間に合いました

今年は急に秋が深まったせいか、紅葉が早く始まり

赤や黄色に染まった葉っぱの色も、例年より鮮やかさが増してるように思います。

CIMG9702

もう終わりかも知れないと思いながら、奈良公園に出かけてみました。

良かった! 間に合ったようです。

CIMG9691「無料イラスト鹿」の画像検索結果

CIMG9711

CIMG9688

CIMG9713

たった一人(?)で日陰に座り込むおじさん鹿、

淋しそうに見えるけど、静かに一人で居るのも いいもんだよね、わかるよ。

CIMG9709

今年の奈良公園の紅葉は、これが見納めかな。

12月に入ると又忙しくなりそうなので、今日は年賀状を仕上げてしまいました。

三味線のお稽古は「蝦夷富士の唄」に挑戦していますが、

ゆったりした唄なのに、三味線伴奏がめちゃくちゃ早い曲で

指がつりそうになりながら、それでも 弾いてるうちに少しづつ慣れてきました。

唄付けはまだまだこれからですが。

広告
カテゴリー: 奈良公園 | 4件のコメント

円成寺(えんじょうじ)

そろそろ暖房がほしい時期になってきましたね。

いつもの散歩コースも、すっかり秋色に染まりました。

朝からきれいな青空が広がった日、少しだけ遠出してみようと

奈良市の端、忍辱山円成寺(にんにくせんえんじょうじ)まで足を延ばしました。

以前はリュックを背負って歩いたハイキングコースですが、

もちろん今は夫を横に乗せて、ちょっとしたドライブです。

CIMG9655

楼門と赤く紅葉したかえでと青い空が池に映って、とってもきれいでした。

CIMG9666

庭園の紅葉は今が一番見ごろでした。

CIMG9640

CIMG9638

 CIMG9671

CIMG9661

室町時代に再建されたという、重要文化財の楼門と多宝塔。

多宝塔には運慶作の国宝、大日如来坐像が祀られていています。

CIMG9657

円成寺のパンフレットによると、春日堂と白山堂は

日本で一番古い春日造社殿だそうで、これも国宝に指定されています。

CIMG9653

CIMG9659

今年の紅葉がりは、この一か所だけ、ま、行けただけで良しとします。

★~★~★

 スキャン_20171116今年も国立博物館で開かれている

正倉院展に行ってきました。

CIMG9674

いつも長蛇の列なのに、最終日、平日の朝一番に行ったせいか、

待ち時間もなくすんなりと入れたのですが、中はやはりすごい人、

今年の目玉でガラス製の器「緑瑠璃十二曲長盃」の前は特に人だかりが出来ていて、

時間はかかりましたが、しっかりと見てきました。

写真は、奈良県観光公式サイトよりお借りしました。

1300年も前に、こんなにきれいな色が出せたことと、

欠けることなく保存されてることに感動でした。

カテゴリー: 神社、仏閣, 奈良の名所 | 6件のコメント

若草山

10月は、各地で民謡発表会が開かれることが多く、

週末になると、ゲスト出演される先生の伴奏で出かけていました。

ずっと津軽小原節を唄われたので、伴奏も随分慣れてきて

ただただ がむしゃらに弾いてた頃に比べると、少しゆとりもでてきました。

「せっかく津軽の曲を習ってきたんだから」と

どんな唄でも唄えるのに、私のために津軽の曲を唄ってくださる先生に感謝です。

CIMG9569

会員の高齢化が進む中、堂々と歌う子供達は頼もしい限りです。

私も友情出演のコーナーで「喜代節」を唄わせていただきました。

CIMG9570

★~★~★

11月に入り、発表会も一段落したので、

透析に行く夫を病院に送り出した後、急いで家事を済ませ、

ずっと行きたいと思っていた一人歩きに出かけました。

奈良公園をぬけ、若草山遊歩道からうぐいすの滝に向かう予定だったのですが、

遊歩道の入り口に、「土砂崩れのため通行止め」の看板があり、

仕方なく若草山に向かいました。

先日の大雨で、かなりの被害が出たようで、

復旧のめどが立っていないそうです。

鹿がのんびり遊んでる奈良公園を通り、

奥に見えてる芝生の若草山に向かって歩きます。

CIMG9579

若草山一重目のこの傾斜、結構きついんですよ。

CIMG9609

10歩登っては休み、20歩登っては休み、

フウフウ言いながら登りましたが、上まで来ると一気に視界が開けました。

CIMG9583

そして、ここからは階段の連続

それにしても素晴らしい秋晴れで、流れる汗も苦になりません。

CIMG9585

CIMG9598

2重目まで来ると、奈良盆地が一望に見渡せて

眼下には東大寺大仏殿の大きな屋根が見え、奈良公園が広がっています。

CIMG9588

幼稚園の遠足でしょうか、お弁当を広げて

うれしそうな、かわいい声が響いていましたよ。

CIMG9595

342mの頂上まで来ました。

最近山登りから遠ざかっている私には、丁度いい登りでした。

日陰に座って、持ってきたおにぎりで昼食タイムです。

CIMG9596

少し冷えてきたので、上着をはおり下りることにしました。

芝生に寝っころがってるおじさん、気持ちよさそうですね。

CIMG9600

以前は、ススキがいっぱい生えていたのに、

今年はどうしたのでしょう、ほとんど見当たりません。

CIMG9593

CIMG9602

奈良公園まで降りてきました。

この広場は、昔は野球場だったところで、

息子がリトルリーグに入っていた頃、よくきた球場です。

試合の途中に鹿が入ってきて、中断したことが懐かしく思い出されます。

CIMG9612

遠足できていた小学生がたくさん遊んでいました。

CIMG9615

奈良公園の紅葉は、ナンキンハゼが赤くなったところで、

まだ、もう少し先のようです。

公園の中は、日本語が懐かしくなるほど、外国からのお客様でいっぱいです。

CIMG9617

CIMG9577

先生の伴奏が終わり、肩の荷が下りたこともあって、

久し振りに、心行くまで 気ままに のんびりと 歩くことが出来ました。

これからも、時々はこんな日を持ちたいな~、と思いました。

カテゴリー: 奈良公園, 津軽三味線と民謡 | 8件のコメント

久々のブログ

「最後の五月晴れ」から4ヶ月、一年の3分の1が過ぎてしまいました。

今年の夏は暑さが厳しくて、夫の体調ももう一つで、

散歩があまり出来ませんでしたが、

それでも気分のいい時は、日陰を選んで民族公園を歩きました。

CIMG9530

最近やっと体調を取り戻した夫が、

又季節の花を見ながらの散歩を楽しむようになってきて、ホッとしています。

CIMG9533

CIMG9547

★~★~★

そんな夫を気遣いながらの三味線で、ちょっとしんどい夏でしたが、

いつもの行事はこなすことが出来、感謝の日々でした。

毎年行われる「産経民謡大賞」で、大阪サンケイホールにも出かけ、

三味線伴奏で出させていただきました。

大きな舞台は緊張するけど、やりがい感は充分あります。

CIMG9497

★~★~★

そして、最初に教わった津軽三味線の先生から、

演奏会の知らせをいただき、出かけてきました。

太鼓と津軽三味線のコラボ、

激しい太鼓の音に負けない津軽三味線の音に感動しました。

 CIMG9495

相変わらず、お綺麗でおしとやかな先生の

どこから こんなに激しいリズムが出てくるのか、いつも不思議に思います。

懐かしい先生の津軽三味線の音が、しばらく耳から離れませんでした。

 CIMG9496

★~★~★

9月22,23日に行われた恒例の「淡海節」全国大会

毎年、「今年は止めよう」と思いながら、

「伴奏、お願いね」と先生に言われると何だか断れなくて、

今年もやっぱり行ってきました。

CIMG9550

舞台袖が、いつもの私の居場所

客席でゆっくり座って見たいとも思うけど、

出場者や、伴奏の先生方の舞台では見られない本音や姿が見られたり、

緊張感がもろに伝わってきて、おもしろい面もあります。

CIMG9555

10月は4回のステージが控えています。

先生の「津軽おはら節」もだいぶ慣れてきて大きな失敗をしなくなりましたが、

頭ではなく、手と指が忘れないよう、体になじますように毎日弾いています。

唄も三味線も、お稽古をさぼると滑らかさがなくなって、

どこか、ぎこちない演奏になってしまいます。

始めたら最後、止められません。

カテゴリー: 大和民族公園, 津軽三味線と民謡 | 8件のコメント

最後の五月晴れ

今年の春は五月晴れの日が多くて、さわやかな風も

萌える若葉も、お花もたっぷり堪能できました。

★~★

日曜日は、朝から青くて高い空にぽっかりと白い雲が浮かぶ

さわやかな五月晴れになりました。

孫が、練習試合で近くの高校に来るというので二人で出かけました。

CIMG9445_thumb1

陽ざしはきついけど、風がさわやかでとっても気持ちのいい日でした。

子供のお父さんたち、おそろいの応援Tシャツを着て、

熱心に見守っていますね。

実は私たちも、息子が用意してくれた同じTシャツを着て応援したんですよ。

今回はバックネット裏で見ることが出来ました。

孫が頑張ってる姿を見るのはうれしいものです。

CIMG9447_thumb4

★~★~★

九州が梅雨入りしたのをきっかけに、一気に関東まできましたね。

これからしばらくは、じめじめと うっとうしい日が続きます。

昨日は梅雨空だけど雨が降っていないので、いつもの民族公園に行きましたが、

こちらは雨、仕方なく傘をさしての散歩となりました。

奈良市は降ってないのに、大和郡山市は降ってること・よくあるんですよ。

          菖蒲園のCIMG9454_thumb15 菖蒲が咲きました。

CIMG9448_thumb

CIMG9450_thumb

CIMG9449_thumb3

雨もまた楽し。

菖蒲の花は雨が似合いますね。

カテゴリー: 大和民族公園, 孫のこと | 6件のコメント

リコール

    随分前から準備していた記事ですが、なかなか書き上げられず、
    季節がどんどん進んで、もうこれ以上待てないとアップしました。
      なので、写真の時期が少しずれてしまいました。

 

公園のすべての樹が柔らかい黄緑色に包まれて、
どの樹も若い力がみなぎっています。
そんな中を散歩していると、自分も若返ったような気になるから不思議ですね~。

CIMG9366

CIMG9407

CIMG9403

CIMG9412

CIMG9364

公園の中で一番遅く咲く八重桜、白に近い薄いピンクのかわいい花です。

CIMG9356

珍しい花が咲いてるのに気が付きました。
アメリカローバイというのだそうで、今頃満開です。(5月8日撮影)

CIMG9400

CIMG9399  CIMG9401

               ★~★~★

リコールとは、車や電気製品のことだと思っていましたが、
考えてみれば、ありとあらゆる製品に起こりうることなんですね。

夫は3年前に突発性拡張型心筋症と診断され、
心臓にペースメーカーを埋め込む手術をうけました。
半年に一回、ペースメーカー外来の診察を受けますが、ある時
メーカーの営業マンらしきスーツ姿の男性が二人、病院の技師の先生が二人、
そして循環器内科の主治医の先生とその上司らしい先生、
6人が診察室に居られました。
何事が起ったかと思うほど、仰々しい雰囲気でした。

心臓に埋め込まれたペースメーカーからデータを取り出して
パソコンを見ながら、「〇〇 が 〇〇 になってるから 〇〇 だね」
聞いても、私たちには全く理解できない言葉が飛び交います。

ひとしきり話が終わると、先生と営業マンらしき人から説明がありました。
心臓に異常が起きた時に、除細動治療の高圧ショックが出力されるための
特定の時期に製造された電池が、予想より早く消耗することがわかったのだそうです。
夫の心臓に埋め込まれてる電池は、まさにその期間に製造されたものでした。

電気製品であれば交換してもらえば済むことですが、
体の中に入ってるものは、そうもいかず、電池が消耗するのを待つしかないですね。
確率は低いそうなので、めったなことはないと思いますが、
これだけは分かりません。
診察を終え、「トランスミッタ」という送信機をもらって帰りました。
一日一回、夜寝てる時に ペースメーカーの情報が病院のサーバーへ
送信されるのだそうです。
世の中というか、医療の世界はすごいことになってますね~。

               ★~★~★

最後はきれいに花の写真で。

民族公園の遊歩道から少し外れた所に、何やら白い花が咲いてるので
近づいてみると、何と大山蓮華の花でした。
三年間通い続けているのに全く気が付きませんでした。

以前、登山をしていた頃、大山蓮華に会えるのを楽しみに
大峰山系の山に登ったのを思い出しました。
こんな身近なところに植えてあったんですね~。

CIMG9444

純白の大きな蕾は、まるで何かの卵のようです。

CIMG9443  CIMG9442

カテゴリー: 大和民族公園 | 10件のコメント

大和民族公園(4月19日)

桜が終わった大和民族公園は、芝生が緑にかわり、
中からタンポポがいっぱい顔を出してきました。
以前はちらほらと咲いてるだけだったのに、
この公園に来るようになった3年の間に、一気にふえたようです。

CIMG9305

たんぽぽ、踏まないでね~~!
歩いてる夫に、思わず声をかけてしまいました。

CIMG9310

枝垂れ桜は散り始めました。

CIMG9312

CIMG9313

CIMG9323

今は八重桜が満開になり、ソメイヨシノとはまた違った美しさがあります。

CIMG9328

CIMG9330

CIMG9334

CIMG9336

CIMG9339

CIMG9338

職員の方が常に園内をまわって、下草を刈ったり、枯葉を集めたりと
整備されてるので、公園の中はいつもごみ一つ落ちてなくて、
四季折々の花を楽しみながら、気持ちよく歩くことが出来ます。

CIMG9340

春一番に花が咲いた梅林では、柔らかい葉っぱと一緒に
小さな梅の実がいっぱいついています。

CIMG9349

広場のこの二本の樹も、芽吹いて黄緑色の柔らかい葉に包まれてきました。

CIMG9351

今日も元気で一時間の散歩ができました。

カテゴリー: 大和民族公園 | 9件のコメント