ふるさと

 

法事に出席するため、ふるさとの鳥取に帰ることになりました。

朝5時に出発、真っ暗で 慣れない大阪の街をおそるおそるの運転。

赤信号なのに平気で横断してる歩行者、車は少ないけど危ないよね~、運転する方がヒヤヒヤです。

大阪をぬけて、中国道に入った頃に やっと白々と夜があけてきました。

中国道をおりると、工事中だった無料の高速道路が開通していて、3時間半で夫の実家に到着。 ずいぶん近くなりました。

懐かしいふるさとの景色と、ふるさとの方言に包まれて、

これ以上の癒しの空間はありません。

お墓の近くで「ふきのとう」を見つけました。

♦~ ♦~ ♦

ふるさとに帰ると、いつも迎えてくれる高校時代の友人がいます。

彼女はとっても真面目で 控えめで 成績がよくて、声がきれいで、、ピアノがとっても上手でした。

授業が終わると 西日の当たる音楽室で、いつも一緒にいたのを覚えています。

コーラスでは二人共ソプラノで、いつも私の右側に立っていましたが、

たまに左側にくると、「何だか落ち着かないわ~」と右側に移動していたものです。

♦~ ♦~ ♦

私がふるさとを離れる時、二人で「砂丘」に行きました。

何を話したのか、全く覚えていませんが、砂の上に腰をおろして長い時間語りあいました。

 

 

帰りに駅前のデパートで、記念におそろいのイヤリングを買いました。

小さくて、真っ白で、とってもかわいかったのに、

今では、黄色く変色してしまいましたが、40年大切に持っています。

今回このイヤリングを持って帰りました。

「覚えてる?」  「覚えてるよ~!」

 

ふるさとを離れて淋しかったころ、よく彼女に手紙を書きました。

うれしくてはしゃいでる時も、悲しくて泣いてる時も、いつもペンをとっていました。

彼女からは、便箋10~15枚のなが~い返事がかえってきて、それを読むことで私の心は癒されていました。

その頃から今に至るまで、ずっとずっと心の支えでした。

彼女は希望通り 大学で音楽を専攻し、ピアノの先生になりました。

♦~ ♦~ ♦

忙しい中、私のために一日あけてくれて、あちこち連れて行ってくれました。

仁風閣 (旧鳥取藩主の別邸)

残念ながら、休館日で中に入ることができませんでした。

鳥取藩主、池田家墓所

広大な敷地に、歴代の鳥取藩主のお墓がならぶ。

亀の形をした台石に立派な石塔が立ち、周囲には厳重に玉石垣がめぐらされていますが、

自由に出入りできるのが、鳥取らしくていいですね。

亀の顔がそれぞれに違っていておもしろいです。

ここに来るのは小学校での遠足いらい、あれから50年という とんでもない長い時間がたちました。

 

    

あちこち歩き回って、夕方鳥取港まで行ってみました。

とっても寒い日でしたが、灰色の冬の日本海と違って、少し明るくて、春の海を感じました。

 

 

 

帰りに「山陰の昔ばなし」という本を彼女にもらい、

読んでいて、日本の昔ばなしとして小さい頃からよく知っていた

「舌切り雀」 が私が生まれ育った町の民話だったことを、

いま初めて知りました。

 

 

ふるさとに別れを告げる朝、3月だというのに雪が降ってきましたが、

中国山地が超えられなかったら、引き換えしてもう一泊するつもりで、とりあえず出発しました。

しかし、新しくできた高速道路は、雪の多い地域をトンネルでつないでいるために、

なんの問題もなく帰ってくることができました。

 

 

広告
カテゴリー: ふるさと パーマリンク

ふるさと への34件のフィードバック

  1. abend より:

    こんばんは~鳥取 近々行きたいな~と思ってたのですが、雪が怖くて止めたところなんです。高速が1000円になるのを待ってるつもりでした。舌きり雀がふるさとの民話なんですね。誰でも知ってる話ですよね。へ~×3

  2. パンチ より:

    鳥取って30年前に行ったきりです、それも日帰りで。

  3. コスモス より:

    abendさん、はや!1000円で行けるなんて、すごいよね~。でも冬はやっぱり雪がこわいです。桜が咲く頃、ぜひ行ってください、温泉があって、のどかでいいところですよ。

  4. saganhama より:

    おはようございます(^ー^)ノ奈良から鳥取まで3時間で行けるんですね!イメージ的にはもっと遠い様な感じがするのですが新しく出来た道路の効果は大きいようですね。地方へ行って感じるのは、車での移動を考えれば、地方の方が車を有効に使える環境が整っていると思いますよ。人口の都市部への集中を本気で解消すれば、環境問題もかなり改善できると思うのですけどね。少し怖い運転?でも旧友との強い絆があれば許せるんでしょうね。楽しい時を共有出来たコスモスさんの嬉しそうな様子が文章から伝わってきました。私は中学を卒業後田舎(佐賀)を出て来たので、田舎の友達って言うのが少ないんですよ。貴重な友は昨年癌で去ってしまいました。田舎の友(竹馬の友)をこれからも大切してください。いつもながら今回も良いショットの写真、海岸の砂浜に打ち寄せた波が鏡の様に青空を映してるショット・・・良いですねぇ~発表会の本番頑張ってください。

  5. KEN16 より:

    ふるさとへは特別の思いがあったのですね。久しぶりの帰鳥ですね?懐かしい場面のフォト拝見しました!!!奈良の寒さとはまた別のヒツコッさを感じられたことでしょう?改めてお訪ねします・・・。

  6. Pu'uwai より:

    ご無沙汰しておりました。故郷寄稿、法事でしたね。大阪をコスモスさんが運転したのですか? すごい。雪も降ってますね。コスモスさんは万能選手ですね。歌もスポ-ツも何でもこなしてしまいますね。親友とお揃いのイヤリングはジンと来ます。私は、手鏡ですが皹が入ってしまってでも大事にしています。私はフラでいつも右側、Dさんが左側にいますが場所が変わるとすごく変で踊りにくい。で、つい交換しちゃうんですが、先生が決めた通りにしなさいって先生に叱られました。池田家の墓石は亀が貴台なのですか、KENさんのフォトでも度々拝見しました。亀の表情が人間くさくて面白いです。

  7. fujim より:

    お~~この雪景色! 一昨年の1月に広島の三次から山陰の大根島に行こうと中国山地を抜けたのですが、山間部を抜ける間だけがちょうどこんな雪の景色でしたよ。この亀と同じようなものを、 前に松江で松江藩主の墓所月照寺でも見ました。  でもこちらは墓ではなく、夜な夜なその亀が松江の町を徘徊して暴れるので、 藩主の功績を彫りこんだ石碑を大亀の背の乗せ封じ込めたという石碑でした。 山陰には亀にまつわるものが多いのでしょうね。なになに法事の話?と読んでいって途中で心温まる話になって、ほかほか熱くなりました。

  8. コスモス より:

    猫パンチさん、こんにちは!お返事がたいへん遅くなってしまってすみません。 30年前ですか、今ではずいぶん様変わりしてますよ。

  9. コスモス より:

    hama²さん、こんにちは! 今までは、中国道を降りてから 山間部を延々と走っていたのですが、ずいぶん短縮されました。そうですね~、逆に言えば 地方は車がなくてはとても不便な環境にあります。車が多くなって、バスの便が悪くなっていますからね。車なしでは身動きできません。  発表会、無事におわりました。緊張が解けて、今日はボーとしてます。ブラブラ歩きに行きたいのに、お天気がもうひとつで、夕方から雨の予報です。

  10. Jass より:

    おそろいのイヤリング、大切に持っていたんですね。ふたりで、砂の上で何を話したんでしょうね。「右側の」お友達ですね (^_^)

  11. コスモス より:

    KENさん、こんにちは! ふるさとは、いつ帰っても母のぬくもりを感じます。何十年たっても、即鳥取弁が使えますからね。奈良も盆地ですから寒さは厳しいですが、また違った寒さを感じました。寒さは全国的でしたね、大阪まで帰ってきたときも雪がちらついていました。 KENさんのフォトで見た同じ景色を見ながら、散歩されてるKENさんに逢えそうな気がしました。

  12. コスモス より:

    Pu\’uwaiさん、こんにちは! 私のほうこそ ずっとご無沙汰ですみません。以前は二人で交代で運転していたのですが、夫が少し目を悪くして 運転しなくなったので、仕方なくずっと私ばかりです。大阪の街を通り抜けるのが、一番苦手なんですよ。大切な思い出の品は、変色しようが 皹がはいろうが捨てられませんね。いつも鏡台の引き出しに入れて大切にしています。Pu\’uwaiさんも同じなんだ~、いつもの人が、いつものところに居ないと 具合悪いですよね。

  13. コスモス より:

    fujimさん、こんにちは! 寒い季節は、特に山間部の積雪が恐いです。私の車には何の装備もありませんし、昔のチェーンはありますが、一度も使ったことがなく、つけ方もわかりませんから、雪がふったらお手上げです。 松江にも亀の背にのった石塔があるんですか?山陰には亀にまつわる言い伝えがあるのでしょうか、KENさんに聞いてみなくちゃね。

  14. コスモス より:

    Jassさん、お久しぶりです!彼女は希望通りピアノの先生になったのに、私は趣味だけで続けてきました。挙句の果てに津軽三味線の道に入ってしまって、「なんで三味線なのかわからん」って言われてます。

  15. 愛月 より:

    お久しぶりです。お友達との大切な思い出を聞かせてくれてありがとう♡語り合った時間は、心に深く沁み込んで、、、その後の支えとなったのでしょうねぇ。

  16. KEN16 より:

    こんばんは コスモスさーん  どこかで出会ってたかも知れませえね~ェ!コスモスさんの始めのフォト・・・故郷は前方のお山の右側に風車が見えたのでしょうか?法要でお帰りだったのですか?池田墓所のお話が話題になっていましたね。亀形の石碑の台、亀趺(きふ)というそうですが、江戸時代に出来た葬送せいどですが古くは中国の儒式墓葬に由来し、思うに、龍(皇帝)の九子のうち、龍になれなかった一子で巨大な亀の形をした想像上の霊獣だそうですが、何やら貴族の身分制度に関係するそうです????全国にも同じような亀趺の石碑はあるようです。それにしても、有楽椿は1月から3月ごろまでなら見られると思います。今度の帰鳥にはどうぞ・またまた・・・友人の方にもよろしく

  17. 猫と薔薇と私と より:

    あらぁ 雪だったんですね。 春来峠も今やトンネルですものね 楽なものです。国道9号線を走られたのなら わが実家の町も走ったんですね。養父市です。春休みには帰るつもりですが 雪とは縁のない日にしたいものです。 芦屋で勤めてた頃の同僚が鳥取にいます。確か湖山だったかな 幼馴染みの行った大学が鳥大でこれまた湖山にいたので 遊びに行ったことあります。出雲とともに 神話の故郷ですね。 イヤリング もしかして象牙だったんでしょうか。いいなぁ 時間を経て なお繋がっている友情って。イヤリングを持って行くコスモスさんが 一気に若返ってる!

  18. 照れまん より:

          お久しぶりでございます大阪城を何度も見に来ながら、失礼しておりました。郷里に帰られたのですね。昔の友達って、会った瞬間に すぐ昔に戻れますよね。いいもんです。御主人様も 鳥取出身ですか?いいですね、郷里が一緒だと。熱烈な 恋愛結婚 だったのに 違いない。    こらこら・・・・・。八頭郡 といっても広いのでしょうね。 近くといってもだいぶ遠いのではないでしょうか。有楽椿は 大変に有名な椿なのですね。KEN さんのところを知らなかったら、まったく知らないままでした。あの木は 国宝物 ですよ。素晴しい木です。 でもでも、行けなくて残念でした。郷里だから、これから何度も行く機会はありますよ。鳥取の海岸の砂浜は 綺麗ですね。きめが細かいこと。ではでは、また・・・・。

  19. コスモス より:

    まるちゃん、こんばんは!社会人になってからと違って、高校時代の友達は純粋で、友情も深くずっと変わることがないですね。ふるさとに帰るたびに二人で語り合います。

  20. コスモス より:

    KENさん、ちっちゃなおばさんが二人、楽しそうにおしゃべりしながら歩いてませんでしたか?(笑最初の写真は、夫の実家のお墓から写したもので、山の右側にKENさんのブログで見せていただいた風車が写っています。KENさんはこの山の反対側から 風車を見てらっしゃるのでしょうか。池田墓所の話、KENさんなら説明してくださると思ってました。遠足の時にいろいろ教わったはずなのに、全く覚えていません。それにしても、歴代のお殿様の立派な石塔と 広い墓所に改めてびっくりしました。若くして亡くなられたお殿様が多いのにも びっくりです。有楽椿を見逃したのが残念です。  今度はぜひ!

  21. コスモス より:

    猫薔薇さん、こんばんは!あぁ~、山陰はやっぱり雪だ~、と思ったのですが、お天気が悪いのは全国的でした。中国自動車道、吹田から作用まで、あとは373号線です。国道9号線は通りませんでしたが、いつか時間に余裕があるときに通ってみたいですね。湯村温泉でのんびりお湯につかったりして、そんな気ままな旅をしてみたいです。高校生の時ですからね、それほどお小遣いがあるわけじゃなかったので、「象牙もどき」 です。

  22. コスモス より:

    照れまんさん、こんばんは! そうなんですよ、夫とは同じ町内の出身です。    夫が、どうしても私じゃないとイヤだ と言って離してくれなかったのです。な~んて、一度でいいから言ってみたかった~!現実は 口下手な人だったので、心ときめくような言葉は一度も言ってくれませんでしたよ。以前の八頭郡は広かったのですが、市町村合併で鳥取市になった所が多くて、今は狭くなりました。有楽椿のある大樹寺とはだいぶ離れています。

  23. そのちゃん より:

    素敵なお友達ですね。友情の証のイヤリングなんですね。私の友人のひとりも高校生からのお付き合いでたまにメールしたりはがきのやりとりしたりで細く長く続いています。鳥取には子供たちが小さい頃、梨狩りに行ったことがあります。バスで3時間以上はかかったかなぁ・・・。砂丘も行きました。らくだがいたように記憶してるんですが(笑・・・作り上げた妄想でしょうか?

  24. コスモス より:

    そのちゃん、こんばんは!  妄想じゃないですよ、 いましたよ~、 らくだ。  観光用の、写真撮影用に。 今もいるのかな~。昔からの友達は、会うとすぐにその時代に戻れるのがいいですね。どんなに長く会っていなくても、隔たりがありませんもの。 鳥取の梨、おいしいでしょう?

  25. ぶんちゃん より:

    懐かしき友人に再会できて良かったですね。これからもずっと大切な友情交わしてね。イヤリング・・40年も紛失しないで持っていることすごい!!(^^♪そのイヤリングが二人の友情の証なんですね・・・これからも大切に保管してね♪

  26. jazzy より:

    コスモスさまご無沙汰してますお元気そうで何よりです演奏会はいかがでしたか?いつだったか、、、の記事にも大阪の道を走らないと行けないのがたいへんとおっしゃってましたね、あれね、どこから入るかやっぱり覚えてないとなかなかたいへんなんですよ~奈良もずいぶん道が新しくなってたまに通るとわからなくなってしまいますから、、、鳥取はずいぶんまだ冬の色が残ってますねいつまでも会えば一緒になれるお友達がいるって素敵ですねなかなか、そういうお友達っていないですものそうそう大山は見えましたか?

  27. fujim より:

    コスモスさん こんにちはー発表会も終り、 いい気候になって、どちらかにお出かけですか~?いい気候になったので冬眠していた私も、 久しぶりにミモザなどをアップしてみました。これからもたまにアップでのんびりと行こうと思ってますので、 よろしくお願いしますね~。

  28. meiya より:

    コスモスさん ご無沙汰しております。お元気そうで何よりです。思い出を共有できるお友達がいらしゃる何て素晴らしいことですね。きっとコスモスさんのお人柄に依るものなのでしょうね。(o^-^o)久しぶりの故郷で意外な発見もあったようですね。私も叉砂丘に行って見たいな。^^;

  29. コスモス より:

    ぶんちゃん、お返事がずいぶん遅くなってしまって、ごめんなさい。安物で変色もしているので、とっても使える状態ではないのですが、捨てられなくて、他の装飾品と一緒にしまっています。友達っていいですね。

  30. コスモス より:

    jazzyさん、こちらこそご無沙汰しています。お返事もずいぶん遅くなってしまって・・・演奏会、無事に終わりました。会員が60名ほどで、手作りの発表会ですので進行はすべて会員、私の役割は伴奏と調弦。伴奏をしながら、他の人の三味線の調弦をするという、とっても忙しい発表会でした。終わってやれやれです。大阪の道はややこしくて苦手なんですよ。後からブーブーとか、チカチカとかされたら、田舎者はおろおろしてしまいます。それに、あっちもこっちも いつも工事してますよね~。大山は私のふるさとからは見えないんですよ。 もう少し西に行かないとね。単独峰なので、雪をかぶった姿は とっても雄々しくて好きな山です。

  31. コスモス より:

    fujimさん、お帰りなさ~い! お待ちしてましたよ。pcが突然動かなくなって、修理に出していました。 やっとやっと帰ってきました。でもね、私の一ヶ月分のお小遣いが飛んでしまいましたよ~ (涙今の季節、大きなミモザの木が目をひきますね。また寄せていただきますね。

  32. コスモス より:

    meiyaさん、こちらこそ、ご無沙汰してます。お元気になられて、ほんとに良かった! お互いに気ままなアップでいきましょうね。今日は寒いけど、あちこちでお花の便りが聞かれるようになって、うれしいです。いよいよ すみれの季節ですね。

  33. パンチ より:

    元気ですか。

  34. コスモス より:

    猫パンチさん、有難うございます。パソコンが元気じゃなかっただけで、私は相変わらず走り回っています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中