散歩

今年はできるだけ歩こうと思い、時間のある時は とりあえず家を出ることにしています。

車の通るところは歩きたくないので、静かに散歩できるところまで車で移動します。

そんないつもの散歩道の一つ、ここは日本で初めて世界文化遺産に指定された、斑鳩の里。 

法起寺を見て、法輪寺を見て、法隆寺まで 「斑鳩三塔」 を回るのがお決まりのコースです。

逆光で夕方のような景色ですが、午後2時頃の写真です。

遠くに法隆寺の五重塔を見ながら、池のまわりを歩くのがお気に入りです。

終点の法隆寺、中に入って仏像を見たいけど、散歩の度に1000円の入場料は痛い。

なので、いつも もの欲しそうに中を覗き込んで帰ってきます。 年に1~2度しか中には入りません。

これは年末に撮ったもの、もみじの葉がまだ残っています。

 

正面で 「あぁー」 と威嚇し、 「ぅんー」 と睨みをきかしているのが、金剛力士像。

いつもは通り過ぎることが多いのですが、今日はじっくりとお顔を拝見してきました。

          

いつ行っても修学旅行生に出会います。

南大門から東に伸びる塀、法隆寺は広大な敷地です。   

「柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺」 おなじみ、正岡子規の句に出てくる法隆寺の鐘。

以外とこじんまりしています。

毎時、時刻の数だけ鳴らされるので、一般の人が鐘を突くことはできません。

たまたま丁度3時に居合わせたので、すぐそばで 「グヮ~ン」 と響く鐘の音を聞いてきました。

                  

訪れる度に 「気」 をいただく、楠木の老木。

人間で言うなれば100歳は悠に超えているのでしょうね、 しっかりと葉を繁らせて 元気そのものです。

広告
カテゴリー: 斑鳩の里 パーマリンク

散歩 への10件のフィードバック

  1. saganhama より:

    (*゜ー゜)vオハヨ♪ございます。ブログの表示不良現象は本日の朝には解決しているようですが、そちらは如何ですか?コスモスさん、お気に入りのお散歩コースですね。悠久の時が今もユックリ流れてる雰囲気が、写真からも感じられます。楠木の老木は本当に不思議です。私の郷里にも数多くの楠木が有りましたがどう見ても枯れてるとしか思えない根元付近なのに、上を見上げると元気な姿してるんですよ。生命力の不思議さが感じられる木だと思います。私が若かりし頃、修学旅行で奈良を訪ね彼方此方見ましたが、今ひとつ印象が薄かったです。今の学生さんはこの地を訪ねる事で、何を感じているんでしょうね。学校の授業では教えてくれない、日本の歴史とその重さを感じ取ってくれてれば思うのですが。。。

  2. abend より:

    散歩して気づく事って沢山ありますよね。法隆寺 拝観料高いですよね。京都もそうだけど 年に何度かしかいけないです。池傍の散歩道 静かで良い感じですね。

  3. コスモス より:

      saganhamaさん、こんばんは。なおりましたね~、 夕べは記事の投稿も出来ないし、自分のスペースにも入れなくなってしまいました。 斑鳩を歩いていると、1300年前から現在に至るまで、ずっと時がつながっているのが感じられるんですよ。途中で出会ったおじさんと話していて、「奈良が大好きなんですよ」 と言うと、 「あなた、奈良の人じゃないね」 っていわれました。  なるほど、です。楠木って、ほんとに強いですね。皮一枚でつながっているみたいなのに、葉っぱは生き生きしています。これから先、何年生き続けるのでしょうか。私も、中学の時に修学旅行で法隆寺を訪れたのですが、五重塔は写真が残ってるから覚えているものの、見てるはずの仏像や、玉虫厨子は全く覚えがないのです。せっかく行ったのに、もったいない話ですね。

  4. コスモス より:

      abendさん、こんばんは。 そうなんですよね、車で直接行くよりも、まわりをテクテクあるくと、いろんな物を見ながら、考えながら、感じながら、ゆっくりと時間が流れていくので、何倍も楽しめます。

  5. fujim より:

    お決まりのコース、 いつもの散歩道の一つが、 世界文化遺産ですからねぇ! 格が違いますね。近くにこんな散歩みちがあるのはいいですよね。  時間があれば、 とりあえず家を出る・・・ いいことです。私も、格は違いますが、 ときわ公園が近くにあり、 ときわ湖を巡る周遊路に下りていけるので仕合せてます。後は自分で足を運ぶかどうか ^^です。「♪男なら・・・・・女ながらも 武士の妻 まさかのときには しめだすき・・・」 子供会の演芸会 (といっても、会場は個人宅程度のお遊びですよ^^) で、 踊ったりもしてましたよ。女がこのくらいしっかりしてたから、 山口から偉人が多く出たんですよ、 ^^あはは  でもね、 山口県の民謡ということは知っていましたが、 そのお囃子 オオシャリシャーリ が萩地方の方言 「おっしゃるとおりです」 ということだとは知りませんでした! 意味があったんですねぇ~~。

  6. コスモス より:

      fujimさん、こんばんは。 とりあえず家を出ないと、一日中でも三味線を弾いてますからね、とっても不健康なんですよ。車が通らなくて、アスファルトじゃない道を歩きたいのですが、そういう所はすくないです。 ときわ公園が近いのはいいですね~、恵まれてますよ~。民謡は、その土地の気質を表していますからね~、山口の女性は昔からしっかりした人が多かったのだと思いますよ。偉人がたくさん出たのは、やっぱりそのお陰ですよ。

  7. 猫と薔薇と私と より:

    最近 法隆寺の中は見てないなぁ。 そろそろ 鬼追いが始まる頃となりました。奈良でも あちこちでやってますね。それが終わると 修二会の準備でしょうか。 紅白の椿の造り花が ずらっと並ぶ所 一度見てみたいです。秋に 従妹と求めましたが 実際に並んでる所って 画像しか知らないんですよ。 本堂のどこに並べるんでしょうね。ご存知ですか?

  8. コスモス より:

      猫と薔薇と私と・さん 鬼追いは一度見たいと思いながら、寒い時期なのでついつい毎年見逃しています。今年は行って見ようかな~、 興福寺の鬼追いを見て、春日大社の万燈篭を見て・・・寒いだろうな。紅白の椿の造花が並んでるところ、ごめんなさい私も見たことがないです。せっかく奈良に住んでいながら、知らないことばっかりです。

  9. そのちゃん より:

    私も平日は外に出て歩くことがないので、休みの日はできるだけ歩くようにしています。お気に入りのコースは、車窓から明石海峡を見たあと、神戸の街をぶらぶら。たまに、異人館めぐりや布引の滝までハイキングとか。兵庫は広いので、もっといい場所があると思うのですが、交通の便がよくないんです。楠木は今までいろんな事を見てきたのでしょうね。魂が宿っているようで頼りがいがあるような気がします。

  10. コスモス より:

      そのちゃん、こんにちは。思いのままに一人でぶらぶらするのって、いいですよね。布引の滝にハイキングに行ったこと、ありますよ。 もう何十年前になるのかな~。この楠木を見ると、なにか大きな大きな 力 をもらえるようで、いつも見てさわってかえります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中