おめでとうございます。
    采女祭りの中止を知って、古の采女さんを思いやるコスモスさんの感性が素晴らしいと思いましたよ。

    曽根高原、そうそうのらさんがよくupされてましたね。蔵にも春の芽吹きの明るい曽根高原がupされてますよ。秋のススキの風情は又、格別です。お天気やカメラメーカーの違いもあるのでしょうが、落ち着いた色合いのススキが秋のハイキングの楽しさと尾花のうら寂しさと表現してて素敵な写真ですね。

    マムシグサ懐かしいわぁ。 初めて一眼レフを手にして、「さぁこれから」と高揚した気分でfuさんをからかった思い出の草です。あれから、何年経つだろう。本当に月日の経つのは早いですね。毎年でも同じ場所が同じ風には撮れないのが写真ですね。コスモスさんの写真拝見するのを楽しみにしてます。

    • cosmos より:

      pu’uwaiさん、有難うございます。
      ほんとに、ほんとにびっくり仰天でした。
      名月と聞いて、一番身近だった采女さんを思い出しただけなんですよ。
      それにしても、山本蜜柑園さんのお蜜柑、ほんとにおいしいですね~。
      濃厚な味で、とっても甘いです。

      ススキは高くて青い空によく似合います、秋はいいですね。
      もうしばらく寒くならないで山歩きを楽しませてほしいです。
      緑の中に、ニョキと立ってるマムシ草の赤い実はドキッとします。

  6. medaka4841 より:

    薄を見ると思い出すのです。小学校6年の学習発表会で薄を持って登場する役で 母が前日の夕方に刈って来てくれました。バケツに漬けて枯れないようにしてくれた薄を大事に抱えて登校しました。
     そうそう 天 おめでとうございます!美味しいでしょ その蜜柑。
    韓国ドラマで 成均館スキャンダルの中で蜜柑をかけた勉強優秀賞の回がありました。
     昔の韓国は済州島でしか取れなかったんだそうです。中国でも 時じくの香の木の実探しで日本まで来たとか。確かに中国北部や半島より日本は暖かいもんね、私ら 幸せ~。蜜柑 大好き お弁当にいつも入ってます。

    • cosmos より:

      medakaさん、こんばんは。
      きのうの事は忘れても、幼い時の思い出は、ほんのちょっとしたことでも忘れることはないですね。いつまでも懐かしいです。
      ありがとう! 私が天だなんて、なんで~! って思ったけどうれしかったです。
      そんでもって、送ってもらった蜜柑のおいしいこと。
      周防大島の人たちは、いつもこんなに美味しい蜜柑を食べてはるんやろか、
      というより、山本蜜柑園さんの蜜柑が美味しいんやね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中