秘境寸又峡温泉とSL列車の旅

年に一度、のんびりと旅を楽しんでいる、かっての同僚4人で
今回は、静岡県の寸又峡温泉に行くことになりました。
京都から新幹線にのり、まあまあよく喋ること、あっという間に掛川に到着。
在来線に乗り換えて金谷へ、ここからは大井川鉄道です。

大井川鉄道  なんでここに近鉄特急が・・
さまざまな電鉄会社から譲受した車両が使われているとかで、
京阪電車や南海電車も走っているのだそうです。
そしてSL列車に乗り換え。

SL列車

ガッタンゴットンとゆれる列車のなかでお弁当を食べていると、
「い~まは山なか、い~まは浜~・・」とハーモニカを吹きながら現れた車掌さん。
観光ガイドさんのようです。

SL列車

SL列車を降りて路線バスに乗り換え、山深い寸又川沿いの道を走って、
やっと寸又峡温泉に到着です。
ここは、かって 「金嬉老事件」 で有名になった温泉、運転手さんが
「ここが立てこもり事件のあった旅館ですよ」とバスを止めて教えてくださいました。
夕食までに時間があったので、吊橋まで90分のミニハイキングにでかけました。

寸又峡

夕方だったので、日が陰ってきてはいたものの、紅葉がまっさかりで、
山は燃えてるように鮮やかでした。

吊橋

長さ90メートル、高さ8メートルの吊橋は、一足歩くとゆら~りとゆれます。
それが数人で歩くから、ゆ~らり、ゆら~り、ゆらり~と
ゆれ方が複雑に絡んで、なんとも恐ろしいゆれ方になります。

吊橋

翌朝は、雨の予報だったにもかかわらず、真っ青な青空が広がりました。
寸又峡温泉から降りてくるバスからは、奥深い山の紅葉が延々と見られます。

寸又峡

千頭駅(せんず)から、南アルプスあぷとラインに乗り、日本一の急勾配を登り
待っていた観光バスに乗り日本平に向かいました。

観光バス

実は今回、J○○のツアーに参加したのですが、大阪から参加の3人グループと
私たち4人の7名だけ、大口のキャンセルでもあったのでしょうか、
大型観光バスはガラガラ、「お好きな所にお座りください」 と言われてもね~、
やっぱり前二列に固まりました。
さすがに静岡はお茶どころ、どこへ行ってもお茶畑が続きます。

お茶畑

久能山東照宮に到着。
奈良の地味~なお寺を見慣れてるせいか、
目の覚めるような賢覧豪華な建物に圧倒されました。

東照宮  東照宮

日光東照宮に似てる、と思ったのですが、
久能山東照宮の方が19年前に造られたのだとか。

東照宮

東照宮

御廟 東照宮

日本平からは、こんなにきれいな富士山が見える・・・はずだったのですが

富士山

残念ながら、この日は気温が高くて風もなく、汗ばむほどの陽気だったので、
な~んにも見えませんでした。
晴れて風があれば富士山はもとよりのこと、南アルプスまで見えるそうです。
見たかったな、富士山や聖岳や光岳。

日本平

日本平の観光を終えて一路浜松へ。

駿河湾

広い大井川の向こうに沈む夕日が、とってもきれいでした。

大井川

何とか年内に記事を載せることができました。
年賀状も、お掃除も、お正月の準備もこれからです。
ボランティアをこなしながら、何とかなるかな、何とかしなくちゃね。

広告
カテゴリー: 旅行 パーマリンク

秘境寸又峡温泉とSL列車の旅 への10件のフィードバック

  1. saganhama より:

    こんにちは(^.^)
    寸又峡は行った事ないので一度は行ってみたいと思ってるのですが
    中々行く機会が有りません。
    掛川は仕事で良く通った地なので懐かしいです。整備されたお茶畑
    が彼方此方に有り穏やかな雰囲気の町ですが観光地ではないので素
    通りされたようですね。掛川城が駅の近くに有るんですが・・此処
    のお茶は静岡の中でも美味しいと評判が良い様です。
    大井川鉄道は旅番組では常連さんですね。鉄道博物館の様な鉄道で
    すからマニアには人気が有るようです。此処も一度行きたいと思い
    ながら実現出来てません。
    日本平から久能山東照宮は行かれたんですね。2年前の9月に行った
    のですが富士山は何とか見えましたよ。東照宮の華やかさには驚か
    された記憶が有ります。日光東照宮よりも規模は小さいですがその
    作りの細やかさでは劣ってないなと感じました。
    日本平から利用するロープウエイもあおい号、たちばな号と徳川家
    所縁の名がつけられ、駕籠を模してましたね。
    三保半島の松原が見えてますが歩いて巡るには良い地ですので、機
    会を作られて出掛けられることをお勧めします。
    東海道線の草薙駅から日本平へのハイキングコースも中々良いです
    が山歩きが豊富なコスモスさんには物足りないコースかも・・・?
    等と思いながら懐かしく記事読ませて貰いました。

    お忙しい毎日を過ごされてるようですが、くれぐれも体調を崩され
    ぬ様気を付けてください。休む時には休むのが一番ですから。。。
    これで良いのだぁ~~って開き直りもだいじですね。

    • cosmos より:

      saganhamaさん、こんばんは。
      ご無沙汰ですみません。
      みんなそれぞれに忙しいので、「4人の日程が合う日に出てるツアーで、行ったことがない所」 で探したら寸又峡温泉になりました。
      秘境と言われるだけあって、山また山の奥深いところにある温泉で、静かないいところでした。
      ガイドさんに連れられて観光地をザッとまわるだけなので、hamaさんが奈良を歩かれた時のような旅をしないとその地の本当の姿や良さはわからないですね。
      何もしなくても連れて行ってもらえるし、旅行代金も安いので、ついつい ツアーに参加してしまいます。

      忙しくても、好きなことをしているので楽しいのですが、家でボーっとする日も必要ですね。たまには 「これで良いのだぁ~~」って開き直ることにします。

  2. abend より:

    こんばんは。
    久能山東照宮 綺麗ですね。見応えありそうです。
    SL 楽しそうですね。
    お年寄りが多かったのかしら?
    富士山が見れるって良いですよね。
    条件が合わないと無理なんでしょうけど・・
    とても良い時間が過ごせたようで何よりです。

    • cosmos より:

      abendさん、こんばんは。
      規模は小さいけど、日光東照宮と同じでしたよ。
      そういえばSLで若い人、見かけなかったな~。
      一番見たかったのが富士山でしたからね、
      ほんとに残念でした。

  3. medaka4841 より:

    うっ あかん ゆ~らり ゆ~らり 吐く・・・。一番苦手ですのやわ。
     以前 TERUSANのブログにもありましたね ハーモニカの車掌さん。
    そうそう NHKFMでいろいろな会社の車両が走るって言ってましたっけ。
     そのときだけ鉄子の私としては 行きたいです~。
    日本の原風景のような 川と街と夕日 どっかその辺からドラマが始まってそうな画ですね。
     奈良もお茶所、発祥の地ですもんね。
    ここまで広くなかったっけ。おいしいお茶 飲めました?
     私は お抹茶入りのあられ入りが好みです(聞いてないって)。笑

    • cosmos より:

      あかんの~! 苦手なん! 結構おもしろかったよ~!
      いろんな会社の車両が走ったり、SLが走ったりするのもおもしろかったけど、紅葉の渓谷や広~い大井川をバックに走る車両は絵になりますね。
      おいしいお茶、いただきましたよ。
      おみやげにも買ってかえりました。

  4. fujim より:

    温泉とSL列車のたび、と言いながらも 90分のミニハイキング!@@!
    コスモスさんならではですねぇ^^。
    せっかくの静岡なのに富士山が見えなかったのは残念でしたが、
    最後に落日の風景で閉めるところはさすがです、 素晴らしい。
    大井川の夕日は車窓からですか?

    年賀状も、お掃除も、お正月の準備も、まだぜんぜんですよ~><~

    • cosmos より:

      fujimさんこんばんは。
      朝早くから乗り物ばっかりでしたからね、山の中の空気をいっぱい吸いながら歩いたら、後の温泉も気持ちよかったし、生ビールも、お食事もとってもおいしかったです~。
      富士山が見えないのはとっても残念でした。
      Pu’uwaiさんのところで見せてもらうことにしましょう。
      車窓から、「数打ちゃ当たる」 とバチバチ撮りましたが、ほとんどが使い物にならない物ばかりでした。

  5. Pu'uwai より:

    せっかくの寸又峡 日本平 久能山東照宮の記事なのに、ごめんなさい。 すっかりご無沙汰してしまいました。
    久能山東照宮は権現造りと言って、家康公の廟所です。3代将軍家光が日光に東照宮を建立した時はここをモデルとしてます。日光に家康公の遺骨を移したかどうかは今だもって謎なんですよ。
    寸又峡は紅葉の名所だから、ちょうど良い時期だったのですね。手前の井川ダムもきれいな所です。
    富士山は12月後半にならないと雲に隠れてなかなか見えないですよ。今年はまだ富士山撮ってないのでそのうちに、、、、

  6. cosmos より:

    Pu’uwaiさん、あけましておめでとうございます。
    今年もよろしくお願いします。
    お返事がずいぶん遅くなってしまって、すみません。
    子供達が帰って、これからが私の新しい年の始まりです。
    静岡は通過するだけで、降りたことがなかったんですよ。
    明るくて、広くて、暖かくて、洗練されていて・・そんなイメージを持っていた静岡でしたが、実際に行ってみてやっぱりその通りでした。海がきれいだったし、山はもちろん日本一の富士山に南アルプス。
    寸又峡はあんなに山奥にあるのに、雪が積もることはあまりないと聞いてびっくりしました、気候がいいんですね~。
    山陰の雪国で生まれて、内陸の奈良に住む私にはとってもうらやましい所でした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中