小さな踊り子

今年最後の民謡コンクールが京都で開かれ、唄の伴奏で参加しました。
150人の出場者が年齢別に別れて、お稽古の成果を競い合いました。
 
 
 
コンクールの合間の「賛助出演」のコーナーで、とってもかわいらしい踊り子さんを見つけました。
同じようにハッピを着せてもらい、小さな傘をもって大人の間をウロウロ、ウロウロ。
その仕草がなんともかわいらしい! 踊ってる人にぶつからないかと、見てるほうがヒヤヒヤです。
三味線の音色より、見事な傘踊りより、この2~3才の女の子の方がずっとずっと会場の注目を浴びていました。
 
 
広告
カテゴリー: 津軽三味線と民謡 パーマリンク

小さな踊り子 への2件のフィードバック

  1. saganhama より:

    こんばんわ(^O^)
    民謡コンクールですね。日本の文化は大きくでは無いけど確実に息づいているんですね。
    最近は聞く機会も殆どなくなってしまいましたが、カラオケが普及する前は飲み会等で
    必ず歌ってました。皆で手拍子しながら、懐かしいですよ。
    背筋伸ばしてお腹から声を出すと気持ち良いでしょうね。コスモスさんは歌われないんですか?
     
    あります、ありますねぇ~(o^∇^o)ノこんな微笑ましい場面が、穢れ無き天使のようで
    誰も勝てません。
    人は何処かでこのような時を置いてきてしまうんですね。私も遥昔に置いてきてしまいました(;´▽`A“
     
    事後報告で申し訳ありませんm(__)m友人リストへの招待OKしていただけたら幸いです。

  2. コスモス より:

    hamahamaさん、いつもコメント有難うございます。
    そうなんです、若い人にはなかなか受け入れられませんが、
    民謡という日本の文化は、この国がどんなに欧米化してもやっぱり日本の原点で、
    守っていかなければならないと思います。
    そういう私も三味線を始めるまでは、ピアノとコーラスに夢中だったんですけどね~。
    唄もおけいこしてますよ、秋田民謡が好きで「秋田長持ち唄」と「本荘追分」がもち唄です。
     
    友人リストへの招待、有難うございます、喜んでお受けします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中