東北旅行

 
夏の終わりから 友達との旅行があったり、突然の不幸があったりと、新幹線や飛行機で遠出することが多く、
 
その合間に、重い津軽三味線をかかえて師匠の後にくっついて歩いて、ずいぶん忙しい日が続きました。
 
写真を撮りに行きたかった元薬師の 「ホテイアオイ」 も、藤原宮跡の 「コスモス」 もみんな見逃してしまいました。
 
来年の楽しみとして残しておくことにしましょうか。
 
 
今まであまり旅行する機会の少なかった東北地方、今年はずいぶん東北に縁がありました。
 
転勤で遠い東北の地に赴任した息子が、「東北旅行」 をプレゼントしてくれ、
 
二人でのんびりとした旅を味わうことができました。
 
そしてなにより、若い二人の穏やかで温かい新所帯を かいま見て、ホッと胸をなでおろして帰ってきました。
 
 
初めての仙台、想像以上に にぎやかな大都会で、
 
「杜の都」 といわれるだけあって、ケヤキ並木がとっても美しい街でした。
 
 
松島海岸駅から瑞巌寺に行きましたが、何か大きな催しがあったようで、
 
本堂の中は信者さんで満員、華やかな襖絵や、豪華な彫刻をじっくりと味わえなかったのが、ちょっと残念。
 
それでも、まっすぐに伸びた参道を 木漏れ日をあびながらの散策は、とっても気持ちがよかったです。
 
 
松島ではまず 「島巡り観光船」 にのり、岩の上に松の木が生えた 独特の小島を眺めながら
 
そして、船を追っかけてくるかもめ見ながら、一時間の島めぐりを楽しみました。
 
人の手から上手にお菓子を受け取っていきます。
 
 
松島湾のシンボル 「五大堂」 は赤い太鼓橋がかかった小島に、松の木に囲まれて建っています。
 
現在の建物は伊達政宗が建てた、東北地方最古の桃山建築なのだそうです。
 
            
 
ホテルに入った後、夕食までに少し時間があったので、福浦橋を通って福浦島へ散歩にでかけましたが、
 
ちょうど松島湾に日が沈むところで、きれいな夕日を見ることができました。
 
 
松島湾が一望に見渡せるホテルの部屋で、豪華な夕食をいただき、夜の松島湾を眺めながら露天風呂で疲れをとり、
 
「こんなに贅沢させてもらって、いいのかな~」 と、言いながら、しばし 二人の息子が幼かった頃の思い出話に花が咲きました。
 
 
翌日は、以前から行ってみたかった山形県の 「立石寺」 へ
 
松尾芭蕉の 「静けさや、岩にしみ入る蝉の声」 の句で知られる、通称 「山寺」 です。
 
駅前の食堂でお昼ごはんを食べて荷物を預け、山の上にある奥の院をめざしました。
 
奥の院までは、こ~んな石段や、こ~んな石段を、なんとなんと1015段も登らなくちゃならないんですよ。
 
        
 

途中、芭蕉 直筆の句を納めた「せみ塚」や、仁王門、弥陀洞、石仏などが点在しています。
 
         
 
せりだした岩の上に建つ、開山堂
 
 
山形から新幹線で郡山へ
 
ここからは息子が案内してくれました。
 
 
猪苗代湖は別称 「点鏡湖」 といわれてるそうで、青い空を映し出す湖面は、広くて、静かで、心が癒される景色で、
 
ここは息子夫婦のお気に入りの場所なのだそうです。
 
お天気は良かったのですが、磐梯山が少し霞んでいました。
 
この広い猪苗代湖を見て夫は 「湖のまわりを一周歩きたい」 と言い、
 
私は、湖に浮かぶように見える 「磐梯山に登りたい」 と言って、 「お父さんらしい! お母さんらしい!」 と笑われました。
 
 
それにしても、土曜日で、これだけ景色が良くて広い砂浜なのに、人影がほとんどありません。
 
これが大阪の近くなら、家族ずれや若者のグループでごった返していることでしょうね。
 
 
青空の下、砂浜の松の木の木陰で バーベキュウをとてもおいしくいただきました。
 
 
 
翌日は裏磐梯まで車を走らせ、五色沼へ
 
緑や青、コバルトブルーやエメラルドグリーンなど、色合いの違う湖や沼が集まる「五色沼」は
 
青空と、色づきはじめた色とりどりの葉が湖面に映し出されて、神秘的な景色がくり広げられています。
 
ここは人気の観光地とあって、人がいっぱいでした。
 
 
 
 
 
 
個人的な、長~い記事にお付き合いいただき、有難うございました。
 
これからが秋本番 「大和の秋」 をさがしにまたブラブラしようと思っています。  
広告
カテゴリー: 旅行 パーマリンク

東北旅行 への16件のフィードバック

  1. 照れまん より:

        コスモス さん こんにちはー
    お引越し されたのですね。
    東北旅行 うらやましいです。息子さん ご夫婦で案内してくれるのが嬉しいですね。
    松島や立石寺は 俳人憧れの地です。
    あまりに景色が素晴しくって 俳句が出来なかったという松島。どんなんでしょうか?一度行ってみたくても行くことが出来ませんでした。
    「松島やああ松島や松島や」 を見せていただきましたよ~。
    それから、立石寺に行って見ると、なぜ「岩にしみいる~」 のかが解ると言われていますが、こちらも行ったことがありません。
    ものすごい山の中というのは聞いたことがあります。岩が風化され穴が開いたようになっているそうですね。
    写真でもよく解ります。素晴しいです。
    蝉がうるさいほど鳴いている。だけど、ものすごく静か・しずかなのだと言うのですね。面白いです。
    この句は何度か書き直して、最終的には 「閑かさや岩にしみ入る蝉の声」  になったようです。
    最初は 「山寺や石にしみつく蝉の声」 だったのですね。
    何度 本を読んでもよく解らないのですよ。私の頭では、なかなか難しすぎて・・・・。
    そんなこんなで、またおじゃまします。

  2. fujim より:

    わ~~コスモスさん! すごい旅行記事が出来てたんですね。朱雀門の夜景は見てたんですが、 ナニナニ、 制限がかかってるときはどうするんだっけ? メールを送るんだったっけ?と思案しながらズリズリと退却してました。 サインインすればよかったんですね^^ゞ。東北、去年私もツアーで行きましたが、 ツアーと違って息子さんからのプレゼントというのがまた格別じゃないですか!ツアーでは限られたところしか行きませんのでね、 いい旅が出来てよかったですね。東北いうても広うござんす、コチラ方面は全然行っていません。「五色沼」とかいいなぁ、行ってみたいなと思いますが、、、遠いですねぇ。松島のユリカモメだけは私が見たのとおんなじです、 この顔でした!えさの気配だけでバサバサバサと寄ってきますよね^^。また、見せてくださ~い。

  3. KEN16 より:

    こんばんは ! コスモスさん
    東北の旅には、少し謎めいた?夢のようなところがありますね~ェ!そんなの旅がいっぱ~い!
    お顔が見えなかったうちに、そんな旅に出かけ、またまた新たなブログを立ち上げるなんてそのエネルギッシュコスモスさんにパチパチ拍手を送ります。またまた・・・・ゆっくり寄らせてもらいます

  4. saganhama より:

    こんばんは(^<^)
    お引越し先は今の処快調のようですね(^_^)これから問題が起きないよう (人^ω^)おねがい(^ω^人)ってとこですね。
    最近彼方此方のスペースでフォトに赤×が着いてるんですよ。今日の午前中までは前のお部屋も見れていたのですが
    午後は×がついてますね。何故か今年の6月以降のフォトがですよ。MSN根本的な対策をやってもらわないと
    これからこの様な不具合が発生するんじゃないのかなと、私も不安に思ってます。
     
    ↓津軽の旅、コスモスさんにピッタリの場所ですね。民謡の宝庫?津軽・・・・
    車窓からの田園風景と山良いですね。私は先日車窓からの撮影に挑戦しましたが、全て失敗でした(^_^;)
    りんごの写真がとてもおいしそうです。
     
    仙台、山寺、五色沼全て一度は行った事がありますが、あまり記憶に残ってません。コスモスさんの
    記事に刺激を受けたので、女房殿の実家(福島県)に行った時にでも、足を延ばしてみましょう。
    これからも旅日記 し^-^)よろしくお願いします。

  5. コスモス より:

    照れまんさん、こんばんは
     そうそう、「閑かさや・・」でしたね。 そう思いながら間違った字を載せてしまいました。
    今は観光客がいっぱいで、芭蕉の句にあるような雰囲を味わうことは難しいと思いますが、
    切り立った山の上に建つお寺にお参りするには、今のように立派な石段はおそらくついていなかったでしょうし、
    修行僧はともかく、険しい山道を登る信者も少なかったのではないでしょうか。
    「山寺や・・」 の方が凡人にはわかりやすいですね。
    山また山に囲まれ、岩の上に建つお堂を見ていると、やっぱり「閑けさや・・」なのかな~、と自分を納得させました。

  6. コスモス より:

    fujimさん、ややこしくって ごめんなさい。
    今まで旅行は、なるべくお金がかからないように ツアーで行くことが多かったのですが、
    今回は、息子のお陰で 二人で気ままな旅が出来ました。
    東北というと、遠いし、寒いし、何となく暗いイメージだったのですが、ぜんぜん違いました。
    太平洋側は気候もよくて、盆地の奈良と違ってカラッとさわやかだし、仙台は大都会だし、気に入りました。

  7. コスモス より:

    KENさん、こんばんは!
    今回は息子のところでゆっくりさせてもらいました。
    遠い東北でも、私の家から伊丹空港に行くのと同じくらいの時間で、仙台までいけます。
    実家に帰るより近いですよ、日本は狭いと思いました。

  8. コスモス より:

    hama²さん、こんばんは!
    今回、いろんな想いがあってブログの引越しをしました。
    前のフォトに×がついてるんですか?
    フォトは何もさわってないのにな~、 ブログと同じ、カスタム設定になってるはずなのですが。
     
    奥様は福島県のご出身なんですか? いい所ですよね~。
    まだまだ行ってみたい所がいっぱいあるので、息子がいる間にもう一度行きたいな~、なんて思ってます。

  9. そのちゃん より:

    息子さんからのプレゼント、愛にあふれた素敵な東北の旅ですね。
     
    東北はまったく行った事がないので、興味深く拝見させていただきました。
    色つき始めた木々や美しい五色沼、どの風景も秋の情緒があって素敵♪
    とくにかもめの飛ぶ様は開放感あふれていいですね~。
     
    開山堂は仙人が住んでいるような雰囲気がありますね。
    霞んでみえる下界のせいでしょうか。
     
    一度は訪れてみたいな~♪

  10. 愛月 より:

    息子さんご夫婦の穏やかで温かい新所帯・・・
    ホッと胸をなでおろすコスモスさんのお気持ちを聞いて、
    あー、私も親孝行しなくっちゃって思いました。
    夫婦仲良く、穏やかな家庭をって……☆”
    東北は、もはや秋の深まりを感じますね。。。

  11. meiya より:

    コスモスさん今晩はぁ。ブログお引越しされていたのですね。
    こちら新規一新叉奈良の悠久の風景を案内してくださいね~~。
     
    東北に行かれたのですね。実は私はまだ一度も行く機会がなく
    憧れの地でもあるのですよ~。
    アルバムじっくり拝見させていただきました。
    五色沼の水ってとっても神秘的な色で素晴らしい風景に感動しました。
     
    開山堂・・・・・・鳥取の・・・・あぁ!そう言えばコスモスさんあちらの出身でしたか?^^;
    三朝の投げ入れ堂を思い出しましたよ~。(o^-^o)
    それにしても、とっても親孝行な息子さんですね~。
    きっとご両親の教育のたまものですね。
     

  12. コスモス より:

    そのちゃん、こんばんは!
    関西に住んでると、東北って不思議と 北海道より遠い感じがしますよね、何となく未知の土地のような。
    それが、津軽三味線を弾くようになったことと、息子が転勤になったことで とても身近に感じられるようになりました。
     
    かもめは、とってもよく知ってて、船が出ると一斉に追っかけてきて上手にお菓子を受け取っていました。
    そんなかもめを見るのが、まわりの景色をみるのと同じくらい楽しかったですよ。

  13. コスモス より:

    愛月さん、こんばんは!
    子供達が、夫婦仲良く幸せにくらしてくれるのが、私たち親にとって最高の幸せなんですよ。
    仲むつまじい二人をみて、私の子育ては終わったな~、と思いました。
    東北の秋は、深まりつつありますね。 気温もこちらよりだいぶ低かったです。

  14. コスモス より:

    meiyaさん、こんばんは!
    大和路の風景を・・と思っているのに、いきなり 「旅行記」 になっちゃいました。
    またブラブラ歩きをはじめますね。
     
    五色沼はほんとに一つ一つ色が違うんですよ、吸い込まれそうな神秘的な色でした。
    そうそう、私たちも二人で同じことを言いましたよ、「投げ入れ堂」 みたいって。
    息子たちは、やっとやっと巣立ってくれましたよ。
    これで安心! と思いながらも、やっぱり気になるんですけどね。

  15. jazzy より:

    コスモスさん
    アド変わったんですね。
    これからも続けてくださいね。
    仙台に行かれたんですか!
    僕も一度仙台に行ったことがあります。
    仕事の主張でですが・・・美しい町だな~と思いましたよ。
    もう東北は紅葉がそろそろ始まっているみたいですね!
    僕もまた奈良で紅葉を見ながらのお散歩に行きたいです。

  16. コスモス より:

    jazzyさん、こんばんは!
    これからも、ボツボツと続けていこうと思っています。
    般若にも、藤原京にもコスモスを見に行きたかったのに、かないませんでした。
    紅葉はこれからが本番ですね。
    長谷寺も当麻寺も室生寺も、行きたいけど、時間がとれるかな~。
    仕事をやめて、暇になったはずなのに・・

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中