民謡

 
私の住んでる地域に、お年寄りの方に交流の場を提供しているボランティアの団体があります。
 
「友達がいない」 「足が痛い」 「腰がいたい」 などの理由で閉じこもりがちな年配の方達は、家から出て行く機会が少なくなり、
 
人と話す機会もなくなって、淋しい思いをされてる方が少なくありません。
 
そんな人達に集まっていただいて、ある時は簡単な手遊びをしたり、ある時は牛乳パックを使ったもの入れを作ったり
 
またある時は、みんなで [おぜんざい] を作って食べながらおしゃべりしたり・・と、いろいろ工夫しながら
 
手作りの会を運営されてます。
 
   「肩肘はらないで、私たちが楽しんでるのよ。だって、私たちが楽しくなかったら来ていただいた人も楽しくないでしょう」
 
と言われる代表者の方は、明るくて、快活で、聡明で、とても好感のもてる方です。
 
その彼女に、「民謡を唄う会をやってほしい」 と頼まれたのが二年前でした。
 
年に2~3回ですが、誰でも知ってる民謡、誰でも唄える民謡を、みんなで一緒に大きな声で唄っています。
 
生の三味線の伴奏で唄えるのがうれしいと、喜んでいただいてます。
 
最初の頃は緊張しっぱなしで、終わるとドッと疲れていましたが、回を重ねるごとに慣れてきて、
 
今では、みなさんの様子を見ながら曲を変えたり、どなたかに唄ってもらったり、
 
その時に応じてパターンを変えられるほどゆとりが出てきました。
 
しかし、いつまでたっても難しくて慣れないのが、唄と唄の間にいれる 「しゃべり(トーク)」です。
 
小難しくなってもおもしろくないし、砕けすぎると締りがなくなるし、場を盛り上げながら話を進めていく技は、
 
これはもうその人が持ってる才能でしょうか。 私もこんな才能がほしい! つくづくそう思います。
 
今日はちょっと思考を変えて、「花笠音頭」 「真室川音頭」 「鹿児島小原節」 などを唄ったあと、「炭鉱節」を踊ってもらいました。
 
ボランティアの方に混じって踊ってくださったのは数名でしたが、座ったままで手だけで踊ったり、
 
手拍子をたたいたりして、楽しんでいただいたようでした。
 
年と共に、民謡は体になじむというか、しっくりくるようですね。
 
                
広告
カテゴリー: ボランティア, 津軽三味線と民謡 パーマリンク

民謡 への13件のフィードバック

  1. のら より:

    向こうのほうで三味線弾いてるのがコスモスさんかなぁ・・あっ、ちゃうか。コスモスさんが写真撮ってるんやった!
    右の写真見て、「炭坑節みたいやん」と思て記事をよんだらやっぱりそうみたい。
    生演奏の三味線で踊る民謡は楽しそうですね。一芸に秀でたコスモスさんの腕だけで立派なボランティアです。敬服です。
    その上にトークまでも、ってもったいない。十分だと思いますよ。
    でも磨けば光る才能のこと、コスモスさんならオールマイティかも・・ですね。

  2. コスモス より:

    のらさん、おはようございます~!
    そうで~す、向こうのほうで三味線弾いてるのがコスモスです。
    最初から最後まで、三味線を手放せませんので、写真はお友達にお願いしました。
    一時間半も時間を与えられると、唄ばかり唄ってもいられませんので、トークは切り離せないんですよ。
    民謡が生まれた地にまつわる民話や、名産などを調べて話しの中におりまぜていきます。
    難しいけど、やってみると意外と楽しいんです。

  3. KEN16 より:

    コスモスさん ご無沙汰しております 
    雨が降ってる時でも三角点探訪し、さらに雨の降るような時では、地域の皆さんとの交流をやってるんですねーえ!
    これからは人生?真面目?不真面目?何事も遣り残しのないように!
    トーク交じりの三味線はのりがいいですか?パソコンなどに向かって家で閉じこもりは駄目ですねーエ!?!

  4. meiya より:

    コスモスさん 三味線引かれるのですね!うわぁ~尊敬!
    写真、頭をくっつけて見ても、顔、わかんな~い!残念!^^;
     
    ひょっとして民謡の先生ですか?
    実は私の友人にも民謡と三味線のお師匠さんがいますが
    同じように毎月一回、老人ホームに慰問に行っています。
    始めは何を言ってもほとんど分からなかったようなお年寄りが、
    毎回、手をとり、目をあわせ、拍子をとりながら歌いかけると
    だんだん、表情が出てきて生き生きしてくるのが、嬉しい!って
    私に楽しそうに話してくれたことがあります。
     
    誰に頼まれたわけでもなく、ボランティアでやっているのですが
    其処の所長さんも驚いて居られたそうです。
    みんなの顔つき、態度がこんなに変わるものかって。
     
    こんな友人を持って私は幸せです~。もっち尊敬もしてます。
    コスモスさん、大変でしょうが頑張ってくださいね。
    かと言って、お疲れも出されませんように・・・。
    一体どっちやねん?(◔‿◔)エヘ   すみませ~~ん。<(_ _*)>ぺコリ

  5. コスモス より:

    KEN16さん、こんばんは~!
    山歩きも三味線も大好きなんですよ、両極端なのにおもしろいでしょう?
    私って変な人って、自分で思います。
    トークののりは、もうひとつだな~って思います、私のどちらかといえば生真面目な性格がでてしまうんですね~。
    ほんとに、元気なうちに遣り残しのないように、いろんなことに挑戦したいですね。

  6. コスモス より:

    meiyaさん、こんばんは~!
    民謡の先生じゃありませんよ、
    どちらかというと民謡はきらいだったんだけどね、津軽三味線が好きで習い始めたんです。
    民謡を知らないと三味線も弾けない、という訳で唄も一緒にお稽古してたら、今は完全にはまってしまってます。
    西洋の音楽と違って、同じ曲でも唄う人によって、いろんな唄い方があって、それぞれに、それぞれの味があって、
    こういう唄い方がいいという決められたものがないのが、返って難しいですね、奥が深いのはそのせいだと思います。
     
    私も時々先生と一緒に老人ホームに行きますが、よく知ってる唄になるとうれしそうに手拍子してくださいますよ。
    反応があると、やってる方もうれしいです。
    疲れが出ない程度にがんばりますね、ありがとう~。
     

  7. jazzy より:

    こんばんわ、コスモスさんw。
    コスモスさんの多彩さに驚かされます。
    私も昔自治会長の経験があって老人会のお手伝いとかいろいろとやったことを思い出しました。
    最初は準備とか大変で憂鬱でしたがいろいろと交流してやっぱりこういう活動って大事やなーと思いましたね。
     
    ところで一度コスモスさんの三味線一度聞いてみたいです。

  8. コスモス より:

    jazzyさん、こんばんは~!
    私は山歩きと音楽が好きなだけで、他には何も出来ないですよ。
    毎日お家にいるお年寄りの方は、いつもと違うことをしたり、ふれたりすることが楽しみのようです。
    へたな三味線でも、喜んでいただけたらとてもうれしいです。
      

  9. 愛月 より:

    おはようございます♪
    お久しぶりに参りましたー。まぁ~コスモスさん多才万才。素敵です。
    一芸を披露することは、さぞ神経をつかうことでしょう。場を何度も経験なさって、今では皆さんの心をつかんでいるのでしょうね。
    三味線の激しい音色と耳慣れた曲にあわせた手拍子、そして 心温まる民謡が聞こえてきそうです。
     

  10. meiya より:

    今日はぁ。この前は名前間違って載せてしまって
    すみませんでしたぁ。
     
    津軽三味線・・・私自分では引けないけど、聴くのは大好きです!
    三線で音符があってないようなもの、全て耳で聞き分けなければいけないのでしょ?
    引いてる姿もかっこいいよね~~。益々、コスモスさんを尊敬しちゃいます。(^^)
    一度ね。友達からも誘われたことあるんですけど、続きそうにないので
    断っちゃったんだけど・・・。それに友達だとお互い教われ・教え難いかなとも思ってね。
    何しろNHKの民謡コンクールの全国大会で優勝した人だし
    向かう姿勢も半端じゃないから、やっぱ私には無理か!(^^ゞ

  11. meiya より:

    あれ?引く←弾くの間違いです~。
     
    もう~ほんとに慌てんぼうで すみません。
    今日も又あちこちで、すみませんを連発する日になりそうですぅ。^^;

  12. コスモス より:

    まるちゃん、おはようございます。
    みなさんと一緒に唄う時は、激しい津軽物は唄いません。
    いわゆる西物と呼ばれる民謡がほとんどで、三味線も細棹のほうを持っていきますので、チントンシャンの世界ですよ。

  13. コスモス より:

    meiyaさん、こんにちは~。
    確かに三味線は決まった音があってないようなもの、
    音を聞き分けながら弾いていくところが難しいといえば難しいし、おもしろいといえばおもしろいのかも知れませんね。
    先生が親しいお友達だと、教われ・教え難いところが出てくるでしょうね~。
    でも、教わるなら絶対に芸事は実力のある方がいいですよ。
    全国大会で優勝した程の実力のある方なら、私も弟子入りしたいです。
     
    慌てんぼうなら、私もひけをとりませんよ。
    「あ~ぁ」って思っても、「まあいっか」ってそのままにしてしまうことが結構あります。
     

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中