北アルプス登山 その2


 ★~ ★ 乗鞍岳 ★~ ★

平湯温泉で疲れた体をほぐし、おいしい食事にふかふかのお布団、

山小屋泊まりの登山では、考えられないほど贅沢な一晩を過ごし、

バスで乗鞍スカイラインを通って 2702メートルの畳平に向かいました。

 

ひんやりとした空気を胸いっぱい吸い込み、準備運動をして剣が峰に向けて出発です。

真っ白な雲海の中から、北アルプスの山々が浮かんでるように見えます。

残雪の斜面では、たくさんの若い人達が スキーやスノボーを楽しんでいます。

 

ヨツバシオガマ                        チングルマ                        コイワカガミ                                                                                

高山植物の女王といわれてるコマクサは、やせた土地に生育しているため、

水分を確保するために、根を地下に1メートルも伸ばしているのだそうです。

畳平から30分ほど歩くと、肩の小屋に到着。

少し休憩をして、ここからは剣ヶ峰(3026m)への登り、左奥の頂が剣ヶ峰です。

この登山道、富士山の登山道に似てます。

相変わらずガスが立ち込めて、行く先が見えません。

ずいぶん登ってきました、中央に見える白いドームのようなものは、コロナ観測所、

尾根の上は、吹き飛ばされそうなほど風が強くて、真夏なのに雨具を着てても寒かったです。

 

畳平から1時間半ほどの登りで、3026mの剣ヶ峰頂上に着きました。

ここには乗鞍本宮が建っていて、宮司さんもいらっしゃいます。

   

晴れていれば、槍ヶ岳や穂高連峰の山々、遠くは八ヶ岳まで見えるはずなのですが、

ぜ~んぶ、すっぽりガスに包まれていました。

登りではガスに隠れて見えなかった、権現池が顔を見せてくれました。

畳平の周辺は 高山植物の宝庫、車で来れるので軽装の観光客がいっぱい散策しています。

 

トウヤクリンドウ                      アキノキリンソウ                       ツガザクラ     
      
クロユリ                          ハクサンイチゲ                      ミヤマキンポウゲ
   

そして、一面に広がるコバイケイソウ

3時間ほどの歩きで、3千メートルの山の雰囲気を満喫しました。

これまでは、山小屋の雑魚寝に耐え、寝不足のまま厳しい登山をしてきました。

そのおかげで、アルプスの醍醐味を味わうこともでき、厳しい自然環境の中で生きている植物の美しさを知り、

雲海やその中から登ってくる 金色に輝く太陽など、すばらしい景色に出会うことが出来ました。

しかし、これからは無理をせず、体力にあった登山をしていこうと思います。

今回の、温泉付きの登山は最高でした。

広告
カテゴリー: 山歩き パーマリンク

北アルプス登山 その2 への14件のフィードバック

  1. abend より:

    自分では行くことのない風景をみさせてもらって嬉しいです。いろんな花が咲いてるんですね~^^清楚な感じでどれも素敵。登山 沢山の人が行かれるんだな~と今更ながらに思います。お疲れ様でした。楽しかったでしょうね。

  2. saganhama より:

    (*゜ー゜)vオハヨ♪ございます。雲間から覗く雲海と山々のコントラストが素晴らしいですね。やはり登って行かないと見れない景色を、見せていただきありがとうございます。ガスが掛かっているとは言え、澄んだ空気感は十分に伝わってきます。今は車やロープウエイで一気に2000m辺りまで行けるようですが、高山病は大丈夫かなと気に成りました。高山植物の数々以前は持っていく人がいると言ってましたが、今は大丈夫なのでしょうか?気軽に行ける畳平周辺等はチョット気になりますね。自分の体力に有った安全な登山。大切だと思います。これからもユックリな登山を楽しんでください。

  3. fujim より:

    コスモスさん 素晴らしい! すごいですねー! 本格的ですねー!  ゆっくり見せてもらいました。 見せてもらっただけで足は痛くなるは、 息は切れるは、もう動ケン!状態ですよ^^。 それに、これだけの高山植物の写真、 それもキチンと撮ってますよね。  まさに〝生きている植物の美しさ″を感じますよ。ハアァァ、、3000m・・・ ため息しか出ません。  登山した人はたくさんいらっしゃるでしょうけど、やはり知ってる人の登った話を聞くのは、ひとしおですよぉ^^。 ここに来ては楽しませてもらいます。でも、リュックも背負わないで登ってる人にはビックリ、、、  ちょっとムカッと下界から八つ当たりしそう・・・><ゞこれからも無理をせず、 体力にあった登山、 これは大事なことですよね。わたしもまあまあ 体力に合ったように、  行った人の話を聞かせてもらうだけの人生もある、 ということで・・・^^ 

  4. 照れまん より:

      コスモスさん こんにちはー西穂高 。 ピーピーピー! これはイエローカードです。       危険すぎ。岩がゴロゴロ、急斜面!  死にに行くようなものです。イエローカード一枚!それと、寝不足で 3000メートル??       ピーピーピー! 危険すぎ。 これもイエローカード、もう一枚追加!イエローカード 2枚で 登山は禁止です。 これからの登山は 駄目駄目!       もう、お孫さんが おられるのですから、登山は禁止します! コスモスさんは、これからの登山は一切禁止。          登ってもいい山は  若草山 と 甲子園のアルプス だけ。       それと、奈良県の三角点も認めますが、それ以外は駄目です。       観光バスが行くところまでです。それ以上 高い所は駄目です。禁止です。       天候が急変したり、たった一人調子を悪くしても、全体に影響が出ます。       高い山に登るのは、死にに行くようなものです。だから、これからは、レッドカードです。っと言っても、山好きの人には、無理なのでしょうね。頂上に登った時には スカ~ッ っとするのでしょうか。山の写真は綺麗だし、高山植物は綺麗に咲いているし、気持ちは解るのですが・・・。山好きの人って 多いですよね。それだけ魅力があるのでしょうね。平地に居ても、交通事故で死ぬ人は死にますからね。どちらが危険という事は言えないですかね。二階へ 階段を上るのもしんどい照れまんとしては、体力無さすぎでしようか???ちょっとは コスモスさんを 見習わないと いけないのかなあ・・・。アルプス乙女 でもかじりながら 写真を眺めておきます。くれぐれも気を付けて、では・・・・。

  5. コスモス より:

       abendさん、おはようございます。 高山は、短い夏に植物が一斉に花を咲かせます。辺り一面に色とりどりの花が咲いている、「お花畑」と呼ばれる場所がたくさんあるんです。それも、平地では見られないめずらしいお花ばかりなので、お花好きにはたまりませんね。は~い、とっても楽しかったですよ。

  6. コスモス より:

       hama²さん、おはようございます。 私は、いつも3000メートルまで登ってくると、頭が重~くなってきて、「ああ高山病だな~」って思いますので、標高計を見なくても、3000メートル地点がわかるほどなんですよ。今回は前日に2700メートルまで登っていましたので、体が慣れていて大丈夫でした。 高山植物を持って帰る人がいるって話、聞いたことがあります。山が好きで、苦労して登ってくる登山者にはそういう人はいないと思いますが、写真を撮るために、珍しい花が咲いていると、そのまわりが踏み荒らされてるのを見かけることがあります。珍しい花も、珍しくない花も、みんな同じ花なのにね。

  7. コスモス より:

      fujimさん、こんにちは。 山の上は別世界です。しんどい思いをして登るので、感激もひとしおなのだと思います。そろそろ、無理しちゃいけないな~って感じるようになりました。いままでは、石から石へ ピョン ピョン と飛んでいましたが、ねんざした時のことを考えると恐くてできなくなりました。重いリュックを背負って縦走するような、激しい登山はもうできませんが、今回のように、日帰り登山できるところで、温泉宿でゆっくり体を休められるようなのんびり登山を楽しんでいきたいと思っています。

  8. コスモス より:

      照れまんさん、こんにちは。 え、え~!、 イエローカード2枚に レッドカードぉ~! それはきついな~、若草山じゃ、幼稚園の遠足じゃないですか~。 でもでも、悲しいかな 体力の衰えは感じますよ。 やっぱ、しんどいもん! 5年前と同じようにはいかへんもん!登りたい山と 登れる山は違いますからね、その辺のところを しっかり見極めていかなな~って思ってます。 最近山の事故が多いですね。高山の自然状況も知らないで、岩場の訓練もしないで登ってくる人が多いようです。2000メートル以上の山は、いくらやさしい山でも 一歩間違えば大惨事になるような箇所が必ずありますからね。若い時なら なんなくクリアーできるところが、年とともにバランスが悪くなったり、注意力が散漫になったりして 危ないです。 平地で交通事故にあうより、山で事故にあう確立はずっと高いですよね。助けにきた人がヘリの墜落で命をおとしたり、まわりにかける迷惑は大きすぎます。 私の山仲間は、私よりずっと年上ですが、日頃の訓練はかかしません。クライミングをしてる人もいるし、週に2回はリュックを背負って山を歩いてます。一番だめなのが、三味線ばかり弾いてる私。「あなたが一番若いのに」っていつもはっぱかけられてますよ。みなさんそろって古希をむかえました。 すごいでしょう!

  9. ぶんちゃん より:

    私は蓼科いた頃登山したことありますよ。天狗岳や蓼科山を日帰りで登山しました。天狗岳に登山したときは朝5時にホテルを出て、戻ったのが20時過ぎでしたよ。今思えば一人でよくあんな無謀なことできたなと思ってます(#^.^#)

  10. jazzy より:

    コスモスさんこんばんわずいぶんご無沙汰していましたが夏山も行かれて充実ですね!乗鞍とか西穂高は高山だな~と写真を見ても感じさせられますね独立標高点まで行かれたんですね、僕も独標という名を耳にするとはやはりあの落雷事故を少し頭を過ぎりますね危ないことは十分に熟知しそれに対応できる日常の訓練とかは大切ですね天気図書いたりとか・・・良くしていました僕も最近は月一度行くくらいのクライミングジムが唯一の運動になってしまってますからこのままでは山は登れないです最近山での遭難多いですね、コスモスさんのおっしゃるとおり登りたくても自分の力量がなければ登ってはいけないですよ山はそこら辺をしっかりとわきまえて登らなければいけませんねそうそう、コマクサの根ってそんなに長く延びているのですか、全然知りませんでした僕も長く山行ってましたがコマクサはあまりお目にかかったことがないです南の御岳は見えましたか?

  11. コスモス より:

      ぶんちゃんさん、こんにちは。 天狗岳に一人で? 朝5時に出て、20時に帰宅ですか?若いから出来たことだと思いますが、何事もなくてよかったですね。朝はいくら早くてもいいのですが、午後になると雷が発生しやすくなりますし、疲れて怪我もしやすくなりますので、早出、早着は山では原則ですね。

  12. コスモス より:

       jazzyさん、こんにちは。 ロープウェーや、車で2000メートルまで行けますからね、簡単に高山を味わうことができます。登りたい山はいっぱいあるのですが、登れる山はほんとに少なくなりました。西穂はどうしても登りたい山だったのですが、もうあきらめざるを えないですね、淋しいですが。雲ノ平も、白馬から朝日岳への縦走も行きたかったし、北アルプスの表銀座も もう一度歩いてみたいし、奥穂にも もう一度登ってみたいし、言い出したらきりがないです。これからは、温泉泊まりの、日帰り登山できるところを探します。 コマクサに会うとなぜかうれしくなりますね。御嶽山、見えましたよ~、ほんの一瞬ですが。カメラを構えてるうちに、ガスの中にすっぽり隠れてしまいました。

  13. KEN16 より:

    ご無沙汰しております。気がつけば秋、秋、秋・・・夏と秋の狭間でのんびりしてましたが、お三味線の次は山登りですか!西穂高、乗鞍の山登り・・・霧に前方を遮られ険しい岩場を登りつめ、絶景や高山植物に出会う快感!登った者にしか分からない天空の臨場感をKENも味わいたいですねーェ。本格的な登山を知ってないものですから、羨ましいですねーェ!ロープウェイーで2000メートルも一気に高く登れるのは知りませんでした。それにしてもその辺りの山々はコスモスさんの庭のようなものでしょうねーェ!ますますお元気で何よりです。またまた・・・

  14. コスモス より:

        KENさん、こんにちは。 秋になりましたね~、朝夕ずいぶん過ごしやすくなりました。ロープウェーで、一気に2000メートル近くまで登れる山は他にもありますよ。 庭のようなものという訳にはいきませんが、乗鞍岳は三度目でした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中