高松塚古墳

      何年ぶりでしょうか、飛鳥にある高松塚古墳をたずねてみました。
 
      周りをおおっていた竹やぶは切り取られ、石室を解体するための覆屋が作られて、
                古墳の入り口だけが見られるようになっていました。
          雨水や虫の侵入によって、カビの発生や壁画の変色、退色が出てきたということで、
                 保存するために、解体は仕方のないことなんでしょうが、
          千数百年昔の藤原京の生活を思い浮かべながらこの地をおとずれた私は、
 覆屋に囲まれた古墳の中から人の声が聞こえてきて、気持ちが一気に現実に引き戻されてしまいました。
 
       中を覗き込んでいると、遠足で来ていた小学生が4~5人走ってきて、
         「おばちゃん、高松塚古墳ってどこ?」
             「これが高松塚古墳よ」
         「な~んや~」
                        と言って走り去っていきました.。
                学校で教わった古墳と、あまりにも違う景色だったのでしょう。
 
                以前は竹やぶのなかに古墳がありました。 
     今では周りが広い公園として整備され、芝生の広場や、展望台、壁画館ができ 
     たくさんのツツジも植えられて、小学生の遠足にはもってこいの場所のようです。
                                                           (壁画館の資料より)
(壁画館の資料より)       
広告
カテゴリー: 明日香 パーマリンク

高松塚古墳 への11件のフィードバック

  1. のら より:

    こんばんは コスモスさん。
     
    ほんとに風景が変わってしまいましたね。小学生でなくてもがっかりします。
    古代へのロマンがどっかに消えてしまいそう・・・。
    でも文化遺産を残すのはたいへんなことなんでしょう、きっと。
    数百年、数千年後の人たちにもちゃんと見られるように、今の科学の粋を集めて行っている事業でしょうからやむをえないですね。
    それにしても、壁画に描かれた大陸文化の影響が濃い美人画はきれいです。
    これを描いた絵師やモデルになった人たちに思いを馳せますね。

  2. コスモス より:

    のらさん
     このままで保存できたら一番いいんですけどね、とうてい無理な話ですし、
    中では大変な作業が行われてるんでしょうね。
    壁画館では、古墳の中の様子がよくわかるように作ってあって、
    壁画の写真も大きく展示されてて、興味深かったです。
    それにしても、この時代の女性の顔はいいですね、ふくよかで、おおらかで。
    中学の時、歴史の授業中の先生の言葉を思い出しました。
    「美人じゃないからって悲観するな!うりざね顔が美人だった時代もあるんだぞ」って。

  3. konnko より:

     こんばんは。
    高松塚古墳は、コスモスさんのところから近いのですか。
    中を見ることは出来ないのですね。写真で見るしかないのですね。かなわぬことでしょうけれども、本物の古代の色彩を見て見たいという思いはあります。今だったらいろいろな色を自在に使えるのに、昔人達がどのようにしてこれらの顔料を取り出していたのでしょうか。とても大切だったのでしょうね。

  4. バーバ7 より:

    いい所に住んでいますねぇ~また言っちゃった(笑)
    日本史は好きでしたが(先生が好きだったから・・^m^)もう何も覚えていないわ。
    日本人なんだから、もう一度勉強し直した方がいいかな?
    この間、図書館に「日本史探訪」の本があって、高校の頃欲しかった事を
    思い出しました。あの頃の意欲よもう一度!無理?

  5. コスモス より:

    バーバ7さん、こんばんわ!
    今になって思います、もっともっと勉強しときゃよかった、って。
    好きな先生だから、その教科が好きになるってありましたよね~。
    懐かしいわー、あんな頃に帰ってみたい。

  6. コスモス より:

    konnkoさんこんばんわ!
    飛鳥にある高松塚古墳は、電車で行くと乗換えがあるから4,50分かかりますかねー。
    昔は近くに住んでいましたので、子供を連れてしょっちゅう遊びに行ってました。
    あれだけの壁画に囲まれて葬られてる人って、どんな人なんでしょう、
    そしてあの絵をかいた人は、その時の有名な絵師だったのでしょうか、
    いろんな想像が浮かんできます。

  7. より:

    コスモスさん おはようございます。
    古いブログ記事の編集に参考になればと思い作ってみました。
    10月3日より以前の写真の修復がまだのようですので・・・。
    出すぎたおせっかいならご容赦くださいね。
      「過去のブログ記事の編集」
     

  8. コスモス より:

    のらさん、こんばんわ!
    そうなんですよ、過去の記事の編集画面をどうして出すのか分からなくて、
    「ま、いいか!」ってあきらめてました。
    有難うございます、一つ一つ勉強させてもらえてうれしいです。
    これからも宜しくお願いしますね。

  9. のら より:

    こんばんは コスモスさん。
     
    お役に立ててうれしいです。
    「この木なんの木♪」がやっと見ることができました!
    奈良公園飛火野のあの大木ですね!
    クスノキだと思うのですが、これ好きなんです。
    思わずその歌が出てきそうな、そんな雰囲気ですよね。

  10. jazzy より:

    こんばんわ、初めてお訪ねいたしましす。jazzyです。
    のらさんのとこから来ました。
    コスモスさんの写真、とてもすてきですねー。
    また奈良のこといろいろと教えてください。
     
    *以前に私も和歌山県橋本市に住んでいましたので買い物は大阪より五条や御
       によく行ってました。
     

  11. コスモス より:

    jazzyさん
    はじめまして!よくお越しくださいました。
     ブログも写真も始めたばかりですので、思いつくまま行き当たりばったりです。
    知ってるようで知らなかった奈良を、ゆっくり歩いてみたいと思ってます。
     橋本にお住まいだったんですか、立ち寄ったことはありませんが、
    高野山にいく途中に通りますね~、車窓から見ました。
     
     

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中