散歩

                 一気に春の訪れと思いきや、せっかく咲いた春のお花が、冬に逆戻りの冷たい風にぶるぶると震えていました。
 
                              久しぶりに訪れた法隆寺では、いよいよ春の行楽シーズン到来か、
 
                                旗をかかげたガイドさんの後に続く団体客を何組も見ました。
 
                              五重塔を、少し離れた所からから眺めてみたくて、遠回りして歩いてみました。
 
              
 
 
                 強くて冷たい風に、椿の花が落ちそうでした。
                
広告
カテゴリー: 斑鳩の里 パーマリンク

散歩 への14件のフィードバック

  1. こも より:

    ほんとうに・・青空なのに寒そう!
    こんな広々とした風景の中に五重塔が微かに見えるなんて! 良い雰囲気ですね。
    観光に行っても見られないですものね。
    椿に寄り添うような五重塔!
    歴史の有るものはそれだけで物語ってくれるのですねヽ(*^^*)ノ    
    素敵な景色を見せていただきました。

  2. jazzy より:

    こんにちわ、コスモスさん。
    有休消化で3月はお休みちょっと取れるようにしてますv(^^)。
    ツバキ、今見頃ですねー。
    私の家の周囲もたくさん咲いていてつい立ち止まって見入ってしまいます。
    ゆうている間に田植えが始まりますねー。
    1年早いです。
    ところでコスモスさんに教えていただいたお花見の場所、大野寺と本郷の又兵衛桜行こうかと思ってます。
    誰か一人下戸連れて行かないと(笑)。

  3. meiya より:

    コスモスさん 今晩は。
    うわ~、なんかひろ~いお空に飲み込まれそうな雰囲気ですね~。(^^)
    その向こうに 五重塔、 流れる雲が 時の行き越しを感じさせてくれます。
    いい風景ですね~。
     
    椿、真っ赤な花が一際 あでやかになる季節を迎えましたね。
    引き際の鮮やかさ、潔さ、私もこの花のように 生きられたらいいなぁ。
     
    そちらも寒さがぶり返してきたのですね。
    こちらは今日やっと、少しだけ 暖かくなりました。
    春よ・春よ と 急ぎすぎたかなあ?^^;

  4. 愛月 より:

    コスモスさん、こんばんわぁ!
    これこれ この雲! まーおんなじ!! 数日前、青空を背景に 強い風に流される白い雲を見ました。
    時間差を経て同じ雲を見たのでしょうか?
    お互い違う所に立っていながら、同じ心持ちだったのでしょうか?
    久しぶりにPC画面を開きました。一番にコスモスさんのBlogに参りました。画像を見て やはりほっとしました。
    コスモスさんもお忙しそうですね。お体をお大事に……☆

  5. のら より:

    三寒四温・・というのは今頃のことをいうのでしょうか。
    寒くなって暖かくなっての繰り返しで、着実に暖かさが増していきますね。
    強くて冷たい風に青空の雲は流れて椿の花も落ちそうな気配ですが、今日はまた少し和らいでいます。
    遠くから塔の見える景色が如何にも斑鳩らしいのどかな雰囲気を感じます。
    そうそう、1週間ほど前、法隆寺に行ったんですよ。
    あの中が洞になった楠の古木を見ました。創作市場で梅酒といちじくのジャムを買って帰りましたよ。
    なんかコスモスさんに会えそうな気がしましたが・・・。

  6. コスモス より:

     コメントくださった皆さま、お返事がたいへん遅くなって申し訳ありませんでした。
    義兄が亡くなり、葬儀のためにしばらく留守にして居りました。
     早い春の訪れと思っていましたのに、3月に入って冬本番の寒さになり、
    葬儀の行われた徳島県の三好市では、四方が山に囲まれた土地柄もあってか、雪がちらついていました。
     
      こもさん、
         お久しぶりです。
         こんな風にいろんな方角から見て楽しめるのも、地元ならです。
         このまま、いつまでものどかな風景であってほしいと願わずにはいられませんね。
     
      jazzyさん、
         有休は山小屋のこもって読書三昧、それとも・・ 春探しの散策?・・どちらもいいですね~。
         ほんとに一年、早いです。 ついこの間まで紅葉を追っかけてたような気がします。
         叉兵衛桜、私見に行ったことないんですよ、地図に載ってるくらい有名ですからね、それは見事な木のようですよ。
         そうそう、やっぱりお花見にはおいしいお酒がないとね。
     
      meiyaさん、
         この日はとっても寒くて風もありましたから、空気も澄んで、雲も刻々と流れて、いろんな形がみられました。
         子どもの頃に見た、白い雪の上に真っ赤な椿が落ちてる景色を、懐かしく思い出しました。
         落ちた椿のおしり(?)を、「甘い、甘い」ってチュッチュッって吸ってましたよ。
         この寒さ、いがいと続きますね~、今日も寒かった!
     
      まるちゃん、
         この雲、瀬戸内海を通って新居浜まで行ったのかな~、
         あ、それとも新居浜から奈良まで来たにかな~、
         うれしいですね、同じ雲を見てたのかもしれないわ~。
     
      のらさん、
         三寒四温ね~、今年は激しいですね~、
         びっくりするほど暖かくなったと思ったら、びっくりするほど寒くなったり。
         私が散歩してる、同じ道をのらさんも通られたんですね~、
         あの古木の前にも立たれたんですね~、
         法隆寺に行くと、楠木が気になって一番先に見に行きます。
         しばらく前に立って、「元気でね~、頑張ってね~」と声をかけて帰ります。

  7. KEN16 より:

    こんばんは 暫くご無沙汰しております
    コスモスさんも義兄を亡くされたのですか。四国へ行って春雪を見てこられたのですか。
    こちらも、少し肌寒い日が続いています。
    何方からか、奈良は底冷えがあると聞いたことがあります。お風邪をひかれませぬよう。
    また、寄らせてください。

  8. meiya より:

    コスモスさん 今晩はぁ。
     
    まぁ、そうだったのですか・・・。
    それは大変でしたね~。寂しくなられましたね。
    春雪の中でのお葬儀、雪まで お儀兄様をお見送りしてくださったのですね。
     
    四国というと、かなり山深い所が多いですね。
    それだけ自然も多いということでもあるのでしょう。
     
     

  9. コスモス より:

    KEN16さん、少しは落ち着かれましたか?
    その時は気がはってるけど、後で疲れがどっと出るんですよね、お大事になさってください。
    葬儀に出席しただけの私でも、疲れから腰痛と風邪でダウンしてます。
     この二ヶ月の間に夫は二人の兄を亡くしました。
    「淋しなった!」を連発してます。親しい人との別れはつらいものですね。

  10. コスモス より:

    meiyaさん、こんばんわ~!
    徳島の祖谷ですので、かなり山深いところです。
    山深いから寒いのかと思ってましたら、全国的に真冬の寒さだったようですね。
    また岡山を通りましたよ、いっつも通りすぎるだけやけど・・
    いつか降りてゆっくり散策してみたいですね~、倉敷にももう一度行ってみたいわ~。

  11. meiya より:

    コスモスさん 今晩はぁ。
    祖谷ですか~。一度だけ かずら橋渡りに行ったことあります。
    平家の里ですよね!
    あの時も 大分山の中を走った記憶あります。
    でも素朴で、とてもいい雰囲気の村だと思いました。
     
    次回 岡山にお越しの説は是非 声をかけてくださいね~。
    案内はちょっと苦手ですが、お茶でもご一緒させてくださいませ~~。

  12. コスモス より:

    meiyaさん、
    あら~ぁ、meiyaさんと 「お茶」できたら楽しいでしょうね~。
     中学生の時から文通を続けてる「ペンフレンド」が津山にいるんですよ。
    一度会いたいねって言いながら、もう40年以上たちましたよ。
    会った事もないのに、私の中ではすぐにイメージが浮かんできます。おもしろいですね~。

  13. のら より:

    徳島のお話が出ていましたので、思い出話を・・・
    数十年前に穴吹か貞光だったかいうところから剣山に登って祖谷に抜けたことがあります。
    登山口のその村にバスで降り立ったのは夕方で、一軒だけあった商人宿とおぼしきところに投宿しました。
    宿帳を書いてくださいと持ってこられたその用紙には「氏族・平民・その他」と印刷されていて身分を○で囲むようになっていました。
    迷ったあげく平民にしました。
    予約もなにもなくて泊まったものですし、ほかに泊り客もなく、宿のほうも料理に困ったらしかったです。
    夕食は鳥づくし、朝も鳥、「山登りならお弁当が要るでしょ」と依頼もしていないのに作ってくださったものも鳥ばかり。
    どうやら我が宿泊に鶏が一羽犠牲になったものと知りました。
    川の大きな石に和紙を作る木の皮が晒されていたのを思い出します。
     
     

  14. コスモス より:

    のらさん、こんにちわ~!
    いつの時代かと思うようなお話ですね~。
    7~8年前に剣山に登りましたが、深い渓谷の川沿いに山を削って作った道の片側に一列に家が建ってたのを思いだします。
    今回行ったのは祖谷温泉の近くですが、それでもすごい山の中でした。
    今のように簡単に車で行き来できなかった昔は、かなり孤立していたのでしょうね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中