津軽のリズム

   奇怪かな、津軽のリズム

三味線には、本来楽譜がありません。
それもそのはず、4拍子の曲なのに4拍子じゃない、3拍子なのに3拍子じゃない、
音が割り切れないので楽譜に書き表せないのです。
いままで教わってきた音楽の常識が、民謡の世界では通用しませんでした。
演奏する人によって、唄う人によって、適当な長さで演奏し、唄いますが、
それは決していい加減ではなく、その人の感性によって決められた
丁度いい音の長さなのです。

津軽三味線を習い始めた頃、じょんから節とはちょっと違うリズムの
「津軽よされ節」を聞いて、変則的なのになめらかで、心地よく響いてくるリズムが心に残り、
それ以来、「津軽よされ節」 が弾けるようになることが夢になりました。
そして 「次は津軽よされ節をやります」 と言われた時は
ついに 夢が叶う! と胸がおどりました。

よされ節を習い始めて半年が過ぎました。
楽譜がないので、師匠が弾いてくださる音とリズムを真似て覚えていきますが、
お稽古は月2回、それも一回30分だけなので、一回に少ししか進みません。
長いよされ節がなかなか終わらないのは、仕方のないことですが、
変則的な3拍子のリズムがどうしても弾けない。
津軽じょんから節やタント節など、2拍子や4拍子の曲を弾いてるときは、
軽快なリズムに乗って気持ちよく弾けて、指を早く動かす練習ばかりやっていました。
それが、よされ節に入った途端に行き詰まってしまいました。
1泊目を少し待って(溜めて)2泊目を少し急いで・なんて言われても
頭では理解できても、そのリズムを奏でるのは難しい。

★★まずは、よされ節を繰り返し聞いて、聞いて、リズムを体で覚えること、
そして、自分が弾いたリズムが、体でおぼえたリズムと合ってるかどうか、
常に確認すること。★★

師匠にそう言われて、今は弾くのと同じくらいの時間を聞くことに費やしています。
頭の中を流れてるリズムと、手が奏でるリズムがなかなか一致してくれません。

トンネルの出口から、明るい光が見えてくるのを信じて、
今は暗闇をもくもくと歩いております。

              ★~ ★~ ★~ ★~ ★

またやってしまいました。
こんどは地唄用の三味線ですが、弾き終わって横に置いた途端に
「バン」と鋭い音がして裂けてしまいました。
重くて太い糸を叩く津軽三味線は、長時間続けてお稽古をすると、疲れが激しくて、
バチを持った手の感覚がなくなって、バチをはずしても指が曲がったまま、
しばらく戻らなかったりします。
なので、軽い地唄用の三味線を、津軽用の硬いバチで弾いていました。
ちょっと無茶だったかな~。
この三味線を買って丁度10年、初めて敗れたので寿命だったのかもしれません。
しかしこれ程見事に裂けると、きっぱりあきらめがつきます。
今は三味線屋さんに、入院中です。

三味線 010s-

広告
カテゴリー: 津軽三味線と民謡 パーマリンク

津軽のリズム への10件のフィードバック

  1. abend より:

    こんばんは。
    見事に破れましたね(驚)
    稽古しすぎ?寿命?
    早く手元に戻ってくると良いですね。

  2. saganhama より:

    こんばんは(^^)
    素人の私には「じょんから節」も「よされ節」もリズムの違い以外は
    同じ様に聞こえるのですが、演奏する人にしてみれば大きな違いが有るんですね。
    私は楽譜なしで聞いて覚えて演奏するって、若いころは得意でしたが、今はどうかなぁ~??
    限られた楽器だけでしたが。。。
    動画でよされ節を弾いてる様子を見てみましたが、確かに撥の使い方大変そうですね。
    演奏する人によって、音程は同じでも速さはかなり違ってますね。
    洋楽の世界でも楽譜は今演奏してる部分を確認する為の道具で、演奏は聞いて覚える
    が基本だと教えてもらった記憶があるので、邦楽も洋楽も基本は同じだと思ってます。
    でも、確認する道具が無いと言う事は邦楽の方が難易度は高いんでしょうね。
    トンネルの出口の明かりが早く見えて来る様、願ってますよ\(*⌒0⌒)bがんばっ♪

    破れてしまった三味線さんには本当に(^ー^)お疲れ様でしたぁ~♪ですね。
    元気になって早く帰ってきてくれると思いますよ。

    • cosmos より:

      hamaさん、こんばんは。
      愚痴のような記事に付き合ってくださって、有難うございます。
      動画で見ると、演奏する人によって、リズムが少しずつ違いますね。
      今は「違う」ということが判るようになっただけでも いいかな~と思ってます。
      高橋竹山さんの演奏がとても正確で、わかりやすくて、きれいなので、
      師匠のお手本と一緒に、いつも手元において聞いています。
      いい音楽を聞くということは、とっても大切なお稽古だと思っています。
      邦・洋を問わず、音楽は共通なんでしょうが、
      民族が違うと文化が違うように、邦と洋には大きな違いがあるように思います。

  3. Pu'uwai より:

    津軽の人には津軽三味線が体に沁み込んでいるのよね。耳慣れた音なのね。津軽のリズムが津軽の息遣いがそのまま体に残っている。

    大震災で 「命、てんでんこ」て言葉があったでしょう。静岡の友達が、「いのち てんでんこ」と言っても私にはピンと来なかった。しっくり来ない。まったくニュアンスが違うのよ。田舎では、「てんでっこ」と言ってた。そのイントネーションやニュアンスは東北の人と同じだからピピッと来る。

    そんな津軽の三味線をやるわけだから、ニュアンス、リズムに慣れるのにも一苦労があると思うし、風土性、気質を体に取り入れるのにも一苦労あると思えます。

    私は3年目になりましたが、いつの間にか撥も一度で持てるようになったし、さぐり音もなくなりました。こうやったから出来た、こうして直したという方法があった訳ではなくていつの間にか出来るようになってました。「練習は嘘をつかない」練習の成果だと思ってます。友がね、そっち側から見ると私の三味線に指の跡が白くなっている。よく練習してるのねって言います。

    お稽古しかありませんよね。独り善がりにならないように師匠の音をひたすら聴き取ることと、私は動画で録音してるから、指の動きを見ながら音が聴ける。1/2にスピード落として指の運びを見ることができます。この点は本当に重要です。

    三味線の張り替えですね。ご愁傷さまでした。

    • cosmos より:

      Pu’uwaiさん、もう3年目ですか (゚o゚;; 早いですね~。
      三味線を習い始めても、3年までに辞めてしまう人って意外と多いんですよ。
      今から思うと、少し弾けるようになってきたかな、と思う節目が3年、5年、10年とあったように思います。
      私が津軽のリズムが弾けないのは、津軽弁が話せないような」ものなのでしょうかね~。
      それでも津軽民謡が好きなので、困ったものですよ。

      「練習は嘘をつかない」って本当にその通りですね。
      「あの人上手になった」と思う人がいたら、その人は、自分の3倍お稽古してると思え・と言われたことがあります。
      棹の硬さにもよりますが、よく練習してる人の三味線は指の跡が白くはげてきますね。
      何年も使っていると、ビ~ンという琵琶のような音がでるようになります。
      そうなると、棹の表面を削ってもらう 「うわばとおし」 という修理をしてもらいます。

      動画で録音ってすごいですね。 私もやってみようかな~。
      お稽古のときは、何一つ見逃さないゾ って感じで穴があくほど師匠の手をみています。

  4. そのちゃん より:

    津軽の三味線には楽譜が無いって母も言っていました。
    職人技ですね!

    母の通ってる津軽の会は、みなさんだんだん高齢化して
    三味線を弾いてくれてる方がしばらく入院していたり
    体が弱って津軽が唄い難くなったりと大変みたいです。

    それでもみなさん津軽にこだわっているのを聞き
    それだけ人の心を揺さぶるものなんだなぁと感じました。

    母もあと10年は津軽をがんばるそうです。

    三味線の復活が楽しみですね♪

    • cosmos より:

      津軽の曲は、唄うのも、三味線を弾くのも いっぱい力がいるんですよ。
      私もいつまで津軽三味線が弾けるかな~、なんて思ったりします。
      唄は、難しくて簡単には唄えませんね、
      それに私の声は線が細いので津軽民謡には向いてないのですが、
      それでも好きなので、あいや節の旧節(岩木お山)を唄うんですよ。
      お母さん、すごいですね、津軽ものは、あと5年って思ってたけど、
      私もあと10年頑張ろうかな!

  5. oogiken16 より:

    どうもどうも  ご無沙汰していります
    梅雨に入ってからお三味線のご機嫌が悪くなったのですか?
    やはり撥の入れ方を強くされないと響きが出なかったのですか?
    何処か奈良町辺りを歩けば、お三味線の音が聞えるような気にもなります。
    暇を見つけまたまた、よらせてください

    • cosmos より:

      KENさん、おひさしぶりです~。
      最近PCを開く時間が減ってしまいました。
      おかげで早く寝るようになって、体調はいいです (笑)
      奈良町に三味の音は似合いますね、津軽三味線は?ですけど・・

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中