法隆寺、秘宝展

発表会、コンクールが一段落し長引いた疲れもやっと取れて、久しぶりに法隆寺にでかけました。
 
柔らかい春の日差しを浴びながらぶらぶら歩いていると、遠くから「ゴ~ン、ゴ~ン」と鐘の音が響いてきます。
 
忙しい日が続いたせいか、こののどかな景色に、鐘の音に、心が溶け込んでいくような開放感にひたることができました。
 
 
 
 
 
いつも素通りしてる「斑鳩神社」に、今日は立ち寄ってみました。
 
 
 
 
 
神社の石段を登ると木の間から法隆寺の五重塔が見えています。
 
 
 
 
 
この桜は早咲きなのでしょうか、もう満開に近いですね。
 
 
 
 
境内の桜のつぼみはふくらみ、もう数日で開きそうな気配です。
 
 
 
 
 
 
境内にある楠木の「古木」も元気でした。
 
たくさんの葉っぱをつけて、サワサワと風にゆれ、上の方には赤く紅葉した葉もいっぱい見られます。
 
 
 
 
 
裏にまわると、あ~、やっぱり痛々しい姿ですね。
 
でもこの生命力はすごい!
 
この木を見るたびに、いつもいつも元気をもらいます。
 
   
 
 
 
 
いったい何年ここにこうして立ち続けているのでしょうか。
 
 
 
 
 
静かだった冬の境内とは打って変わって、人も多く明るい雰囲気になっています。
 
新人バスガイドさんの研修なのでしょうか、二組も見かけました。
 
学校も職場も新しく始まる「春」なんですね~、
 
子どもが独立し、退職した私はすっかり忘れていました。
 
 
 
 
  
ちょうど春の秘宝展が開かれていて、話題の「平成の玉虫厨子」もぜひ見たいと思い、立ち寄りました。
 
 
 
 
 
飛鳥時代の国宝、持国天像や増長天像と共に、玉虫の羽をはりつけた玉虫厨子の複製品が展示されています。
 
1300年前の玉虫厨子はこれほどにきらびやかだったのでしょうか。
 
写真を撮れないのが残念です。
 
これは国宝の「玉虫厨子」、絵葉書から引用しました。
 
 
  
広告
カテゴリー: 神社、仏閣 パーマリンク

法隆寺、秘宝展 への15件のフィードバック

  1. saganhama より:

    こんばんわ(^<^)
    発表会はお済に成ったんですか?
    法隆寺秘宝展を見に行かれたんですね。玉虫厨子の再現品の事はニュースでも言ってました。
    再現した方のお話では、当時製作技術の凄さを改めて認識されたとか・・・・・
    古いものでも、良いものは何時までもいい物なんだと言う事を証明した、玉虫厨子だと思います。
     
    国宝薬師寺展が東京の上野で開催されて、日光、月光菩薩像が展示されてるので
    一度行ってみたいと思ってるのですが・・・・
    両菩薩像の背中の部分が話題になってましたね。見えなくなる部分も手抜きなしの製作者の
    姿勢は見習わなければなりません。
     
    大きな楠が今でも存在してるんですね。数年前に郷里の佐賀へ帰った時には、楠の大木が
    数多く朽ち果てていました。地球温暖化の影響なのでしょうか?
    紹介された楠も末永く生き続けて欲しいですね。
    楠からはショウノウが取れるので、郷里にはショウノウを作る工場が有りましたよ。今は遠い昔の
    お話です。
     
    新人バスガイドさんの研修風景。ウン十年前の修学旅行ではyasaka観光のガイドさんにお世話に
    なった思いであるので、何処か懐かしさを感じる光景です。
    男子ばかりの旅行だったので、ガイドさんが偉い人気でした!!!(爆笑)私もその時のガイドさんとの
    ツーショット写真を今でも持ってます(^^♪今では若かりし頃の良き思い出ですよ。

  2. saganhama より:

    追伸
    またやってしまった<m(__)m>
    発表会お済に成ったんですね・・・でした。

  3. そのちゃん より:

    コスモスさん、こんばんは。
     
    発表会、コンクールとご多忙だったんですね。
    お疲れ様です。
     
    古くからある大木にはすごいパワーがあると思います。
    それに触れていると安心出来るんですね。
    うちの庭に昔からある桐の木・・・
    とっても心休めてくれる木だったんですが
    根っこがすごくて地下の水道管を壊してしまう勢いなので
    とうとうきってしまいました。
    何だか物足りなく心細い感じで・・・。
     
    平成の玉虫厨子のニュースはテレビで見ました。
    きっと素晴らしいんでしょうね!
     

  4. yasuko より:

    コスモスさん、いろいろお疲れ様でした。 手の方は、大丈夫ですか?
    新人バスガイドさん、初々しいですね。 全部覚えてお話しするの、ホントに緊張するだろうなー。
    斑鳩神社から見る法隆寺、いいですね!

  5. KEN16 より:

    今晩は、遅くなりました。
    確かに老木になっても頑張ってる楠!ご苦労様です。少し上の方白いものでなく紅葉が見えますね。
    さらに濃いく色付くことでしょうね!斑鳩の里は、これからさらに賑やかくなるのですよねーえ?
    ところで”玉虫厨子”のフォトは複製されたものですか?コスモスさんは、これを御覧なられたのですか?
    それにしても、明るくなった春の光と落ち着いた古都の風情をとても感じますねーえ!
    ご無理をされませぬように・・・ 吉野千本の桜はトテモ楽しみにしています。
    それでは、また寄らせてください

  6. コスモス より:

    hamahamaさん、こんばんは~!
    発表会が終わり、やっと疲れが取れたころにコンクールがありましたので、
    今はホッと一息ついているところです。
    法隆寺の秘宝展で、今回は国宝の玉虫厨子は展示されていませんでしたが、
    複製品の「平成の玉虫厨子」を見てきました。
    埋め込まれている玉虫の緑色の羽が七色に光って、とってもきれいでしたよ。
    それにこれほど大きいものだとは思いませんでした。
     
    薬師寺の日光、月光菩薩が東京に行くにあたって、取り外された背中の部分のこと、
    わたしもニュースでみました。初めて日の目をあびたんですね。
     
    修学旅行でのバスガイドさんって、あこがれでしたよね~。
    私も中学生の修学旅行で京都、奈良をまわった時はyasaka観光でしたよ。

  7. コスモス より:

    そのちゃん、こんばんは~!
    そうなんです、4月の初めにまたコンクールがあるんですけどね、
    今はちょっと解放されています。
     
    法隆寺に行くと必ずこの楠木に会いにいくんですよ。
    こんなに空洞になってしまっても、元気に葉を繁らせている姿には、
    見るたびに感動します。
    桐の木、残念ですが水道管を壊されたんじゃあ、いたしかたないですね。
     
    平成の玉虫厨子、すばらしかったですよ。
    とっても豪華で、玉虫の羽の光が微妙な光を放っていました。

  8. コスモス より:

    離心円さん、こんばんは~!
    ありがとうございます、手の痛みは少しお稽古を休んだらなおりました。
    指先にとっても硬いたこが出来ているんですが、連日何時間も続けて弾くとダメですね。
     
    ちょっとした隙間から見える五重塔にハッとすることがあります。
    そんなときは、一番きれいに見える位置に立って気の済むまで眺めています。

  9. コスモス より:

    KENさん、こんばんは~!
    楠木の葉はきれいな赤い色をしてました。
    いつもお掃除が行き届いているので、なかなか葉っぱを拾うことは出来ませんが、
    あの赤い葉っぱが一枚ほしいな、と思います。
     
    ここに載せている写真は、本物の国宝の「玉虫厨子」です。
    今回は展示されていませんでしたが、玉虫の羽を埋め込んで同じように作られた
    複製品が展示されていましたので、見てきました。
    ちょっとした感動でしたよ、
    作られた当初は、この複製品のように玉虫の羽が七色の光っているのでしょうね。

  10. KEN16 より:

    こんばんは コスモスさーん!
    生きた玉虫を見たのは何年前かなーァ?
    厨子は、複製品とはいえ本物の玉虫を張ってたのですよね~ェ!
    奈良に住んでいることのカクトク?ですねーェ!
    何処からか取り寄せた玉虫、日本の玉虫だったのでしょうか?
    ところで、本物も併設展示されてたのでしょうか?(勝手なことばかりお訪ねしましてご免ください)

  11. 照れまん より:

        コスモスさん 初めまして
    度々お寄りしていたのですが、コメントをするのは今回が初めてです。
    コスモスさんの写真を眺めては、いつも構図の素晴しさに驚いていました。遠近法や光の加減など素晴しいなと思って見とれていました。
    奈良という歴史のある街にお住まいなので自然に身に付くものなのか、それとも元々お持ちなのかな、などと勝手に想像を膨らませていました。
     
    ところでまったく話は変わりますが、八頭高校残念でしたね。いいピッチャーだったのに・・・。
    たった1点で負けてしまいました。その1点も一塁アウトの間の一点だけだったので惜しかったですね。でもよくやりました。
    相手は大会屈指のピッチャーでしたから・・・・。堂々と渡り合っていました。
    中国地方、後残るは中国大会で八頭高校に破れた、山口県の華陵高校だけになってしまいました。相手が悪いんですよ。
    奈良の天理高校ですよ。もう負けました。県立の進学校では太刀打ちできる相手ではありません。
    まあしかし、高校野球はやってみないと解らないので、どうなりますか。
    突然お邪魔して、野球の話題で申し訳ございません。コスモスさんが張りのある声で、校歌を歌われる所を想像しておりましたのに、校歌が聴けなくて残念でした。
    また、お寄りします。これからもよろしくお願い申しあげます。 何事も 玉虫色 の 照れまん でした。

  12. コスモス より:

    KENさん、お返事がおそくなり、すみません。
    春休みに入って孫が泊まりにきていましたので、pcに向かう暇がありませんでした。
    寝てるあいだにコメ入れようと思ったら、 あらら~! 入力できない
     どうなってるの~?  どうしてなおしたらいいの~?
    ゲームをしていた孫がどっかさわってしまったらしい、
    結局、迎えに来た息子になおしてもらい、一件落着・・でした。
    パソコンのこと、もっと知りたいってつくづく思いましたよ。
     
    玉虫は子どもの頃に見てから見てないですね。
    複製品には外国から取り寄せた玉虫の羽が何万枚か(数を忘れてしまいました)貼り付けてあります。
    ほんとにきれいでしたよ。
    本物の玉虫厨子は展示されていませんでした。
    二つ並べて見比べたかったですね。

  13. コスモス より:

    照れまんさん、
     こちらこそよろしくお願いします。
    ブログを始めたときに小さなデジカメを買って写し始めた写真です。
    思いつくままにパチパチと撮っているだけで、まったくの初心者なのに、
    そんなにほめていただいて、こそばゆいですよ。
     
    八頭校、ほんとに残念でした。
    甲子園まで応援に行ってきたんですよ。
    よく守っていたけど、もう一つ打てなかったですね。
    球場で何度も校歌を歌いました。
    試合が終わって、選手が応援席の前であいさつしてくれた時、あちこちで
     ようやった~! よう頑張った~! と声がかかり、見ていてホロリときました。
    また夏に期待します。
     
    華陵高校も残念でしたね~。
    天理も応援したいし、照れまんさんのところも応援したいし、複雑な気持ちでしたよ。

  14. jazzy より:

    コスモスさま
    こんばんわ
    玉虫厨子見られたんですね、僕も見たかったな~
    複製品はどうでしたか?
    きっと当時のもとても絢爛だったのでしょうね
    一度当時のを見てみたい
     

  15. コスモス より:

    jazzyさん、こんばんは!
    平成の玉虫厨子は 「すばらしい」の一言ですよ。
    ほんとにきれいでした。
    今度は国宝の玉虫厨子をぜひとも見たくなりました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中