唐招提寺で出合ったお花

 

雨でひときわ緑が鮮やかな季節、境内は緑一色ですが、

本坊の中では、じめじめとした、うっとうしい気分を吹き飛ばすように、

たくさんの種類の大きなハスの花が咲いています。

千年も昔、鑑真和上さんが中国から持ってこられた種から育てられたという

「唐招提寺ハス」 は残念ながらまだ開いていませんでした

 

 

 

 

境内に咲いてるお花は少なく、唯一咲いていたのが「くちなしの花」

あたり一面にいい香りが立ち込めていました。

  

唐招提寺にある鑑真和上の御廟で見た、ふかふかの緑のじゅうたんを敷き詰めたような苔、

たっぷりと水分をふくんで生き生きしています。

 

この苔の上に沙羅双樹(夏椿)の花が落ちていました。

見上げると高い木の上に白い花が見えますが、高すぎて木に咲いている様子を写すことはできません

サルスベリのような茶色の木です

とっくに終わってしまったつつじの花が一輪だけ今を盛りに咲いてます

どこの世界にもいるんですね、私のように間のぬけたのが。

修復工事がなされている金堂は終盤を迎えているようです。

広告
カテゴリー: 神社、仏閣 パーマリンク

唐招提寺で出合ったお花 への14件のフィードバック

  1. saganhama より:

    おはようございます(^<^)
    見事な蓮の花ですね。
    真ん中にお釈迦様が、座っておられても不思議じゃない程に立派!!!
    私の郷里にはクリークと言われる、水田に水を供給する水路が多くあり、其処に蓮も沢山有りました。
    蓮の花の季節には甘い香りが流れ、葉っぱの影には、魚が泳ぎ、良き釣り場にもなってました。
    花が終ると蓮の実を採っておやつ代わりに・・・・少し青臭いほのかな甘さが懐かしいですね。
     
    苔のグリーンが、水の豊かさを感じさせてくれますね。
    まるで苔の花でも有るかのような、沙羅双樹(夏椿)のショットに、座布団10枚どうぞ(^_-)-☆
    唐招提寺のお花たちと苔に、清々しさを頂きました(o´艸`)*【ァリガト】*です。
     
     

  2. meiya より:

    コスモスさん今日はぁ。
    まぁ~~!何と見事なハスの花!
    とっても、綺麗ぃ~~~。私蓮の花大好きなんですよ~~。
    去年から都合でなかなか見にいけないのですが、調度今頃の時期咲くんだね!
    クチナシの香りもこちらまで漂ってきそうですぅ~~。(o^-^o)
     
    夏椿・・・実は私も写してはみたのですが、おっしゃるとおり上の方で咲いてたので
    間が抜けた感じになっちゃって・・・。^^;
     
    苔の絨毯、昔から脈々と息づいてきた歴史を感じますね。
    こういう風景を見ると、日本もまだまだ捨てたものじゃないね!って思えますね。
    何時までもこの景観が残るといいですね~。

  3. KEN16 より:

    ご無沙汰しております
    先般は子供たちの声が高らかに賑やかそうでしたが、一転、今日は静かな佇まいの唐招提寺の境内ですか!
    奈良では、古代の花たちに出会えるのですね!
    雨降りの前でしょうか?ハスの花が乱れることない穏やかな様は緩やかな時間を感じます。
    それとも雨上がりだったのでしょうか?鮮やかな花と緑が不思議な空間を演出してくれてますね~ェ!
    こちらではまだハスの花を見ていませんが、泥の中からあんな素晴らしい花が現われるとは・・・?
    またまた、寄らせてください・・・

  4. コスモス より:

    hamahamaさん、いつもコメント ありがとうございます。
    ほんとに、大きな大きな蓮の花でしたよ。
    蓮の実も懐かしいですね、子供の頃に食べた覚えがあります。
     
    座布団10枚も~、うれしいな! 座ってバランスとるのが難しそうですね。

  5. コスモス より:

    meiyaさん、こんにちは!
    蓮の花はやっぱりお寺に咲いてるのが似合いますね。
    唐招提寺では、たくさんの種類の蓮が、大切に育てられています。
     
    夏椿、meiyaさんも見にいかれたんですね。
    フリルがついているような花びらが、とってもかわいいですね。
    清純、無垢な少女のよう。

  6. コスモス より:

    KENさん、こんにちは!
    古代の建物に古代の花、とってもよく似合ってます。
    この豊かな苔の上には落ち葉が一つもなく、いつもきれいにお掃除されていますが、
    新しく落ちた夏椿の花だけがそのままにされていて、いい雰囲気をかもしだしていました。
    前日にかなりの雨が降りましたので、木も、花も、苔もとっても生き生きしてました。

  7. 愛月 より:

    おはようございま~す。

    ぷっくりとしたハスの花、綺麗に咲いていますね。
    苔のグリーンに夏椿・・・なんとも風流ですね~。
    水の豊かさと涼しさをたっぷり感じさせてくれました。
    いつも、ありがとうございます。
     

  8. Pu'uwai より:

    こんにちは
    蓮の花がきれいですね。 蓮田で遠くから見る花と違っていかにも供養の花のような完成度を感じます。
    敷き詰められたビロードのような苔、その苔に置いてけぼりにされたような夏椿、夏椿はかくあれと、、、、
    フォトの花はほぼ実物大かひと回り小さいくらいですね。
    咲いて木にある風情よりも散り敷いた風情の方が勝るとは、コスモスさんさすがですね。

  9. fujim より:

    素晴らしい色の蓮に何度も見とれていました。 はなびらの模様までが透き通ってはっきりわかります。ずいぶん昔に別府の地獄巡りで蓮を見ていますが、 あの時は葉っぱの上に人一人ぐらい乗れそうだと思いました。同じ大きくても種類は違うのでしょうね。沙羅双樹(夏椿)の花はのらさんのところにもありましたが、 これもお初ですよ。苔の上でしばらく名残りを惜しんでいるようです。 また見せてください。

  10. yasuko より:

    こんばんは! お久しぶりです!
    きれいな苔ですね!! ふかふかで気持よさそうだなと思って、寝転がったりしたら、ジュワッとなって逃げ出すんだけど(^_^)
    クチナシって、真っ白でやわらかくていい香りなのに、盛りが終わった時の姿があまりに無残で、悲しくなります・・

  11. コスモス より:

    まるちゃん、こんにちは!
    お返事が遅くなってごめんなさい、少し留守にしていました。
    お寺に苔って似合いますよね。
    静かな雰囲気をなおいっそう深めてくれます。

  12. コスモス より:

    Pu\’uwaiさん、こんにちは!
    そうですね、蓮田で見るのと、こうしてお寺で観賞用として育てられてるのと、同じ花でも雰囲気がちがいますね。
    苔の上に散った夏椿のほうが風情があるかもしれませんね、
    だけどこの時は木に咲いてるのがみられなくて、これしかなかったのよ。
     

  13. コスモス より:

    Fujimさん、こんにちは!
    蓮の花もご他聞にもれず、たくさんの種類がありますね。
    それぞれに少しずつ雰囲気が違います。
    夏椿は白いはなびらにフリルがついているようで、とってもかわいいですよ。

  14. コスモス より:

    離心円さん、こんにちは!
    そうそう寝転がったらたいへんなことになりますよ。
    クチナシはね~、黄色くなって、茶色くなって、後がかわいそうですね。
    夏椿のように、散った花を撮る気になりませんものね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中