薬師寺

近くにあると以外と行かないもので、ほんとに何年ぶりかに薬師寺を訪れました。
 
                                                                                                        パンフレットより
 
世界遺産に指定されてるこの薬師寺は、天武天皇によって発願、
持統天皇によって飛鳥の地に建立され、平城遷都に伴い、今の地、西ノ京に移されました。
数度の災害や兵火によって焼け落ちてしまい、ただ一つ東塔だけが創建当時のままの姿で残っています。
新しく建て直されたため、他の建物は鮮やかな朱色で絢爛豪華なお寺です。
 
金堂
 
 
 
  大講堂
  
 
                                                         東塔                                西塔
                
  
 
 回廊
 
 
 
 奈良公園では正倉院展が開かれていて、たくさんの人でにぎわっていますが、
薬師寺の玄奘三蔵院伽藍では、秋の大宝蔵殿特別公開と、平山郁夫画伯の壁画の特別公開が行われていました。
 
玄奘三蔵院伽藍 
 
 
 
おなじみの吉祥天画像です。
写真はよく目にしますが、長い年月を経てきたこのふくよかなお顔の画像は、
いつまで見ていても飽きません。
 
                         パンフレットより
                                                              
 
たくさんの、国宝に指定された仏像を一つ一つ見てまわり、
時には仏様の前においてあるイスに腰をおろして、お顔をながめたりして半日過ごしました。
少々落ち込んでいた心が、ちょっとだけ救われた気がしました。
 
以前もアップしましたが、大池から見た薬師寺の夜明けです。
  
広告
カテゴリー: 神社、仏閣 パーマリンク

薬師寺 への12件のフィードバック

  1. 猫と薔薇と私と より:

    薬師寺ですね。
     昔 管主さんが 大学に講演に来てくださいました。大谷でしたので 宗教学の時間があったんですよ、人気のある管主さんで
    普段はサボってる私も しっかり座って聞いておりました(^-^ )。管主さんの お名前忘れちゃったけど。
     あのあたり 発掘仲間と 何度かぶらぶらしたものです。
    大学から 金剛 葛城の山が見え 近鉄も南海も 古墳を見ながら走る 南大阪に4年居ました。
     発掘に携わるようになってから お寺も礎石や柱の構成や屋根瓦や形に 目がいくようになりました。
    そういえば 「土門 拳」さんの 蛙又の写真集を見ながら 「ここ行ったっけ あそこも見たっけね。」と
    浸っていました。ちょっと 青春の名残を感じました。

  2. コスモス より:

    猫と薔薇と私と さんへ
    ユーモアのある説法で話題になった、薬師寺の管長、高田好胤さんじゃないですか、
    あの頃は、テレビにもよく出られてましたし、本も出版されましたね。「心」を読んだおぼえがあります。
    発掘にかかわってらしたんですね、それじゃあ奈良は詳しいですね。
     

  3. saganhama より:

    はじめまして(^O^)/hamahamaと申しますm(__)m
    いい年して今頃顔文字にハマってまして、使いすぎてしまうのをお許しください。
     
    のらさん、jazzyさんの処でお見かけしてました。綺麗なフォトを記事中に使用されているのが
    印象的なブログだなぁ~と感心しておりました。ここいら辺でお声掛けしてみようかと思いコメント
    してみました。
    奈良は10代の時、修学旅行で行ったのが最初で最後でした。古き良き日本が残ってる処って言えば
    良いのですが、ハッキリ言ってエライ田舎だねと言うのが素直な感想でした。30数年前の話ですから
    今はそんな事無いんでしょうが。
    その時に薬師寺も行きましたが、東塔は記憶にあるのですが他は殆ど忘れてしまいました(~_~;)
    ところで、私だけなのでしょうか薬師寺の夜明けのフォト以外は表示され無いんですよ???
    もし、見れる様に出来るんでしたたら宜しくです(^○^)
    京都に比べると少し控えめな印象がある奈良にも、機会を見て出かけてみたくなりました。
    これからも、色々な所の紹介を宜しくお願いします。楽しみに待ってます。
     

  4. KEN16 より:

    ご無沙汰しています コスモスさーん!
    でも でも、KENだけでしょうか?ブログ中、始から6枚ほどのフォトが消えてますが?!?!?
    最後の大池と薬師寺のフォトだけアップして残ってい?ます。
    メッセージ送信が使えなかったのでこの欄でコメントしました。
    また寄らせてもらいます。再アップをまってまーす!

  5. ゆん より:

    コスモスさん、こんにちは~
    私にも、一番下の画像しか見えません・・・・
    前だったら更新ボタンで見えるようになる時もあったけど、IE7にしたらボタンがない・・・
    素敵な薬師寺の夜明け、日本のいい文化をしみじみ感じます。

  6. コスモス より:

    hamahamaさん、はじめまして!
    お越しいただいて有難うございます。
    ブログを始めると同時に小さなデジカメを買って、目につくままに、いろんなものを写しています。
    まとまりのないブログですが、よろしくお願いします。
     
    30数年前から比べれば変わったと思いますが、奈良は田舎ですよ。
    古い神社仏閣は、千年の歴史を感じさせるくすんだ色のものが多く、京都のきらびやかさとは全く違います。
    それが田舎の奈良によく合うんです。
    私は、hamahamaさんが修学旅行で奈良に来られた頃、こちらに引っ越してきました。
    仕事と家事に追われてきましたので、退職した今になって奈良に魅せられるようになり、
    暇さえあればカメラを持ってウロウロしてます。
    これからも大和路を歩きながら、写真を写していきたいと思っていますので、
    またお立ち寄りください。

  7. コスモス より:

    KENさん、
    コメント有難うございます。
    いつもと同じように記事を書いて、同じように写真をアップしましたが、
    最後の一枚だけ、過去のフォトから引っ張ってきましたので、そのせいで、前の写真が消えてしまったのでしょうか。
    以前にも同じ方法でしたことがあったのですが、その時は問題がなかったようです。
    最初からやりなおしましたが、見えるようになりましたか?

  8. コスモス より:

    ゆんさん、こんばんは!
    最初からやりなおしました。見えるようになりましたか?
    写真に×がついた時は、自分のpcで見たときも×になってくれたら分かりやすいのにね。
    薬師寺は東塔以外は新しく再建されましたので、朱塗りの豪華なお寺で「わび、さび」が感じられません。
    池の反対側から見る薬師寺の塔は、じゅうぶんに古都を感じさせてくれる私の好きな景色です。

  9. jazzy より:

    こんばんわ、コスモスさん
    ご無沙汰してます、元気にしてますが少しへばり気味です(笑)
    今日、西の京方面に行きたかったんですが・・・唐招提寺の平成の大改修を間近で見られるというので、
    正倉院展に行った後、予定してましたがもうすごい渋滞であきらめました
    正倉院展は行けましたが
    西の京周辺は僕も少ししないからはずれるのでなかなか足を運ぶことができないところです
    しかし天平の絢爛豪華な建築物はとても美しい!
    職場の仲良しさんが平山郁夫さんの絵を見に行かれて感動していました
    正倉院展もすごい人でしたよ
    今日のような日に1日で回るのはとても無理でしたね
    またの機会に是非ゆっくりと西の京を堪能したいですね

  10. yasuko より:

    こんにちは!
    いつも思うのですが、京都は「お越しやすお越しやす」と手招きしているけれど、奈良は黙って待っているような感じです。
    私は車に乗らないので、奈良はあちこち一度に見て回ることができません。 でも、それがまたいいのですね。
    奈良の色はくすんでいますが、建て直しできらびやかな色になっても、それはそれで似合うように思います。 昔、テレビで東大寺の何かのお祭りを見た時に、朱色や青や黄色の鮮やかな唐風の布や、花びらに見立てた紙?が舞い落ちる様子に、うっとりしました。 とても華やかでしたが、やはり奈良でした。
     

  11. コスモス より:

    jazzyさん、こんばんは~!
    正倉院展は2回行きましたが、ここ数年行ってません、また行ってみたくなりました。
    渋滞でたいへんでしたね。
    薬師寺は絢爛豪華な伽藍です、近くにある唐招提寺とは対照的な感じがします。
    特に中に安置されてる数々の仏像を見ていると、せわしない現代に生きている自分や、
    日々のわずらわしさを忘れさせてくれます。

  12. コスモス より:

    離心円さん、こんばんは~!
    うまい! ほんとにそうですね~、奈良は黙って待ってる感じがします。
    時代を感じさせる、くすんだ色の伽藍も多いですが、朱色と緑色を基調にした建造物もたくさんあります。
    平城宮跡に復元された「朱雀門」や、今工事が行われている「大極殿」は鮮やかな朱色ですよ。
     

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中