石仏の道

見る人の顔が思わずほころんでしまう、「笑い仏」 です。

奈良の古いお寺や歴史の道といわれるところには、

石に刻まれた仏さまを、あちこちで見ることができます。

奈良市のはずれ、京都府に入った所にある浄瑠璃寺から岩船寺までは

「石仏の道」 と言われていて、お寺のお庭や三重塔を見たり、

静かな山道の途中にある さまざまな石仏を眺めながらのんびり歩けるハイキングコースです。

浄瑠璃寺の本堂

平安時代に造られた庭園は、池をはさんで西に阿弥陀仏、東に薬師如来という極楽浄土を表していて、

当時のままの姿で残されているこの庭園は、国の特別名勝に指定されています。

 
九体阿弥陀仏が安置されてる 「本堂」 (国宝)                      薬師如来像が祀られてる三重塔(国宝)

三重塔のそばにはシャクナゲの花が満開でした。(4/22)

★~ ★~ ★~ ★~ ★~ ★

岩船寺へは、山の中や民家の間を 細い道がうねるように続いています。

 
                                           あたご灯籠
その途中で、さまざまな石仏に出会います。

   
藪の中の三尊                      阿弥陀如来、坐像                        地蔵菩薩、立像

歩き始めて一時間たらずで岩船寺に到着。

  

春は若葉に囲まれたベンガラ色の三重塔がとてもきれいですが、

真っ赤な紅葉のときにまた来てみたいと思いました。                                        

境内に咲いていたオオテマリと赤いしゃくなげです。

 

広告
カテゴリー: 神社、仏閣 パーマリンク

石仏の道 への16件のフィードバック

  1. saganhama より:

    こんばんは(^ー^)ノコスモスさんの写真を見ながら何時も感じるのは、大和路の寺社は年月を経てるからでしょうね。見事に自然と同化してる様に見えます。石仏にはそれを作ったり、設置した方の思いや願いが感じられて不思議な空間を作ってますね。時空を超えて語り合えたら、等と思えるのも石仏の魅力かな。本日のベストショットは三重塔にもみじ・・・少し高い位置からのアングルが良いですねぇ~(*^-^)ニコ

  2. 猫と薔薇と私と より:

    オオデマリでしたか 紫陽花かと思っちゃった。 緑とピンクの対比が素敵ですね。人間のちゃちな色合わせなんて目じゃないや。道中の 石仏 誰がどんな思いで彫ったんでしょうね。 近所の五百羅漢さんを見るたびに 誰がどんな思いで?と一つ一つ 見てしまいます。こんなに石仏あったら どこかに親の顔があったりするんだって。母が 幼い頃なくした自分の母の顔を探すと言っていました。 若葉の中の朱塗りの塔 建造者はこれが見たかったのかな。どなたの発願でしたっけ?

  3. コスモス より:

       hama²さん、奈良時代の建造物は、飾らない素朴な形が多いからでしょうか、山の中や田んぼの中にあっても違和感がありませんね。実際に見ると、一つ一つの塔がみな違うのですが、写真に撮ると同じように写ってしまいます。アングルも同じようになってしまいますしね。岩船寺の塔は裏山から降りてくる途中、塔の真ん中辺りを通りましたので、そこから撮ってみました。

  4. コスモス より:

       猫と薔薇と私と・さん、オオデマリの前には紫陽花がいっぱい植えられています。もう少ししたら、紫陽花の寺としてにぎわうと思いますよ。親の顔があるんですか、今度は絶対にさがしてみよう。浄瑠璃寺も、岩船寺も 聖武天皇が行基さんに命じて建立させたと書いてありますね。

  5. abend より:

    こんばんは~綺麗ですね。細い道と仏像がすごく似合う気がします。綺麗な花々ですね。花は庭で咲くのも素敵だけどその背景が、結構重要な気がしています。

  6. そのちゃん より:

    大和路信濃路の小説を写真にしたら、きっとこんな感じでしょうね。もみじの頃に訪れてみたいです。おにぎり持って♪

  7. コスモス より:

    abendさん、にぎやかな街の中より、何にもない山の中の道端にあるのがいいですね。ほんとにそうですね、バックの景色によって花が生かされてくるし、きれいに咲いてる花のお陰で、バックの景色の趣がでてきたりしますので、カメラを向けるときは、そんなことを重視してアングルを決めます。

  8. コスモス より:

         そのちゃん、どちらかというと、浄瑠璃寺も岩船寺も紅葉の方がよく知られていて、訪れる人も多いです。おにぎりを持ってブラブラが一番似合うところですね。

  9. fujim より:

    ベンガラ色の三重塔、 広角レンズじゃなくてもこんな風に撮れるんですか~? 高いところからの目線が・・・と先日から思ってたら既に先客さんが同じコトを言ってらっしゃいますね^^。シャクナゲもアジサイも行って見ましたが、 コスモスさんのようにはうまく行きませんよ。あ、そうだ、  タンポポモドキ、こちらにもありました! 咲いてる分量は違いますけどね^^。

  10. Jass より:

    どちらも趣のある、よいお寺ですね。 ぜひ行きたいところリストに入れました!新緑の頃に訪ねるのもいいですよね! 石仏めぐり、中学の頃同級生の男子の間で流行っていたけど、思えば老けた趣味ですね(^_^)

  11. コスモス より:

       fujimさん、お返事、遅くなってしまってごめんなさい。三重塔のすぐ横をおりてきましたから、間近で撮ることができました。そろそろあじさいの季節ですね。毎日もたもたしてるうちに、季節がどんどん移りかわっていきます。タンポポも、タンポポモドキも、外来種は強いですね、すごい勢いで広がっていってます。

  12. コスモス より:

       jassさん、こんばんは!しっとりと落ち着いたお寺で、浄瑠璃寺の九体の阿弥陀如来像はみごたえがありますよ。中学生の男の子が石仏めぐりっておもしろいですね。あちこちの仏像を見てまわっていると、わからないなりにも、何となく「すごいな~」とか「いいな~」とか思えるようになってきますが、石仏にも、そういうものがあるのかも知れませんね。

  13. Pu'uwai より:

    こんばんは奈良京都と言えば、日本を代表する観光地ですね。京都があまりに観光地の定番化しているせいか、コスモスさんの見せて下さる奈良がすごく落ち着いて見えます。こういう所なら行ってみたいなって気がします。石仏さまは何を語りかけているのでしょうか、、、、きっとこちらのこころをうんうんと聞きとってくれるのでしょうね。 大手鞠の緑が落ち着いてますね。最近この真っ白い園芸種をみましたが、カタカナ名でした。

  14. fujim より:

    遅くなりましたが今頃になってやっと気がつきました~^^ゞ そして 「承諾」 ってしたらもう一度やり直してくださいのメッセージ><;コメントもどこかに入れられたのかもしれませんがよく分かりませんのでこちらに。私のMSNブログはあってないようなものですが、 これからもgooブログでよろしくお願いします。

  15. コスモス より:

       Pu\’uwaiさん、こんばんは。奈良は、とっても田舎なんですよ、歴史の重みは感じますが、ひなびた所が多いです。それだけに、素朴なたたずまいのお寺や 塔や 仏像が 安らかな落ち着いた気分にさせてくれます。このオオテマリ、きれいでしょう!葉っぱとよく似た黄緑色が、とっても新鮮でした

  16. コスモス より:

       fujimさん、こんばんは。有難うございました。やっとfujimさんの名前がはいりました。今週の土日、二日間連続で「民謡ショウー」をするんです。今、連日お稽古に追われていますが、これが終わったらまた ぶらっと歩きに出たいと思ってます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中