特別公開

文化の日を中心に、普段見られないものを、いろんな所でいろんなものが特別公開されています。
「平成の大修理」が行われている「唐招提寺」と、平城宮跡の「大極殿正殿」の復原工事を見学してきました。
 
 
  唐招提寺
 
 
奈良時代を代表する建築として名高い唐招提寺は、鑑真和上が戒律を学ぶ人達のための修行の場として開かれました。
金堂は平安、鎌倉、江戸、明治、と過去4回の大修理が行われてきたそうですが、
100年ぶり、「平成の大修理」が2000年から10年間かけて続けられています。
 
 屋根をこの位置から見られるのは、修理のときならではですね。
 
 
 
 
屋根の部分を支える「邪気」は天平時代の作そのままだそうです。

屋根の下はしゃがみ込まないと見えないので、カメラを足元に置きシャッターをきりました。

 
 
 
瓦がきれいに葺き終わってます。
 
 
 
 
                   天平の鴟尾(しび)は傷みがひどく、 
                   大棟に上げられることはないようで              公開の最終日とあって、たくさんの人が見学に訪れていて
              完成すれば、この金堂に展示されるのでしょうか。                  写真を写すのもたいへんでした。
 
     
 
 
 
 
 
大極殿正殿(だいごくでんせいでん)
 
 

奈良時代の都だった「平城宮」は、奈良市のほぼ中央にあり、広々とした野原として残されています
現在は、正面の入り口にある「朱雀門」と「東院庭園」が復原され、資料館も出来て市民の憩いの場となっています。
 
               大極殿前からみた朱雀門                            朱雀門
 
     
 
 
 
復原工事が行われている大極殿は、「平城宮」の中心にあって、

天皇の即位式や、元日の朝賀のような国家的儀式に使われたそうです。
 
 
 
      
 
 
普段は静かな平城宮跡も、今日ばかりはたくさんの人の行列ができていました。
 
広告
カテゴリー: 神社、仏閣 パーマリンク

特別公開 への11件のフィードバック

  1. KEN16 より:

    今晩は!コスモスさん
    落ち着かれましたのでしょうか?KENは薬師寺の方には足が向いたことがないので申し訳ありません。
    それだけに大変興味をそそります。奈良市内から西の方へ少し離れていたのですね?
    薬師寺、唐招提寺は、全く不案内で申し訳ありません。
    平城宮の朱雀門辺りは、何年か前、へとへとになって歩いたことがあります。
    北京の故宮の建物や庭を歩くことに比べると悩ましい散策だったことを思い出します。
    その平城宮の方では大極殿の復元が進んでいるのですね?天平の甍ですか?
    唐招提寺も平成の大修理など一般公開は見ごたえがあったのでしょうね。
    時間をかけて歩くことをいとわないコスモスさんの忍耐強い好奇心に圧倒されます!
    KENも訪ねたくなりました。やはり、訪ねる季節は、春とか秋あたりがいいのでしょうね?
    いやいや、まだ吉野の桜見を果たしてないので、その次あたりになるのかな?

  2. jazzy より:

    こんばんわ、コスモスさん
    僕も唐招提寺行きたかったんですよ~
    テレビで天平の建築の組み方現在でもわからないところがいっぱいあったそうだと報道されていました
    そんな古の匠を是非一度近いところでみたかったです
    亙の敷かれた流れるような美しいライン、美しいとしか表現できません!
    本当に自転車持っていっといたらよかった~
    大極殿もベンガラ?の朱がとてもきれいで奈良に都があったことに思いがタイムスリップしてしまいますね
    酔いお写真を拝見できて良かった(感激!
    掲載していただいてありがとうございます

  3. jazzy より:

    感じまちがってしまいました、酔うようなほど良いということで(笑

  4. コスモス より:

    KENさん、いつも訪ねてくださって有難うございます。
    平城宮跡は広くて、ひとまわりするとヘトヘトになりますよ。
    今回私は、唐招提寺と、大極殿と見学のはしごをしましたが、足がクタクタになりました。
    薬師寺は豪華で華やかですが、唐招提寺はシットリと落ち着いた、心がシ~ンと静まり返るようなお寺です。
    春にはぜひ吉野の千本桜を見に来てくださいね。

  5. コスモス より:

    jazzyさん、こんばんは~!
    せっかく奈良まで来られたのに、唐招提寺まで行けなくてほんとに残念でしたね。
    日曜日も、阪奈から西ノ京にいく道は車が数珠つなぎでした。
    自転車ならスイスイと平城宮跡までまわれたかもしれませんね。
    写真に酔っていただいて、私もうれしいです。
    今度はぜひご自分の目で見て酔ってくださいね。

  6. 猫と薔薇と私と より:

    いいなぁ 公開見に行かれて。いつも 見上げるばかりの屋根が こうやって 目線の高さにあるって。
    井上靖の「天平の甍」思い出しますね。それと 三好達治さんの詩で 「御寺の春」だったかな  御寺の甍 緑に潤い 風鐸の姿静かなり という 
    一節を持つ詩がありましたね。 奈良というと どうしても思い浮かんでくる作品です。そうそう 唐招提寺というと 「御目の雫 拭わばやは」というのも ありましたっけ。奈良は 文学作品にも非常に秀逸なものがありますね。京都の 一見華やかなそのくせ 血みどろな陰湿な世界とは 異なって
    新進の気風も 鮮やかな荒っぽいながらも 伸びやかな そんな印象があります。もちろん 奈良だって 戦の修羅場を何度もくぐってるわけだけど。
    南大阪の大学にいた加減で 奈良には思い入れがあります。

  7. ゆん より:

    こんにちは~
    平成の大修理ですか?
    ほとんどお目にかかることのない貴重なお写真、コスモスさんのおかげで、見ることができます。
    ありがとうございます。
    奈良に住んでいらっしゃると、じっくりと見て歩けて、うらやましいです。
    こんなに大々的な修復作業なんですね!
    このように、手入れが行き届いているから、長い年月を保っていられるんですね。すばらしいです!!
    修学旅行で行ったときなど、何を見てきたのかもわかりませんでしたけど、
    今、この年代になって、日本の建築美術のすばらしさを感じます。
    時間たっぷりとって、見に行きたいと思います。
    いろいろ、奈良のいいところ、教えてくださいね。
    ↓の写真も、改めて拝見。すばらしいです。
    やはり暮らしてらっしゃる方が、いちばん、いいところを感じられるんだなあ~~と、感激です。\(^o^)/
     
     
     

  8. コスモス より:

    猫と薔薇と私と さんへ
    唐招提寺の金堂がこんなに間じかで見られるとあって、どうしても見ておきたいと思いました。
    2010年の完成がまちどうしいです。
    奈良にたくさんの思い出をお持ちのようなので、私のブログで楽しんでいただけたらうれしいです。
    これからも、大和路をいっぱい歩きたいと思っていますので、お付き合いくださいね。

  9. コスモス より:

    ゆんさ~ん!
    いつもお立ち寄り、有難うございます。
    そうなのよね、私もこの年になって1300年守り続けられてる奈良の数々の文化遺産に魅せられるようになりました。
    中学や高校の歴史の時間は退屈だったのに、今は歴史にふれるのが楽しくてしかたありません。
    ゆっくりと、じっくりと見てまわれるのはこの地に住んでる者の特権ですね。

  10. saganhama より:

    こんにちわ(^O^)/
    唐招提寺の大改装!未だに当時の建物がどの様な構造で組まれたか、未知の部分が多いそうですね。
    釘も接着剤も使わず組み手だけで、大きな建物を支える技術は凄いの一言に尽きます。
    屋根の優雅な曲線にも意味があって、大きな重みを支える為に計算された曲線だとか!
    指物大工を少しかじった者としては建物のつくりの技に興味が湧きますね。手作業で緻密な加工をし
    それらの積み重ねでこれだけの建物を作ったなんて・・・・・この技がこれからも残って欲しいものです。
     
    復元や改修のフォトは楽しく拝見させて頂きました。身近で現物をみれる環境に居られるコスモスさんが
    羨ましいです。奈良、京都は日本の匠の技の大きな博物館ですよねぇ~(^O^)
     
     

  11. コスモス より:

    hamahamaさん、こんばんは~!
    ほんとに、釘も接着剤も使わずにあれだけの大きな建物がしっかり建ってるなんて、
    精密に計算しつくされたとはいえ、すごいことですよね。
    屋根を間じかでみて、その曲線がとっても美しいと思いました。
    それも重みを支えるために計算されたものだったんですね。
    みなさんから、いろんなことを教えていただいて、ますます興味がわいてきました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中