中宮寺・菩薩半跏像

 

歴史の教科書に載っているおなじみの 中宮寺の菩薩像は、エジプトのスフィンクス、

レオナルド・ダ・ビンチのモナリザと並んで、「世界の三つの微笑像」 と呼ばれてる中宮時のご本尊です。

 
                         絵葉書より

早くもコスモスの花が咲いているのを見かけ、法起寺のコスモスを見たくて、久しぶりに斑鳩にでかけましたが、

法起寺のコスモスはちらほら咲き、写真は次回にまわすことにして、法隆寺までいつもの散策コースを歩いてみました。

法起寺と法輪寺の三重塔をながめて、法隆寺のまわりを一周するのがいつもの散歩コースですが、

今日は、普段は横を通りすぎるだけの 中宮寺に立ち寄ってみることに。

まずは法隆寺の夢殿がある、東院伽藍に入ります。

                                       四脚門

夢殿を横目に奥に行くと、中宮寺の入り口があります。

中宮寺は、聖徳太子の御母、穴穂部間人(あなほべのはしひとの)皇后の御願によって建立された寺で、

創建の飛鳥時代から1300年、尼寺として続いているのは、日本では中宮寺だけだそうです。
                                                   (中宮寺拝観のしおり より)

    

本堂は、高松宮妃殿下が耐震、耐火の御堂の建立を念願され、昭和43年建て直しされました。

門跡寺院らしい優雅と、尼寺らしいつつましやかさに、昭和の新味を兼ね備えた御堂になったのだそうです。

 

国宝の菩薩半跏像は、飛鳥時代の彫刻の最高傑作だといわれています。

    
                                                            絵葉書より
前に座ってお顔をながめていると、不思議と心が鎮まってきます。

お参りしている人は、誰一人言葉を発する人もなく、じっと座ったまま菩薩像を見上げていて、

しばらくすると、静かに立ち去っていきます。

昭和の新しいお堂と、1300年の長い時間が流れる菩薩半跏像が、不思議な一体感を感じさせてくれます。

おごそかな空気がただよっていました。

★~ ★~ ★ ~★ ~★

中宮寺を出たところには、鎌倉時代に建てられた東院鐘楼があります。

この鐘楼は袴腰と呼ばれる形式の建物で、

「中宮寺」と書かれた奈良時代の梵鐘がつるされているそうです。

せっかくここまで来ましたので、夢殿がある東院伽藍にも入ってみました。

夢殿は、奈良時代に 観音の化身と伝えられる、聖徳太子を供養するための殿堂として作られた八角円堂です。

夢殿をかこむ回廊

 

鎌倉時代に建てられた舎利殿・絵殿

東大門から、法隆寺の西院伽藍をちょっとだけのぞいてみました。

法隆寺の正面に向かう通り、まぶしいほどの西日を逆光で撮りました。

もっと涼しくなったら、また時々来ようと思います。

広告
カテゴリー: 斑鳩の里 パーマリンク

中宮寺・菩薩半跏像 への18件のフィードバック

  1. abend より:

    こちらには葛菓子を食べに行きたくなります(笑)昨年行ったからなんですけどね近いうちに私も行きたいな~なんて思ってます。^^

  2. saganhama より:

    こんばんは(^ー^)ノ笑顔と言いますか、とても穏やかな表情をされてる菩薩様ですね。この像に限らず、仏像の前に立つと神聖な空気感に、心が癒されるような気がしてくるんですから不思議ですよね。悠久の時を表情も変えず、数知れない人を見て来られたと思うだけで不思議な力を感じますよ。法隆寺に行く石畳間違いなく39年前に歩いたはずなのですが、記憶に無いんですよ(^。^;) 歩いてる時の写真も有るのですが・・・・その頃は本当にこの様な場所に興味が無かったんだなぁ~と今更ながら感じてます。逆光の光の中から菩薩様が降りてきそうな写真ですね!それから前回の記事の乗鞍岳ですが、NHKの小さな旅(今は山の特集)と言う番組で放映してました。コスモスさんの記事とダブらせながら見ていたのですが、雪渓や高山植物それに岩場等の同じ風景が次々と画面に出てきて感動しながら観てましたよ。それから雪渓に、スキーのモーグル競技のコースを、個人で作られてる方の事も放映してましたが雪渓の写真にそのコースがハッキリと写ってますね。

  3. コスモス より:

      abendさん、いつも早々にありがとうございます。 葛菓子、売ってましたか? お店はのぞいたことがないので、知りませんでした。次に行った時に見てみます。 のんびりしに来てくださいね。

  4. コスモス より:

       hama²さん、こんばんは! いつも有難うございます。 私も中学生の時に修学旅行できましたが、何にも覚えていませんよ。覚えているのは五重塔だけで、たくさんの仏像を見たことすら 「記憶にございません」。興味を持つようになったのは、ほんとにごく最近、退職してぶらぶら歩きを始めてからです。 NHKの番組、見たかったです。今改めて雪渓の写真を見てみました。確かにデコボコが等間隔に写ってますね、全然気がつきませんでした。

  5. fujim より:

    コスモスさん こんにちはー「世界の三つの微笑像」 そんなことばもあったんですね。   見ているとこちらも清くなったような気がしてきます。さすが、 全体を包む曲線も素晴らしい流れ。  見とれてしまいます。最後の写真、 まるで広角レンズで撮ったような効果が出てますね! いつものコンデジですか?  腕がいいと違うモンですねぇ^^。 逆光と言うのがまたいいし、 平たく光る大地に人の影・・・ 立体的に浮く雲・・・対比と 遠近で とてもうつくしい・・・・・ 

  6. Pu'uwai より:

    こんばんは ぐるっとアラエッサッサーでたどり着きました。 安木節の間は難しいでしょうねぇ。友だちがね、「どじょうすくい」の踊りを習いに行こうと誘ってくれたけど、即却下あんな難しい間合いと踊り(ちとはじゅかし)出来ませんよ。中宮寺って尼寺なのですか。それは知らずに、、、、それで建造物全体の雰囲気がやわらかいのですね。菩薩半跏像悟りをひらいた尼さんのスマイルなのでしょうか。寂聴さんの満面の笑顔とは違うような、、、、、↓畳平のターミナル熊に襲われたのですね。 びっくり。

  7. billion より:

    神社すきですね。

  8. コスモス より:

      fujimさん、こんばんは。 三つの微笑像、中宮寺の参拝のしおりに書いてありました。他のお寺の仏像と比べると、とっても小柄で、いかにも尼寺らしい やさしい菩薩像です。最後の写真は、まったくの偶然です。まぶしいな~、と思いながらシャッターをきったら、黒~くなってしまって。ん~、 これって、 ちょっとおもしろいかも~・・と何枚かパシャパシャと撮りました。一番バランスの良さそうなのを載せてみました。

  9. コスモス より:

      Pu\’uwaiさん、こんばんは。 「いず~うも~お~~~」 頭の中をず~とメロディーが流れています。お掃除をしたり、台所に立つときは、よく民謡を聞きながらやるのですが、安来節になるといつも飛ばしていました。それほど興味がなかったのですよ。 でも習い始めてみると、節回しと間のとりかたが 難しいけどとってもおもしろくて、いま、はまりかけています。東の「江差追分」 西の「安来節」 と言われるだけあって、さすが横綱級です。 踊りはちょっと勇気がいりますね。やってみたらおもしろいかも知れないけど、相当年季がはいらないと、ただの「かくし芸」で終わってしまいそうだし。熊騒動、びっくりしましたよ~!私が歩いていた時も、近くにいたかも知れないって思ったら、ゾッとしました。

  10. コスモス より:

      narita billionさん、はじめまして! はい、静かな境内を歩くと落ち着くので、とっても好きです。身近に神社仏閣が たくさんありますのでね、ついつい足が向いてしまいます。仕事に追われていた頃は、いくら身近にあっても ほとんど行かなかったんですよ。退職して、気持ちに いっぱいゆとりが出来たら、あの雰囲気と周波数が合ったみたいです。

  11. jazzy より:

    コスモスさま少し微笑んでいるかのようなようなアルカイックスマイルまだ見たことがないのですがたしか飛鳥時代の古い仏像ですねこういう古代のものが残っている奈良は本当に魅力的です少し紅葉してきたらのんびりと訪ねる時間を持ちたいと思いますそろそろ秋桜の咲く頃ですね!般若寺はもう咲いてるでしょうか

  12. コスモス より:

       jazzyさん、こんばんは。 飛鳥時代に造られた仏像が、こんなにきれいな形で残ってるなんて、信じられないくらいですね。これから紅葉がきれいになってきますね~、行きたい所がいっぱいあるのに、仕事もしてないのに、何でこんなに忙しいのでしょう?今日、法起寺で出合ったおじさんが、「般若寺に行ったけど、コスモスは全然あかんかったわ、彼岸花は咲いてたけどな」と言われてました。 法起寺も花のつきが悪くて、まばらにしか咲いていませんでしたよ。

  13. 猫と薔薇と私と より:

    おお 懐かしの半跏思惟像です。学生時代に何度か訪れました。 中宮寺の壁はほじほじできませんでした。塗ってあるんやもん (^。^ ; )。でもちゃんと5本線ですね 皇室御用達マーク。 そういえば最近 奈良広告よく見かけますね。ちょっと 嬉しい。11月14日を過ぎたら出かけようと思います。葛の打ち菓子も欲しいし。彼岸花が 盛りですね こちらのコスモスは休耕田で 豊かに揺れています。 石舞台のコスモス どんな様子でしょう。 そうそう 山登り ステッキ怖いですよ~。リュックもちゃんと選べない人 装備の意味も解らない人 増えたんじゃないでしょうか。迷惑この上ないですよ 足元にリュック置けば もう少し詰めて乗れるのにね。 山歩きしない私でも 知ってることが何で わからないんでしょうねぇ 嘆かわしい!私は すぐに 指摘してしまうんですけどね(^0^ )。

  14. コスモス より:

       猫と薔薇と私と・さん、こんばんは。 中宮寺は他のお寺と、雰囲気がまったく違うお寺ですよね。新しい本堂のせいですかね~。11月14日、頑張ってくださいね。私も11月に 「秋田荷方節」 を初めてステージで演奏します。ゆったりした唄なのに、伴奏がめちゃくちゃテンポが早いんですよ。一年以上前から練習を始めて、やっと先生の唄の伴奏をさせてもらえることになりました。お互いに練習の成果が出せるよう がんばろうね。

  15. そのちゃん より:

    菩薩半跏像を拝見していると和やかな雰囲気に包まれそう。おみあしから流れるドレープが素敵ですね。東大寺あたりもいいですが、斑鳩にも訪れたくなりました。さっそく、奈良地図本を開いてカフェをチェックしています(笑。

  16. コスモス より:

       そのちゃん、こんにちは。斑鳩は、世界遺産の古いお寺はあるけど、静かな田園風景や柿畑のある、普通の田舎です。おしゃれなカフェは一軒もありませんよ。奈良町辺りで探してくださいね。

  17. 照れまん より:

         コスモスさん こんにちはーコスモスさんの写真は いつもながら ぴしゃっと決まってますねー。素晴しい!最期の逆光 なんか ピカ1.絵になりますねー。以前にも同じ場所を撮っておられましたが、前回とは逆向きでしょうか。本当に 素晴しい! 座布団一枚!中宮寺 というのは 法隆寺の隣というか 中にあるのですか。教科書で見たことのあるような 判か像。ここにあったのですね。漢字が難しくて、出てきません。登録しとかなくっちゃあ。

  18. コスモス より:

        照れまんさん、こんばんは~! 座布団、有難うございます。熱いお茶と、座布団がうれしい季節になってきましたね。逆光の写真、おもしろいでしょう、西日がきつくて、まぶしいくらい、とっても明るかったんですよ。シャッターをきったら、石畳が白く光っていたので、これはおもしろい写真が撮れるんじゃないかと思いました。私の写真はテクニックがなくて、成り行きと偶然だけです。以前の写真は、石畳の一番向こうからこちらに向かって撮りました。 そうなんですよ、中宮寺は法隆寺のすぐ隣にあって、入り口が東院伽藍を入った中にあるんです。散歩する度に入ってみたいと思うのですが、どこも拝観料がいりますので、たまにしか入れません。まわりをウロウロと歩き回っています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中