春の北アルプス

 
桜の季節も終わり、日に日に若葉の緑がこくなってきましたが、
 
標高3015メートルの立山連邦、雄山はまだ深い雪に包まれてはいるものの、
 
明るい春の日差しに照らされて、キラキラと輝いています。
 
 
 
友達5人で、富山県の 立山黒部アルペンルート に行ってきました。
 
一日目は黒部峡谷をトロッコ列車に乗った後、宇奈月温泉へ。
 
次の日、立山からケーブルカー、高原バスを乗りついで一気に標高2450メートルの室堂に登ります。
 
毎年18メートル以上の積雪がある室堂のアルペンルートでは、大型ブルドーザーによって削られた高い雪の壁ができ、
 
雪の大谷を歩く観光客でにぎわっています。
 
 
 
アルペンルートが開通した4月半ばは、もっともっと高い雪の壁だったことでしょうね。 
 
 
 
室堂のバスターミナルは団体客でいっぱい、日本語と同じくらい外国語が多く飛び交っていました。
 
 
 
ミクリガ池も地獄谷もみんな雪に埋もれて、見渡す限りの雪原。
 
ぬれないようにビニールの袋を敷き、雄山を背に5人ドッカと腰をおろしてお弁当をたべました。
 
マイナス1度と聞いていたのに、ずっといいお天気に恵まれて、風もなく背中がポカポカと暖かかったのですが、
 
さすがに食べ終わる頃にはおしりが凍傷になりそうで、早々に立ち上がりました。
 
5人はかっての職場での同期の桜、順番に退職して今では現役は一人だけ、
 
いつも笑いが絶えない、仲のいい友達です。
 
 
 
目の前には大日岳と奥大日岳がどっしりと横たわっています。
 
この稜線を歩いたのはもう3年も前の夏でした。
 
室堂を眼下に見下ろし、岩の殿堂「劒岳」を眺めながら登ったことを懐かしく思い出しました。
  
 
 
 
立山直下に掘られた立山トンネルをトロリーバスで抜け、大観峰のロープウェイ駅へ。
 
展望台からは、黒部湖や後立山連峰のすばらしい景色が広がっていました。
 
                                  黒部湖と針ノ木岳 
 
 
 
                                  爺ケ岳と鹿島槍ヶ岳 
 
 
 大観峰の真ん中に見えてる立山トンネルの入り口から、
 
支柱が一本もないロープウェイで黒部平ヘ、ケーブルカーに乗り換えて黒部ダムまでおりてきました。
 
 
室堂は、立山連峰やその周辺の山に登る拠点になるところですので、
 
夏には何度も訪れましたが、春の山々を見るのは初めてでした。
 
雪が溶けて高山植物のお花が咲くころ、ぜひまたこの山の頂上をめざしたいと思いました。
 
広告
カテゴリー: 旅行 パーマリンク

春の北アルプス への18件のフィードバック

  1. そのちゃん より:

    コスモスさん、こんばんは♪
     
    素敵な白銀の世界!!
    こんな素晴らしい風景をお友達と見れるなんて
    コスモスさんは幸せですね~♪
     
    ブルーと白の山々を拝見していて、東山魁夷の絵を思い出しました。
     

  2. meiya より:

    コスモスさん 今晩はぁ!
     
    凄い~。とても雄大な自然が目に飛び込んできて
    しばし 見とれてました。
    ほんとに どの写真もまるで絵のような感じで
    綺麗に撮れてますね~。
     
    立山は 夏に一度だけ家族旅行したことが有りますが
    この時期に行くと まだこれだけ 雪が残っているのですね。
    私も一度 こんな雪の壁のあるときに 行って見たいなぁ。
     

  3. コスモス より:

    そのちゃん、コメント有難うございます。
    近くにいるのに それぞれに皆忙しくてなかなか会えないんですよ。
    春山もよかったけど、温泉でのおしゃべりが一番楽しかったかな~。
     
    東山魁夷ってこういう山の絵を描く人ですか?
    ごめんなさい、なにも知らなくて。
    そのちゃんは 絵がお好きですものね。

  4. コスモス より:

    meiyaさん、こんばんは~!
    いつもコメント ありがとう~!
    meiyaさんも、立山にいかれたのですね、夏は涼しくていいでしょう?
    山はいつも すぐに天候が変わるのに、珍しくず~っと晴天で いいときに行きました。
    前日は、大雨だったそうです。

  5. saganhama より:

    おはようございます(^<^)
    立山黒部アルペンルート行かれたんですね。雄大な雪景色に少しばかり身震いしてます(笑)
    単純に寒そうな景色に弱いものでして・・・・
    女房殿に連れてってと言われてるのですが、関東からは遠いんですよ(~_~;)
    山育ちの山女、山好きなので、連れて行かなければとは思ってるのですが
    コスモスさんが近くに居られたら、預けちゃうんですけど(笑)
     
    宇奈月は6年ほど前、五月のゴールデンウイークの時行きましたよ。
    トロッコ列車にも乗りました。まだ途中までしか運行してなくて、黒部ダムまではいけなかったです。
    身体が丈夫なうちに、女房殿を連れて行ってみなきゃ駄目ですね。
    黒部ダムと言えば、裕ちゃんの”黒部の太陽”かなぁ~、私が中学の時の映画です。
     

  6. コスモス より:

    hamahamaさん、こんにちは~!
    いつもコメント、有難うございます。
    奥様も山がお好きでしたよね~、
    立山の夏は涼しくていいですよ、高山植物のお花も咲いてるし、
    汗をかかなくても2500メートルまで一気に登れますからね。
    その分、街の観光地と同じで 静かな山の雰囲気はあわえませんけどね。
      とにかく人が多くて乗り換えがたいへんでした。

  7. 照れまん より:

       す・す・すごーい!
    コスモスさん、こんにちは。
    これが、あの 毎年ニュースに出てくる、黒部アルペンルートの 雪ぶすま ですか。
    随分暖かくなっているので、この高さでも、だいぶ溶けたのですか。すごいですね。こんなものは、ニュースで見るもんだと思っていましたが、出掛けて行かれたのですね。素晴しい。
    私なんぞは 登山とか 山 と聞いただけで、遭難しか思い浮かびません。    そ・う・な・ん・で・す。
    以前、アルペンルートの 雪襖 の絵葉書は 外国人にとても人気があるのだと聞いたことがあります。ヨーロッパやアメリカは寒くても、50~60センチ。多くても 1メートルくらいしか積らないので、この雪の高さを見たら驚くと 言ってました。
    外国人でなくても日本人の私でも 間近に見たら 驚きますよね。
    かしまし五人娘様。楽しい旅行だったのでしょうね。

  8. jazzy より:

    こんばんわ
    やっぱり立山連峰は雪の多さ、半端ではないですねぇ~
    僕も立山周辺、春は行ったことがないんですよ
    ゴールデンウイーク過ぎてるから意外に少ない感じですね
    同期の桜でみんな山好きで楽しい一時ですね
    こうやって食べるおにぎりはまた格別ですね
    コスモスさんの写真を拝見して後立山連峰のスカイラインの美しさを思い出します
    ありがとうございました
     

  9. コスモス より:

    照れまんさん、こんばんは~!
    雪の大谷は毎年ニュースになりますね、
    開通した時はこの倍あったんですって!
    夏山シーズンもそうですが、室堂には乗り物を乗り継いで 簡単に行けるのでいつも人がいっぱいです。
    ここからひと登り、立山三山の上まで登ると静かな山の雰囲気を味わうことができますよ。
     
    5人の 「同期のうば桜」 いっぱいおしゃべりして、あっという間に終わってしまいました。

  10. コスモス より:

    jazzyさん、こんばんは~!
    雪の原っぱを少し歩いたら、劒岳がチラッと見えました。
    お天気が良かったから、太陽の光が反射して光っていましたよ~。
    大観峰からみる後立山連峰がほんとにきれいでした。
    種池山荘から冷池までの美しい稜線を思い浮かべながらみました。
    もう一度いってみたいけど、行けるかな~、

  11. 猫と薔薇と私と より:

    素晴らしい風景ですね。
     アルペンルートのポスターそのもですねぇ 本当にこんなだったんだ 改めて驚きです。
    北陸道を通って信濃大町へ行く時 雪が見えるなぁとは思っていたのですが こんな風景だったんですね。
     なにぶん 行くのは 盆頃と正月前なので そこらじゅう雪か 峰に雪が見えてるだけなんですよ。
     山は下から見るだけ・・・ 葛温泉からの帰りに扇沢を通るだけでは こんな景色に出会えないですね( ^_^ ;)。
     
    それでも 山岳博物館からの眺めは 素晴らしいと思えました。今度は ちょっと上まで 行ってみようかな。
     
     

  12. コスモス より:

    猫と薔薇と私と・さん、こんばんは~!
    雪の大谷は開通のころに行かないとダメですね。
    雪が溶けてしまっていて、迫力がないです。
    ふもとの町から見上げる北アルプスの山々もきれいですよね。
    次はぜひ上まで行ってみてください。
    マイカーは入れないので、扇沢からいろんな乗り物に乗り継ぎです。
    すばらしい景色が望めますよ。

  13. KEN16 より:

    お早うございます、いやいや大変遅くなりました。
    これが春山の立山連峰ですか!素晴らしい絶景がハレーションしてますなーァ!
    夏山は一度訪れたのですが、春のコースは特別な装備はしなくってもよかったのでしょうか?
    夏に訪れた時、室堂あたりでライチョウに出会いました。ヤハリ雪の原っぱ全く草も動物も姿なし?
    黒部のダムや懐かしい名称が沢山出てきましたが何時かまた訪れたいですなーァ!

  14. Pu'uwai より:

    こんにちは
    懐かしい立山連峰見せて頂きました。
    まだ、黒部が秘境と言われていたころ、黒四ダム工事現場に父がたので、
    登山の好きな屈強な労働者2人と黒四駐在のお巡りさんの大人3人と高校生の姉と私に中学生の弟。
    ゴゼン沢から、今のように整備されてませんから、人一人やっと通れる獣道登山でした。
    雄物神社は、まるで掘っ立て小屋のように貧相でしたし、登山者は少なくて雪渓を滑り降りて楽しみましたよ。
    但し、ここまでね、帰りは近道したので道が崩れて所々なくて結局、遭難しました。
    川原に下りて、巨大な岩石の影に、刈った草を敷いて焚き火をしながら救援隊を待ちました。
    若い男性が、宿舎まで救援を頼みに走り、
    「子供たちが一大事」 とばかり、普段は飲んだくれの伯父さんまで駈け付けて、明け方の2時ごろ帰宅しました。
    父は寝ないで待っていてくれたけど、渋面でしたねぇ。 それからは、ハイキング程度の山しか登ってません。
     
    4,5年前に、何十年ぶりかで黒四ダムに行きました。なんて行き易くなっているんでしょう。 
    けど、朝に夕に見上げた美しいお山は変わらないのに、
    黒部川の水量がまったくと言えるくらい少なくなって悲しかったですねぇ! ダムの下流もとうとうと流れていた川でした。
    急流と所々に青く静かな瀞が広がる川でしたが、見る影もありませんでした。
    文明に自然破壊はつき物ですからねぇ。 
    高山植物も至る所に咲き乱れてましたねぇ。 
    むっとするような甘い匂いのするものも多くて、水辺には丈の高い白い花が咲いてましたよ。

  15. こも より:

    何と素晴らしい光景でしょう!
    大好きなのです! 雄大は冬山の景色が!
    でも、登れないのです。 根性無しで苦しいことにはすぐに音を上げる・・
    冬山登山の本を読んで以来魅かれ・・全て読書から来る雄大な雪山ファンです。
    自分の足で登ったらその感激の程はどんなにか! 永遠の憧れです。
    沢山見せて頂いて冷気を吸いながら登ったような気分を味わいました。
    ありがとうございます。ヽ(*^^*)ノ    
    う~~~ん! 気持ち良い~~♪

  16. コスモス より:

    KENさん、こんばんは!
    天候がくずれたら、たぶんすっごく寒かったと思いますが、幸いポカポカ陽気で 持ってきたカイロもいりませんでした。
    室堂の辺りで雷鳥に会えるなんてラッキーですよ、 
    登山道に入っていかないとなかなか会えませんからね。真っ白な雷鳥が見たかったな~、 
    でもケーブルカーで登ってる途中に日本カモシカに会いました。
    「カモシカがいる~!」ってみんなのぞき込みましたが、なんだかこっちが見られてる感じでしたよ。

  17. コスモス より:

    Pu\’uwai さん、こんばんは!
    恐い体験されたんですね。
    でも何事もなくて、ほんとによかったです。
    山は一瞬のうちにガスでまったく見えなくなったりしますからね、登山道が整備されている今と違って、
    昔はたいへんだったのでしょうね。
     
    知り合いに宇奈月出身の方がいて、トロッコが出来たばかりの時に乗せてもらったら
    「命の保障はありません」 と張り紙がしてあったそうですよ。
     
    私のふるさとの川も、子供の頃はとうとうと流れていて 向こう岸まで泳ぎきるのが自慢でしたが、
    今では真ん中をちょろちょろ流れていて、泳げる状態ではありません。
    全国どこの川も水量が極端に少なくなっていますね。
    川のほとりに咲いていた白い花は何の花だったのでしょう、 コバイケイソウかな?

  18. コスモス より:

    こもさん、こんばんは!
    こもさんのところも雄大な山の景色がありますよね~。
    私はこうして長い時間をかけて、遠くまで出かけなくては見られませんが、
    身近にこういう景色が見られるこもさんがうらやましいです。
     
    冬山は恐くて登れませんし、春山はなだれが恐いので そばから見るだけです。
    夏になったら、どこかに登りたいな~、と思っています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中