平城宮跡

昨日は朝から青空が広がり、風がとってもさわやかな日でした。

根を詰めてやってきた三味線のお稽古を一休みして、平城宮跡に散歩に出かけました。

緑がずいぶん濃くなって、手入れの行き届いた平城宮跡の中は、シロツメ草とタンポポ、

そして、小さな野の花がいっぱい咲いていて 春を満喫することができました。

カメラを左に振ってみると、こんなにシロツメ草が広がっています。

子供の頃は、真ん中に座り込んでお花をいっぱい摘み、まず冠を作り、

その所々に赤や黄色の花を差し込んで頭にのせ、お姫様になった気分で楽しんでいました。 

遠くに若草山が見えています。

少し奥に行くとタンポポがびっしり咲いています。

道端に咲いてるタンポポと花も葉も同じですが、とっても背が高くて、30~50センチもあります。

タンポポと思っていたこの黄色い花は、「豚菜」 という外来種で別名 「タンポポモドキ」 というそうです。

猫と薔薇と私と・さん、教えてくださって有難うございました。

奥に第二次大極殿の跡が見えています。

第一次大極殿は、来年の 「平城遷都1300年祭」 に向けて復原工事が行われています。

第二次大極殿の跡に上がってみました。

北側は、天皇の住まいがあった内裏と呼ばれてるところで、

発掘された建物の柱の跡に 「つげの木」 が植えられています。

こちらは平城宮跡の正面で、壬生門跡があり 右には朱雀門があります。

復原工事が行われてる「第一次大極殿」の前では、大極殿の院内庭の発掘調査が行われていました。

大極殿は、都城のなかでは天皇の即位や、元日の朝賀、外国使節を迎えるための重要な場所で、

調査されてるのは、その建物の前の回廊に囲まれた庭の部分だそうで、

いずれはこの辺りも復原されるようです。

木陰で本を読んでる人や、広い草原の真ん中で肩を寄せ合ってるカップルや、

犬とたわむれてる人、はしゃぎながらバクテンの練習をしてる中学生のグループなど、

ゆったりとした時間が流れる平城宮跡は、最高の散歩コースです。

とってもさわやかな五月晴れで、調子に乗って歩きすぎて少し疲れました。

最後に 「悠々日記Ⅰ」 にも載せた生駒山に沈む夕日、再度の登場です。

広告
カテゴリー: 平城宮跡 パーマリンク

平城宮跡 への16件のフィードバック

  1. abend より:

    こんにちは。こういう素朴な野に咲く花がほんとうに綺麗に見える場所だと思います。最後の夕日綺麗ですね。生駒 トンネルの長さに行く度大きな山なんだな~って思います。

  2. 照れまん より:

          コスモスさん ご無沙汰してま~す平城宮の広いこと。それに空が真っ青。綺麗ですね。以前に 簡保の宿 が話題になった時、永六輔氏が 奈良の平城宮の側にある 簡保の宿は 居心地がよくて素晴しい。ものすごく人気があって、いつも満室で とてもいい宿です、などと言ってましたね。奈良の山並みの深さ、それから、室生寺も何度も見せていただきました。五重の塔が立派に再建されて、よかったですね。では、また・・・・。

  3. fujim より:

    お稽古を一休みして一歩き、、、 緩急のある生活はメリハリがあっていいですねぇ。そういえば最近の私は、 のんべんだらりと何かをしてるか、 のんべんだらりと何もしないかの毎日のような・・・^^。そんなことではダメですねぇ・・・。シロツメ草の花も大きそうですが、 30~50センチのタンポポとはまた大きいですねぇ。  ストレスがないから^^?どこも広々とした風景で、 な~んかいいですねー、 コスモスさんの目で見てるからですかね。 

  4. saganhama より:

    こんばんは(^ー^)ノ平城宮はいつ見ても広い。当然ですね(#^_^#)先日ニュースで、此処に無断で穴を掘ったフトドキ者がって言ってましたね。ただただ広くって自然が沢山、こんな場所大好きです。「平城遷都1300年祭」の前に尋ねてみたいです。来年は混みそうだから・・・(笑)

  5. コスモス より:

      abendさん、こんにちは。第二阪奈道路ができて便利になりましたね。宝来から奈良までの高架が完成してきましてきましたので、もっと早くなりそうですよ。

  6. コスモス より:

        照れまんさん、こんにちは。この日は少し風が強かったのですが、とってもさわやかな気持ちいい日でした。奈良公園に向かう電車が平城宮跡の真ん中を通るのですが、黄色い花がいっぱい咲いているのが目に入ったので、帰りに寄ってみました。簡保の宿はすぐそばにあって、私もよく利用します。温泉だけ入りにいったり、カラオケに三味線を持ち込んで 数人でお稽古したり、今年の初めには、いつも旅行を一緒に行ってる仲間で一泊しました。仕事で参加できない人でも、夜になってからこれますからね、毎年新年会はこのパターンに決めました。早いチェックイン、遅いチェックアウトで翌日のお昼ごはんがついた、「お篭もりプラン」というのがあるんですよ。

  7. コスモス より:

        fujimさん、こんにちは。私も仕事をやめてからは、のんべんだらりと過ごすことが多くなりましたよ。今はちょっと難しくて、早いテンポの曲にとりくんでいますので、三味線を持って座ったら、何時間も座ったままになってしまうんです。なので、今日は歩く日と決めて出ていきます。fujimさんの 「コスモスの目」 という言葉にちょっと「ドキッ」私が写した写真は、私の目でみた景色なんですね。 当たり前のことだけど。たくさんの人が同時にここで写真を撮ったら、十人十色の平城宮跡が映し出されるのかな~。今は 「きれい」 とか 「気持ちいい」 とか 「さわやか」 とかいう想いだけで撮っていますが、言葉を使わなくても、自分の考えを伝えたり、気持ちを表現できる写真が撮れたらいいですね。

  8. コスモス より:

         hama²さん、こんにちは。昔は、一番にぎやかな都だったのでしょうが、今はただ広いだけです。来年は、ここを中心にいろんなイベントが催されるようですが、このまま静かで広い原っぱだけがいいな。ニュース、私も見ました。朱雀門の近くと聞いていたので見たのですが、わかりませんでした。もう埋められたのかもしれませんね。道路も急ピッチで整備されていますし、来年は混みそうですよ。

  9. KEN16 より:

    ご無沙汰しております。シロツメクサの広い草原の空間が何もかも忘れさせますねーェ!いやいや、コスモスさんにはお姫様を夢見た子供のころを思い出されましたか?区画、区切りのためか?辺りに植えられている木々は、どんな樹種かな?秋にはどんな秋色になるのでしょうね?来年の平城遷都1300年祭には、このシロツメクサの草原がどのように変ってるのか、変わってないか楽しみですねーェ?古い建物を顕彰する柱跡には“つげの木”?の大杭ですか!(そんな大きな”つげの木”があったのかなーァ?)ところで”大極殿の復元”もされるのですか?そのツメクサの原辺りから眺めると新たな時の流れを実感できるのですねーえ!ますます楽しみな奈良の都のこと…目が離せんねーェ!またまた寄らせてください・・・

  10. Jass より:

    こんにちは!最後から2枚目の仲良し中学生(?)の写真、とても好きです!シロツメクサで冠、作りました! 私は、所々にアカツメクサ(?)を入れました。

  11. 猫と薔薇と私と より:

    平城宮 三宮から近くなりました。時間作って 秋の紅葉に行きたいものです。 このたんぽぽ 外来種で 箆葉たんぽぽとか 豚菜とか 呼ばれてたと思います。こうやって見ると やっぱり宮殿て広いですね、ここを ヒレをなびかせながら采女達が 歩いていたのかな。 奈良時代の服装 とても軽やかで夏向きだと思いませんか?私も 着てみたいなぁ。資料調べて 作ってみようかしら 死ぬまでに アハハ(^。^ ; )。 そうそう この前 琵琶の演奏会行ったんですよ 女性でした、 琵琶には絶対奈良朝の衣服ですよ。平曲だったのですが 気持ちよくて ついウトウト 申し訳なかったな。

  12. コスモス より:

        KENさん、こんにちは。いやぁ~、今では想像もつきませんが・・ あったんですよ~、私にもそんなかわいらしい時期が。  「うさぎ追いしかの山 小鮒釣りしかの川」 の中で育ちましたから、素朴な女の子でした。普段は、広いところに人も少なくて、好き勝手に歩くのにとってもいい場所なんですよ。広いところと、高い所は気持ちいいですね。

  13. コスモス より:

        Jassさん、こんにちは。私もこの写真が一番よく撮れたかな~と思って、始めはこれだけ載せようと思っていたのに、あれこれ見てるうちに、同じようなのをいっぱい載せてしまいました。みんな同じようなことをして遊んでいたんですね。女の子は、お姫様や お嫁さんや お母さんにあこがれましたね。

  14. コスモス より:

        猫と薔薇と私と・さん、こんにちは。花も葉っぱも、タンポポそのものだったんですけどね、異常に背が高いからおかしいと思っていました。「豚菜」って言うんですね、調べてみたら別名 「タンポポモドキ」 というそうです。外来種は何でも強いですね。奈良時代の服装はヒラヒラと軽そうで、今の時代でも着れそうですね。平安時代の豪華な着物や十二単と比べると、違う国の衣装みたいです。

  15. そのちゃん より:

    爽やかな空気が漂う風景が続いていますね。思わず深呼吸しました。す~は~す~は~(笑。シロツメクサやタンポポ見てるとお昼寝したくなります。夕日に映える平城京跡は絶景ですね!まるで影絵の世界・・・。

  16. コスモス より:

     そのちゃん、こんにちは。実際にお昼寝してる人もいましたよ。最後の写真を写したときは、まだ辺りは明るかったのですが、夕日にピントを合わせるとこんな影絵のように写りました。撮り方によって全然違う景色があって、写真ってほんとにおもしろいと思いました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中