大峰奥駈道

雨のために中止になったり、発表会と重なって参加できなかったりと

今年になって二度目、久々の登山になりました。

5年前、吉野山・高野山から熊野にかけて [紀伊山地の霊場と参詣道] として世界遺産に登録された中で、

桜で知られる吉野山から、近畿の屋根と呼ばれてる大峰山脈を通り、和歌山県の熊野本宮大社までを大峰奥駈道といいますが、

今回はその途中にある、四寸岩山(1236M)に登りました。

 

桜の季節が終わり、訪れる人がなくなった吉野を通り過ぎて、四寸岩山の登山口まで細い林道をマイクロバスで走りました。

奈良を出発した時は青空が出ていたのに、厚い雲が覆ってきて、

バスを降りると 寒い! 吐く息が白く、風も強い。

それでも登り始めると、体が少しずつ温まり快適に歩くことができました。

冬の山と違って、この季節になるといろんな山野草に出会います。

一番多いのがスミレ、白っぽくて小さな花が登山道の脇に競うように咲いています。

シャガもかなり群生しています。

     

ヒトリシズカ                                   オドリコソウ 
     

クロユリを小さくしたような この花、ハシリドコロ といって毒花。

食べると、所かまわず走りまわって苦しむことから、名前がついたそうです。

 

四寸岩山の山頂には、「二等三角点 心見ノ峠(こころみのとうげ)」 が設置されています。

山頂は気温0度 強い風に体温を奪われて、とにかく寒い。

マフラーや毛糸の手袋を持ってこなかったことを後悔したものの後のまつり。

フリースを着て、防寒用の雨具の上下を着て、風のあたらない山陰に座り、そそくさとお弁当を食べましたが、

熱々のお味噌汁(インスタント)が体を温めてくれました。

いつものように点名版を取り付けて、休憩もなしで 急いで下山することになりました。

ここからは12キロの下り、心臓は楽だけど結構足にくる。

初めは調子よくトントン降りていたのに、だんだん膝がガクガクしてきた。

途中で眺める山また山の大峰山系に癒されながら、その時だけは不思議と足のガクガクがとまるんですよね。

 

 

三角点から降りてくると、「従是女人結界 」 の石碑が建っています。

大峰山は女人禁制が今なお守られている信仰の山で、

昭和45年まではここから先へは、女性は入ることができませんでしたが、

今では、禁制点が移動され もう少し奥まで入れるようになっています。

 

「女人結界」の石碑を後に、吉野の奥千本にむかいます。

吉野に向かう道は、修行とは程遠い よく整備された、歩きやすくて自然に恵まれた気持ちのいい山道でした。

 

 

吉野の奥千本には、源頼朝の追討を受けた 義経がかくれていた金峰神社(義経隠れ塔)があります。

水の神様をまつる、「吉野水分神社」 (よしのみくまり神社)

ここも世界遺産に登録されています。

   

ここは、、世界遺産の「金峰山寺蔵王堂」を中心に、桜の山が見渡せる絶景のポイントで、

今は緑に覆われていますが、桜が満開のときは山全体がピンク色にそまります。

翌日は思ったとおり ひどい筋肉痛で、階段を降りるのがたいへん、

がにまたで びっこひいて降りています。

広告
カテゴリー: 山歩き パーマリンク

大峰奥駈道 への18件のフィードバック

  1. saganhama より:

    おはようございます(^ー^)ノ大嶺奥駈道、世界遺産の熊野古道の一つで全長が140キロあるんですね!熊野古道って一つだと思ってたのですが、六つあって世界遺産はその内の五つで紀伊道は登録されてないそうで・・・NETで調べてみたらこんな事が判りました。皆さんの色々な記事を切欠に少しずつですが知識が増えてます。と言っても忘れる事も早くなってるので・・・(^。^;)関西は世界遺産が多いんですね。長い間古くからの物を大事にしてるからでしょう。関東は日光しかないんですよ!!歴史のある町や自然は数多くあっても世界遺産と言える処が少ないのには、あらためて驚きです。登山は登るときもきついですが、下りの時に気をつけないと足を痛めますね。はるか前に登山した時のこと思い出しました。

  2. abend より:

    おはようございます。お疲れ様でした。綺麗なところですが、筋肉痛になるのがわかりますね。世界遺産との事 行きたいな~と思いつつも暫くは無理でしょう(笑)櫻の時期に吉野には行って見たいと思っています。奈良寒いのでしょうね?

  3. ぶんちゃん より:

    ここに来ると生まれ故郷思い出します。獣道を9年間学校に通ったこと、山野草や山菜と触れ合ったことなど懐かしい思い出です。私が学校に通った道は4人が歩いている写真よりも狭い道でしたよ。桟橋(等間隔に丸太が渡された橋)が怖かった日々でした(^^♪

  4. コスモス より:

       hama²さん、こんにちは、いつもありがとうございます。私もみなさんの記事を読ませていただいて、今まで知らなかったことを いっぱい教えていただいて、広く浅くですが、知識がふえました。関西に世界遺産が多いのは、古いものを大事にしていることもありますが、関東のように、新しいものがどんどん入ってきて、進化していくことが少ないからでしょうか。登山は、下りが強い人が ほんとに強い人ですね。登りは 自分の体力に合わせて、時間をかけて登ればいいのですが、くだりはそういう訳にはいきません。若い時は6,7時間の下りでも平気でしたが、今はこたえます。ポンと飛び降りられるところも、飛ばないように注意しています。膝を痛めたら恐いですからね。

  5. コスモス より:

       abendさん、こんにちは! いつも早々に有難うございます。せめて一ヶ月に一度くらい本格的に登山をしていれば、筋肉痛になることはないのですが、しばらく間があきましたのでね、今回は覚悟していましたが、思ったとおりでした。吉野の桜はソメイヨシノじゃなくて、葉っぱがいっしょに出る いわゆる山桜です。華やかさはありませんが、やさしくておしとやかな桜です。満開のときは、押し合いへしあい、ものすごい人ですから、バスで一気に奥千本まで行って、上から眺めながら降りてくるのがお勧めですが、かなり歩かなくちゃならないので そのおつもりで。

  6. コスモス より:

       ぶんちゃんさん、こんにちは!そうなんですか、私がいつも歩きに行くような山の中で子供時代を過ごされたのですね。私も田舎育ちですから、子供の頃は 山の中を走りまわったり、木に登ったりして遊んでいました。ですから今でも、街の中は興味がなくて、いつも山や里を歩きにいってます。丸太が二本渡してあるだけの橋は恐いですが、反面おもしろさもありました。奈良の山にはめったにありませんが、北アルプスの山に行くとよくありましたね。

  7. jazzy より:

    コスモスさまこんばんわ、なんか大変久しぶりです、年度末からけっこう忙しくてみなさんのところにお伺いできませんでした大峰、久しぶりに登られたのですね、遠望してみるとまだ霧氷か雪か頂きには白くなっているところが・・・さすがに近畿の屋根ですね、1700~2000メートルのうねるような山並みは大峰の懐の深さを改めて感じさせられますね僕も、登りよりも下りが閉口します、膝に来るんですよねぇ~、こんなことなかったのにと、思いつつ。。。ところで法然院行かれたんですね!あそこのツバキ見られたんですね、羨ましい有名な五色八重散椿ですよ奈良も京都も意外と散椿に名木が多いんです東山とか茶道をイメージするとかなり異なりますね白毫寺の散椿とはまた異なるツバキみたいですよ白毫寺の方が品種としては珍しい品種になりますが法然院の境内ってなんか身が引き締まるような静逸感がありますね今年はコスモスさんに教えていただいたサクラ絶対行こうと思ってたのですが残念ながら日がとれなくて行けませんでしたまたの機会を楽しみにしたいと思ってます

  8. コスモス より:

       jazzyさん、こんばんは。この程度で筋肉痛」になったり、膝が痛かったりするようではどうしようもないですね。せめて一ヶ月に一回は登りたいと思っているのですが、予定が入ったりしてままなりません。一人で歩くと 人通りの多いところしかいけませんしね。法然院はもう一度いってみたいと思っています。あの椿、有名な椿だったんですね。かなり大きな樹で、いっぱい花がついていました。お部屋の中の襖絵がすばらしかったです。桜の花は見るところがいっぱいあって、なかなか行けませんね。私でも ひと季節に2、3箇所行けたらいいところですのに、お仕事されてる方はそうそう行けませんよ。リタイヤされたら、ゆっくり訪ねてみてください。  あらぁ~、まだまだ先の話でしたね~。

  9. ぶんちゃん より:

    丸太橋を踏み外し、滝つぼに転落したことがありました。先輩がいたので助けられましたが、ほんと恐怖でしたよ。以来、水恐怖症に陥り、今でも膝より深い所には行きません。泳ぎも一切しません。幸い、浜名湖は遠浅なのでたまには奥まで進むことありますがね。

  10. コスモス より:

    ぶんちゃんさん、そんなことがあったんですか!それは恐い体験されましたね、水恐怖症になるの、わかります。先輩といっしょでほんとによかったですね。

  11. 愛月 より:

    コスモスさん、こんばんは。夜分遅く、それも大変久しぶりで、ごめんなさい。久しぶりに大峰、登られたのですね。筋肉痛しばらくタイヘンです。上りより降りる階段がきついんですよね。奥深い山々は、厳粛そうですね。山野草を見つけて喜ぶコスモスさんの声が聞こえそうでした。

  12. コスモス より:

       まるちゃん、こんばんは!私のほうこそご無沙汰でごめんなさい。時々山を歩いていればこんなことはないのですが、しばらく登ってませんでしたからね。山野草を見つけながら歩くのは楽しいですが、名前がぜんぜん覚えられません。どんなに小さな花でも、それぞれに自分を主張していて、それぞれの咲き方をしています。とっても けなげですよ。

  13. fujim より:

    こんにちは~そこに来た人しか見ることができない景色、 足のガクガクを忘れてしまうのが分かるような気がしますよ。ヒトリシズカってこんなんですね~! けっこう葉は大きいんだー。  これなら出会えば分りそうですね。オドリコソウもきれい、かわいい! シャガの隣りもすみれですか?  めずらしい花ではないでしょうか。オトコ士のリュック姿を見ると、 前のブログを思い出して、あの中にナニが詰まってるやらと、 ニャっとしてしまいます うふふ。ところで、 MSNブログのコメントなどはそこを開かないと分らないようになったんですね?実は自分の「夏つばき」を書いたときに、 たしかコスモスさんのところで花の記事があったようなと思って、前のブログを見ようとしたのですが、 鍵が掛かってて見られませんでした。トントントン、開けて~! やってみたけど、 音沙汰ないので、 ま、いいや、 まだ帰ってないんだ~^^ひょっとしたら、 慣れないので扉の叩き方が間違ってたかもナーなどと思いながら、 放っていました^^。

  14. コスモス より:

       fujimさん、こんにちは。スミレは左端で、シャガの隣は名前を教えてもらったのに忘れてしまいました。書き留めておけばいいのに、その時は覚えたつもりで帰ったら完全に飛んでしまってます。私の前のブログ、めったに入ることがないのですが、たまたま開けたときにfujimさんからのメールを見て開けたのですよ。ごめんなさい、開け方が間違ったかな~、今もう一度やりなおしました。前はサインインするときに、両方のWidows Live ID が表示されてて、入りたいほうにクリックすればよかったのに、今は、「別のアカウントでサインイン」をクリックしてから、別のLive ID とパスワードを入力しないと入れません。面倒なので、ついつい以前のブログはほったらかし状態になってしまっています。

  15. 猫と薔薇と私と より:

    まだ  山桜が残ってるところあるんですね。 花の吉野 来年もう一度 挑戦しようかな。しゃくなげも咲いていいなぁ こんな道  私には到底無理なんですけど。 下千本で十分です~(^。^ ; )。奥駆けなんてとてもとても!シャガの隣はエンレイソウ?

  16. コスモス より:

    猫と薔薇と私と・さん、奥千本にはまだ少し咲いてる木がありましたよ。シャガの隣の花、ミヤマ何とかだったとおもうんだけど、今調べてみたら、ミヤマエンレイソウというのがありますね~、似てるように思うけど、わかりません。今度から、教えてもらったらすぐメモすることにしますね。

  17. meiya より:

    コスモスさん今晩はぁ。この素晴らしい風景を見逃す所でした。(*^ – ^*)ゞ ポリポリ大峰山系・・・吸い込まれそうなほど奥深い連山なのですね~。登山と言っても、道なき道を進んでるようにも見受けられるのですが余程慣れた人でないと登山は出来ないのでしょうね?と言うのも・・・白い小さなスミレの文字が・・・・。(^0^; アハハ…このコースは沢山スミレがあるのですか?写真では少し距が長くも見えるのですが、普通のタチツボなのかなぁ?吉野の千本桜、一度だけ行った事あるのですが、ちょうど雨で傘を際ながら少しだけ散策したことを思い出しました。金峰神社・・・そんな伝説があるのですかぁ。さすが古の奈良の都、何があっても不思議ではないようなきがしますね~。「金峰寺蔵王道」でしたっけ?正面に太い柱があるお寺・・・。もうかなり前になるので、おぼろげにしか浮かんでこないのですが・・。

  18. コスモス より:

    meiyaさん、ここまで来てくださったんだ~、有難うございます。奈良県の南半分はこんな奥深い山ばっかりなんですよ。もっと奥に入ると本格的な登山になって、相当体力に自信がないと登れませんが、この辺りは大丈夫ですよ、車道も遠くないところにありますし、人が踏み固めた道がつながっていますから。お花はそれほどたくさん咲いていなかったのですが、すみれだけはいっぱい咲いてました。白に近い薄~い紫で、どこでも見かけるような ふつーのすみれです。   (ごめんなさい、こんな表現しかできない、笑わないでね)花を大きく写したらピンボケでアップできませんでした。最高の条件でお花を見るのは 難しいですね。お天気が悪かったり、まだ咲いてなかったり、終わりかけていたりと。だいぶ前になるけど、meiyaさんのところで山が桜で埋もれてた写真がありましたよね、吉野みたいやな~、と思って見たのを思い出しました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中