本薬師寺跡とホテイアオイ

この時期になると、ホテイアオイの花を見に行きたいと思いつつ、
都合がつかなくて、毎年見逃していました。
今年は、ちょうどいい具合にコンクールもゆかた会も終わったし、
夏祭りの民謡ショーも、三味線の試験もぜ~んぶ終わって、
心おきなく、カメラを持ってのブラブラ歩きを楽しむことができました。

元薬師 026s-

橿原市にある本薬師寺(もとやくしじ)の周辺は、
休耕田を利用してたくさんのホテイアオイが植えられています。
左奥のこんもりと樹が茂ってるところが、本薬師寺跡、そして右側が東塔跡です。

元薬師 104s-

花は朝早い時間帯のほうがきれいだと思うし、それに何よりも暑くならないうちにと思い、
6時に家を出発、本薬師寺跡周辺を少し歩きたかったので、車はやめて電車に乗りました。
近鉄橿原線、畝傍御陵前から歩いて10分弱、7時半には本薬師寺跡に到着。 
朝の光をいっぱいに浴びて、淡い紫の花も、つややかな緑の葉っぱも
まぶしいくらいに光っていました。

元薬師 047s-

元薬師 050s-

寺の説明書によると、本薬師寺は西暦680年に天武天皇が、皇后(持統天皇)の
病平癒を祈念して発願され、建立された寺で、平城遷都とともに奈良の薬師寺に移されました。
今は、金堂、東塔、西塔の礎石だけが残されています。
説明書の看板には「本薬師」となっていますが、ここでは「元薬師」となっています。
どちらが正しいのかはよくわかりません。

元薬師 034s-
元薬師 035s- 元薬師 083s-

右の山は、大和三山のひとつ畝傍山(うねびやま)です。
ふもとには橿原神宮があります。

元薬師 090s-

最後にもう一枚、同じような写真が重なりましたが、捨てがたくて。

元薬師 049s-

だんだん暑くなってきましたが、香具山→藤原宮跡→小房観音寺と歩いて八木西口駅へ。
暑さでバテバテになって帰ってきました。

広告
カテゴリー: 花と木 パーマリンク

本薬師寺跡とホテイアオイ への15件のフィードバック

  1. そのちゃん より:

    民謡コンクール、三味線の試験を終え、心置きなくのんびりされたようでよかったですね!
    ホテイアオイとのびやかな奈良の風景が素敵です。
    テレビを見ていたら、法隆寺で拝見した玉虫厨子ほか特集をしていて
    そろそろ奈良に行ってみたいなと思ったり。
    興福寺の阿修羅像も見てみたいし。

    サンケイのコンクールには毎年母も出ていましたが
    父の入院やらでそれどころではなくなって・・・。
    もうすぐ父の一周忌で、母は最近元気がありません。
    同じ会の方が次々体調を崩したりして
    思うように唄がうたえないのでストレスがたまっているようです。
    秋になったら会の発表会もあるので持ち直してくれるよう祈っています。

    • cosmos より:

      そのちゃん、おはようございます。
      日中はまだ暑いですが、この台風が去ったら涼しくなるのでしょうか。
      時間はかかりますが、三宮から乗り換えなしで来れるから
      楽になりましたね。

      唄うということは、その時の体調や気持ちにすごく左右されます。
      寝不足だと声が出ないし、少しでも悩みがあると、
      自分ではそれほど気にしてるつもりじゃないのに、
      不思議なことに、のどが開かなくて、筋肉が硬直して思うように唄えません。
      お母様、一周忌が終わったらきっとお元気になられますよ。

      • そのちゃん より:

        ありがとうございます。
        母なりに気持ちが楽になったようです。
        末っ子の弾く三味線で唄をうたうので張り切っているようで
        ほっとしています。

      • cosmos より:

        お孫さんの三味線で唄えるなんて、すばらしいですね。
        うらやましい限りです。
        唄は元気の元ですからね、  よかった!

  2. fujim より:

    コスモスさん こんにちはー
    水槽の中でプックリ浮かんでいるものと思っていたホテイアオイに、薄紫の花が咲くことを知ったのは照れまんさんのところででした。
    その花がナント! これはすごいですね!!  早起きしてわざわざお花見?に出かけたくなるはずです。 見に行く価値ありますね。  いつもながら写真がまた素晴らしいので、広々した空気がよく分ります。
    植えられてると言っても水の中ですよね。 タイヘンな広さが一面、こんなやさしい色でうまってると思うと心休まる気がします。

    • cosmos より:

      fujimさん、おはようございます。
      毎年、この時期になるとホテイアオイの映像がニュースで流れるんですよ。
      ああ、今年も行けなかったな~、って思っていましたが、
      やっと念願がかないました。
      ね、早起きしてわざわざ見に行く価値あるでしょう。
      ずっと前、のらさんもここの写真をアップされてましたね。

  3. saganhama より:

    こんばんは(^^)
    凄い数のホテイアオイですね。観賞用として栽培されてるのでしょうか?
    かなり前ですが郷里に帰った時、クリークにホテイアオイが大発生して
    困ってると言ってました。見るのには綺麗ですが現実は厄介者に成ってました。
    それにしても、これだけ見事な風景を作るのには、相当の努力をされてるん
    でしょうね。
    カメラ持った人々が大勢来ていたのではないですか?近くだったらhamaも
    撮りに行きたいですね。

    • cosmos より:

      こんばんは。
      やわらかくて、やさしい色の花で癒されますが、
      場所によっては厄介者になってしまうのですね。
      hamaさんのおっしゃる通り、カメラ教室の先生が
      おじいちゃんばっかりの生徒さんを連れてこられてました。 
      ウロウロすると邪魔になりそうで、
      みなさんの撮影が一段落するのを待ってゆっくり撮りました。

  4. Pu'uwai より:

    休耕田のホテイアオイは夏ですね。 暑さを吹き飛ばす涼味はこの色から来てるのでしょうね。トンボやカエルが集まる楽園になって、もしかして泥鰌もいるかなと見ました。

    東塔跡がこの松の大木の下に僅かに高くなった場所ですか。周りは田んぼに浸食されてこればかりのスペースになってしまった。すずめの涙程度の跡地になってしまったのですね。ホテイアオイの休耕田も昔は本薬師寺の敷地だった訳だけど、そのままにという事にはならなくて私有地になってしまった。歴史の重みを感じる場所です。 

    捨てがたい最後の一枚 素敵なショットですね。私は好きです。

  5. cosmos より:

    Pu’uwaiさん、こんばんは。
    小さいカエルがいっぱいいて、あぜ道を歩くと右に左に飛び跳ねていました。
    どじょうは見なかったですね、昔は網とバケツを持って小川やたんぼの中でどじょうをとって遊んでいましたが、今でもいるんですかね~。
    ここはとっても歴史のあるところなのですが、ほんの少し礎石が残ってるだけです。
    本薬師寺の敷地がどういう経緯で今こんなふうになっているのか、知りたくなりました。

  6. 扇 KEN16 より:

    コスモスさん ご無沙汰しております。

    大好きな三味線のことから開放された感じがよく伝わってきます。
    何度か奈良の都?をお訪ねしましたがこんな見事な花の原・ホテイアオイの花々たちに出会ったことがありません。光を受けた花々の光景、木陰に一休みしたホテイアオイの花色は少しホットして心癒される時を感じます。橿原市近辺の休耕田に植えておられるのですか?元の薬師寺の周辺なのですか?

    またまと忘れた頃にお訪ねして見ます・・・

    • cosmos より:

      KENさん、お返事が遅くなってすみません。
      pcがネットにつながらなくて、しばらく遠ざかっていました。
      これだけのホテイアオイが一斉に咲くと、ほんとにきれいですね。
      やさしい薄紫の花に癒されました。
      朝の早い時間だったので、よけいにきれいでしたよ。

  7. cosmos より:

    まるちゃん、お立ち寄りありがとうございます。
    またお伺いしますね。

  8. 照れまん より:

    コスモス さん こんにちはー ご無沙汰してます
    奈良は 本当に歴史の町ですね。
    そこかしこに 歴史がいっぱい。うらやましい!
    しかし、ここのホテイアオイ はすごいですね。これだけあると 圧巻です。
    以前にも のらさんのところで見た記憶がありましたが、ここですね。

    明日、淡海節 頑張って下さいね☆☆

    • cosmos より:

      照れまんさん、おはようございます。
      私ものらさんのところで見ていて、
      毎年行きたいと思いながらやっと実現しました。ほんとに圧巻でした。

      淡海節、予選は通過しましたが、翌日の準決勝で敗退でした。
      今回は私の先生も初めて出場され、
      何とナント、私が伴奏をさせていただいたんですよ。
      堂々の準優勝でした。
      自分の唄より先生の伴奏の方が緊張して、特に決勝のときはドキドキでした。
      静か~な「お座敷唄」なので、ひとつひとつの音がとっても目立つんですよ。
      なんとか無事に終わって、ホッとしたら今日は疲れがどっとでてきました。
      午後から老人ホームなので、それまでゴロン、ゴロンとしています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中