ことぶき in ライブ

津軽三味線 miniミニ girls LIVE

120324_194327s- 

津軽三味線の師匠が経営されてる民謡酒場でのコンサートに出かけました。
どしゃぶりの雨の中、民謡教室でのお稽古を終えてそのまま電車に乗り大阪へ。
一番前の横の席だったし、うっかりカメラを忘れてしまって、
携帯で撮ったのでうまく撮れませんでした。
miniミニgirls のお二人は、津軽三味線に、民謡にと幅広く演奏活動されていて、
津軽三味線のコンクールでは、毎年入賞者に名前がのるほどの腕前。
そして私の津軽三味線の先生でもあります。
切れ味のいい撥さばきと、息のぴったり合った演奏は、あこがれの的です。
どうすればこんなにいい音が出せるんだろうと、いつも思います。

         ★~ ★~ ★~ ★~ ★

2010年12月に始めた 「津軽よされ節」 のお稽古がやっと大詰めにきました。
1年と4ヶ月、ほんとに、ほんとに長かった。
1回30分のお稽古で、新しく習うのは10分だけ、5~10小節しか進まなくて、
それが月2回だけ、なかなか進まないはずですよね。
でもそのお陰で、とってもきめ細かい指導を受けました。
これから もっともっと弾き込んで、なめらかに弾けるように、
人前でも堂々と弾けるように、お稽古していきたいと思っています。

広告
カテゴリー: 津軽三味線と民謡 パーマリンク

ことぶき in ライブ への6件のフィードバック

  1. そのちゃん より:

    こんばんは。

    民謡酒場ことぶき って母から聞いたことがあります!
    ときどき母も津軽の会の友人と、大阪の民謡酒場に通っているので
    もしや知ってるところかも・・・?大正区ですか?

    母もよされを唄ってるときがありますよ。
    三味線はしないのでもっぱら唄に専念しています。

    大阪の民謡酒場から帰ってきたときは、大満足、ルンルンです。
    そんな母を見ると私もほっとします。

    • cosmos より:

      そうです、大正区にあります。
      お母さんも行かれてるのですね。
      ここの師匠に伴奏してもらって唄ったら、絶対に大満足ですよ。
      ルンルンのお母さんの気持ち、よくわかります。
      私は師匠の津軽三味線にあこがれて、今行ってる民謡教室の先生にお願いして、ここの教室にも通わせてもらっています。
      実際にお稽古に来てくださるのは、お弟子さんのminiミニgirlsのお一人ですが、我妻宏光さんタイプの、切れ味のいい演奏家です。
      よされ節は津軽の中でも難しい曲ですよね。
      やっと何とか弾けるようになりましたが、唄はこれからです。

  2. Pu'uwai より:

    コスモスさんのお話を読んでいると、本当に精進の成果は努力の塊りだと思います。「津軽よされ節」習得おめでとうございます。津軽三味線は難しいですね。撥捌きだけ師匠が教えてくださいました。いずれは津軽も教えると仰ってますが、生徒がついて行けないでしょう。

    今年は発表会曲は しげさ節 安里屋ユンタ 花笠音頭 だそうです。
    簡単な曲らしいけど、しげさ節が唄えなくて往生してます。節回しが苦手です。
    東北の民謡は耳に馴染んでいるけど西国の調子はさっぱり取れません。
    でも、三味線習えるのもご縁だから、楽しみながら頑張りますね。

    • cosmos より:

      ただただ津軽三味線を弾くことが好きで、
      弾けるようになるのがうれしいだけなんですよ。
      よされ節は一応弾き方を教わっただけで、弾き込んで唄づけができるようにならないと習得したとは言えないので、まだまだこれからです。
      安里屋ユンタ、(あさどやユンタ)って読むんでしたよね、試験に出るかも知れないと一生懸命覚えました。 ボランティアで唄うというので、唄は知ってるけど教室ではまだ習っていなくて楽譜がないので、CDを聞きながら今自分で楽譜を作ってる最中です。
      しげさ節は大好きな曲なんですが、民謡として習ってみると、今まで適当に唄ってたのと全然違って、節回しが難しいですね。
      民謡はその土地で生まれ育った人じゃないと味が出せないといいますが、やっぱりそうなんですね。 私は西国の調子は馴染みがあるけど、東北の民謡は難しいです。
      Pu’uwaiさんが三味線されてるので、私もとっても励みになってうれしいです。ずっとずっと続けましょうね。

  3. jazzy より:

    コスモスさま
    こんばんわ
    お若い方が師匠なんですね。
    僕の先生もCDも出している現役バリバリですが若い師匠です。
    どうしてあんなきれいな音色出せるのでしょうね。
    三味線のことはわかりませんが、コスモスさんのおっしゃってること理解できるように思います。
    僕も今、Gのkeyばかりの曲をやってます。
    小指で1弦、薬指で6弦を押弦するのですが、もう大変。
    コスモスさんが弾いてるのを見て、刺激になったのは確かなので、僕も楽しく頑張りたいと思います。

    • cosmos より:

      jazzyさん、こんばんは。
      あこがれの師匠の教室が奈良に出来たので飛び込んだのですが、実際に教えてくださるのは若いお弟子さんでした。 若いだけあってリズム感のある、はじけるような演奏をされます。 あんな風に弾きたい、っていつも先生の手をみてます。
      指使いは繰り返し弾いて慣れるしかないですよね。 でもやってると必ず出来るようになるからうれしいです。
      jazzyさんのところにコメントを入れたのですが、消えてしまいました。
      スパムになってしまったのかな~。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中